【書き起こし】羽生結弦「もうちょっと休みたいなという気持ちはある」
帰国報告会で松岡修造に明かす

フィギュアスケート

2018年2月27日、平昌オリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦選手が、帰国報告会に登場しました。金メダル獲得の喜びや、大会中の詳細なエピソードを松岡修造氏に語りました。

ひたすら集中できていた

司会者:ご紹介いたします。羽生結弦選手です!

松岡修造氏(以下、松岡):いや~もう聞きたいこともいっぱいあって、何聞きゃいいかわからない状況なんですけど(笑)。なかなか平昌ではわからなかったかもしれませんけど、帰国後、またこの状態、今どんな思いですか?

羽生結弦氏(以下、羽生):そうですね、フラッシュもすごいですし、なによりこうやって外でインタビューされるということもなかなかないですし、すごく嬉しいですね。リンクとは違ってみなさんの顔も見えるしすごく嬉しいです。

松岡:「絶対勝ちたい」と言ってましたけれども、どんなことがあっても今回は勝たなきゃいけないというプレッシャーがあったと思うんです。そのオリンピックというのは、あの時間帯というのは苦しかったものなのか。どうですか、実際?

羽生:苦しかったというよりも本当に自分のやってきたことを信じて、そしてやってることを信じてっていう感じでした。苦しさとか不安とかワクワクとかそういうのはなしに、ひたすら集中できてたかなというふうには思います。

松岡:お客さん、日本から平昌まで行った人がたくさんここにいるんですよ。

羽生:ありがとうございます。

ちょっと休んだほうがいいんじゃないか

松岡:演技をする前、あの日本の旗が上がった瞬間というのはどういう気持ちになれました?

羽生:もちろん現地の方々も世界中の方々もいっぱいいたんですけれども、すごく力になりますね。日本代表としてここまでがんばってきてよかったなと。そしてここからがんばるんだという気持ちにすごくなりました。

松岡:僕、余計なこと言いますよ。ちょっと羽生さん休んだほうがいいんじゃないかなって思うくらい。正直無理して出たのはよーくわかるんですよ。でもその出た結果というのは今どう感じてます? 無理したっていう自分に対して。

羽生:靭帯だけだったらすぐ治ったなというふうに思うんですけれども、本当にいろんなところを痛めすぎてどこだかわかんないので(笑)。もうちょっと休みたいなという気持ちはあります。

ただ休むと言っても治療ってそんな簡単なものじゃないですし、リハビリもすごく大変になると思うので。またそれも苦しみながらがんばります。

修造、自分に「おめでとう」と言ってほしい

松岡:なんか余計なこと言っていろいろ問題になるのは怖いんだけど、オリンピックじゃなきゃたぶん出てなかったような気がするくらいの状態だったと思うんです。オリンピックというのは羽生さんにとってどれだけ大事なのかなと思って。

羽生:スケート人生だけじゃなくて、しかも今までだけじゃなくてこれからの人生もすべて懸けた結果がこの金メダルだと思っているので。

こうやってみなさんに自分が懸けた分、喜んでくださっているのはすごく嬉しいですし。その喜びがまた自分の喜びにもなっているので……すごい噛んだ(笑)。本当に「ありがとう」という言葉が1番伝えたい言葉ですかね。

松岡:今まで周りに対して「ありがとう。幸せです」と言ってますけど、羽生さん自身に褒めて「おめでとう」と言ってほしいんですよ。「結弦、これだけよくがんばった」とか。いろいろあったと思うんですが、かけるとすれば、どういう言葉でしょうか?

羽生:たぶんこれから先の自分が言うことだと思いますし、今はまだそういうのはぜんぜん思ってないので。たぶん将来、自分がいろんな仕事に就いたときに、この2連覇という肩書きはすごく大きなものになるし、説得力にもなると思うので、これを誇りに生きていきたいなと思います。

オリンピックは人生そのもの

松岡:最後に、このオリンピックは羽生さんにとって特別なことだとよくわかりました。オリンピックというものは羽入さんにとