バーグハンバーグバーグ公式PVがついに完成!

セブ山:こんにちは。今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組は株式会社バーグハンバーグバーグのことを、もっとよく知ってもらうための番組になります。司会は私、セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手は、代表のシモダさんです。

シモダ:よろしくお願いします。

セブ山:そして社員ゲストは永田さんです!

永田:よろしくお願いします。

セブ山:……そ、そんな永田さんをお招きしてお送りする今回のテーマ、さっそく行きたいと思います。今回お伺いする案件は「ついに公開! バーグハンバーグバーグ公式プロモーションビデオ」です。

(ナレーション)ついに公開されたバーグハンバーグバーグの公式プロモーションビデオ!

(ナレーション)会社のありのままの姿をうつしたプロモーションビデオは、果たして公開後、どのような反響があったのでしょうか?

セブ山:はい、というわけでお話を聞いていきたいんですけど……(笑)。まず、まず聞きたいことがあるんですよ!

シモダ:行きましょう。

セブ山:プロモーションビデオを皆さん、見て頂いたと。まだの方はぜひ見ていただきたいんですけど。

【バーグハンバーグバーグ公式PV、ぜひご覧ください】

公式PVはどこまで事実に基づいているのか?

セブ山:見ていただいた皆さんが思ってるであろう疑問が、あれは実際のオフィス? あんなにオシャレなところで? 本物なんですか?

セブ山:いつもあんなオシャレなバーで打ち上げやってるんですか?

シモダ:なるほど。

永田:そうです、本当です。

セブ山:(笑)。この人に言われると説得力がありますよね……。

シモダ:あるね。なんの嘘偽りもないプロモーションビデオやったんやという。

セブ山:あれはホントなんですね。全部、本当?

永田:ホントっす。

セブ山:(笑)。じゃあ、今日話すこと無くなっちゃうんですけど。

シモダ・永田:……。

セブ山:いや、ここが本当のオフィスですから!

セブ山:あれはプロモーション用の……。

永田:全部スタジオですね。

シモダ:まあ、多少見栄を張ってしまったところありましたね。我々も。

セブ山:唯一、これ(永田の裸)は本当なんだよって言いたいんですよね?

シモダ:ただ、文明はありますからね。この辺に、メガネとかに。

シモダ:後こっちにも文明ありますから。

永田:鍋は使えてるの。

セブ山:(笑)。

永田:実はここ、空気穴が開いてる。ここだけはちょっと気をつけてもらわないと。

シモダ:確かにね。

セブ山:どんな自分のがデカイと……。

シモダ:見えちゃう可能性があるから。

永田:やっぱり、ここに東京創庫のマークをつけてHIKAKINの映像をここに流しておいてほしいんですけど。

想いはきっとつながる

セブ山:(笑)。そういうの見ると、結局あれはを伝えたかったんですか? 何のプロモーションビデオなんですか? あれは。

永田:やっぱり、「想いはきっとつながる」。

セブ山:最後、出てきますけど。それだけ聞くとカッコいいですけど。

シモダ:自分たちの意志を継いでくってのがね。僕らまだオリジナルメンバーのままなんです。

セブ山:はいはい。

シモダ:いつか永田が逮捕されて……ありえない話じゃないじゃないですか。

シモダ:我々の中で誰が逮捕されるか? って常にある。裸のやつっていまのところ永田が1人ですけど。

シモダ:……1人ですけど。誰がいつ逮捕されるか? 我々、そんな危険な仕事もいろいろあるから、意思を継いでくやつがいるってのを伝えたかった。

セブ山:(笑)。そこだけ聞くと非常にいいメッセージ。

永田:絶対に途絶えないバーグハンバーグバーグ。

セブ山:なるほどね。そういうメッセージがあったと。永田さんも、他にこれは聞いてもらいたい、これは知ってもらいたい、メッセージがあったんですか?

永田:「チン毛までなら、BANされない」。

セブ山:YouTubeアカウントがね。

永田:身をもって伝えましたよ、わたしが。

セブ山:チン毛のプロモーションビデオに使ったりとか……。

永田:いや、そういうことじゃないです。

シモダ:アイスバケツチャレンジみたいな感じで、次、堀江貴文さんにやってもらいたいんですよ。

セブ山:指名制なんですか? あのPV。

シモダ:やってもらいたい。

シモダ氏のダンスシーンに賛否両論

セブ山:そんなPVですけど、実際公開して、どんな反響があったんかな? ちょっと気になるんですけど、これ、どうでした?

永田:反応はめちゃめちゃよかった。

シモダ:もっと怒られるか、不快なもの見せるな! とか、下品だとか言われるかと思ったけど、意外と好意的。

セブ山:へえ~。あんまりネガティブな意見もなく……。

シモダ:うん。

永田:怒るのがバカらしくなっちゃったんじゃないですかね。

セブ山:なるほどね。

シモダ:怒られなかった理由のひとつに、クオリティの高さがあった。

永田:そうそう。

シモダ:ただ、大学生のふざけてるじゃなくて、カット割りから何から、打ち合わせもずいぶんしましたし、そこまでのクオリティで出すと許してもらえる……。

セブ山:ほんとしっかり作りこまれていたからこそ、笑いも増幅した。

シモダ:そうですね。

セブ山:シモダさん、ダンスシーンとかありましたけど、これは周りからの反響はどうでした?

シモダ:いやあ~……やっぱ、あそこを突っ込んでくるのは知り合いだけでしたけど、僕としてはそこを見られるのが一番嫌やったんで。ダンスって僕は、永田がこうやって裸でいこうと決めた時に……

セブ山:(笑)。はいはい。

シモダ:東京倉庫さんの仕事が増えた気がしたけど。気のせいやと思う。

セブ山:なんでもないです。ダンスシーン……。

シモダ:ダンスシーンをするのすごく僕は嫌やったんですよ。僕は嫌やったんすけど、これは永田くんが……。

(永田氏、原宿氏の股間の葉っぱを取る)

シモダ:……永田くんが頑張ってるし、俺がやらへん訳にはいかない。ヘタなりに踊らさせてもらいましたけれども。

永田:ずるいのが、元々シモダさんが独りで踊るはずだったのに、1週間ぐらい前に永田くんも踊ったほうがいいと言われて。

セブ山:そうなんですか? 急遽追加されたシーンなんですか?

永田:裸という人と、ちょっとカッコいいって役割があったんですよ。ダンスに関してはただ、カッコ良さを増幅するための装置だったんですけど、それが……。

セブ山:(笑)。

シモダ:……。

永田:すごく恥ずかしかった?

シモダ:すっごく恥ずかしかった。

永田:やり過ぎて、永田くんも踊ったほうがよいとなって……。

公式PVをリリースした効果は?

セブ山:そんな苦労をして作ったPVですけれども、公開後は実際仕事は増えたんですか?

シモダ:……。

セブ山:……。

永田:う~ん、まあ……。

シモダ:音漏れしてない? SPEEDの『ALIVE』が聴こえてくるんやけど。

セブ山:(笑)。なるほどね。仕事あんまりですか?

永田:仕事は増えてないですね。評価はされてますが。

シモダ:確かに。

セブ山:なんのためのプロモーションビデオだったんですか? 会社のことを伝えるプロモーションビデオだと思うんですけど。

シモダ:とにかく理屈が先にあってもしょうがないじゃないですか。だからもう……。

(原宿氏、永田氏の太ももにコロコロをかけはじめる)

シモダ:目的、目標を持って作ろうってのはダメだと思う。やりたいからやる。

(原宿氏、自分の大事なところにコロコロをかけている)

セブ山:(笑)。……すいません。

永田:(笑)。何の意味もないじゃん。

シモダ:永田が笑ってるのもおかしい。さっきから同じ姿の奴が!

セブ山:集中しましょうか。今は収録中ですから。

永田:収録に集中しましょう。

セブ山:それで言うと、あの~……。

(原宿氏、股間にファブリーズする)

セブ山:現場には女性も多くいたんですけど、永田さんがずーっと裸って。

シモダ:ほぼ裸のシーンですもんね、永田くんに関しては。

永田:ほんとそうですよね。

セブ山:気を使って大変だったんじゃないですか? 女性の方にとか。

永田:そこは、そんなに気にならなかった。

セブ山:いや、気にしたほうがいいですよ、それは! 現場全体が麻痺してたんでしょ?

シモダ:最終的に女性の方々と談笑してたんですよ。女性スタッフの方々と。

永田:ちんちん丸出しで。

セブ山:雑談を?

永田:別に何か? 勃起したら怒られるだろうってのはありましたけど……。

セブ山:(笑)。

永田:万が一、別にエッチなことは考えてないけど、たまにあるじゃないですか? そういうのは起こさないように気をつけてました。

セブ山:理由なく大きくなっちゃう時ってありますからね。

永田:それはマズいだろうなって。

バーグTVを支える「東京倉庫」の技術力

セブ山:そういう苦労もあったんですね。前回、公開前にもお話を聞いたわけですけど、撮り終えたところでこれから編集に入る段階で泣く泣くカットしたシーンとかあるんじゃないかなと思うんですけど。

(永田氏、手が滑って鍋の蓋を落としてしまう)

シモダ:……東京倉庫の仕事を増やすのやめない?

セブ山:(笑)。

シモダ:今回のようなプロモーションビデオは初めてで、かなり計画的に東京倉庫さんにも入ってもらってできたから、プロの仕事を見させてもらった感がありましたよね。

永田:本当に映像がカッコ良かったからすごいなあ~。スローになったり急に早くなったり……。

シモダ:モザイクをあてるスピードがこう……。

(永田氏を立たせて腰を振らせる)

シモダ:これも処理しきってますからね。

セブ山:え? 本当に? かなり高速に揺れてますけど、いま画面上、2箇所に正常に当ててますから。

シモダ:細かいフレーム全部あててますから。すごい仕事です。

セブ山:え~!   シモダ:後ろでゆら~ゆら~と、二重で動きが。

セブ山:静と動ですね。

シモダ:これを撮れるのは東京倉庫さんだけですよ。

永田:技術力がスゴイ。

セブ山:なるほどね。

シモダ:ほんとに。

セブ山氏が急きょゲームに挑戦!

セブ山:東京倉庫さんの技術力と、バーグハンバーグバーグがタッグを組んだPVをお送りしたわけですが。

シモダ:モザイクをあてたいなら東京倉庫に仕事を。

セブ山:これ、第2弾はあるんですかね? 気になるところではあるんですがどうなんでしょうか?

永田:第2弾ねえ~

シモダ:第2弾かあ~。

永田:無いんじゃないですか。誰も得してない。

セブ山:いやいや、ないんですか? これ。

永田:東京倉庫さんも得してないですからね、決して。

セブ山:そうなんですね。

シモダ:セブちゃん。ちょっと目をつむって。

セブ山:なんで? 収録中ですよ。

シモダ:収録中だけど、ちょっと目をつぶって口開けて。

永田:(笑)。

シモダ:目を瞑って口開けてくれ。頼む。

セブ山:ちょっと待って。待て待て待て!!!! 

永田:どっちか当てるだけ。

シモダ:AかBか、当てるだけ。

セブ山:いや、違う違う。1回反省したやんか!

シモダ:N(永田)かH(原宿)か当てるゲーム。

セブ山:ちょっと待ってよぉ~。何が、何が?

シモダ:NかHか当てるゲーム。

セブ山:何の話をしてるのか? ぜんぜんわかんないですけど……。

永田:(笑)。

シモダ:目だけ瞑って。

セブ山:何の話をしてるか全然わかんないですけど、目をつむればいいんですか?

(シモダ、セブ山のメガネをはずす)

シモダ:メガネは邪魔だから。ちょっと回転してもらっていい? 立って、ぐるぐる回って。はいはい、もうどっちかわからんなった。はい、座って口開けて。口開けてみ。舌出して。

(スタッフの漏れ笑い)

セブ山:!!!!!

永田:どっち?

セブ山:……と言うわけで今日はPVについてお話聞きました……どうもありがとうございました……。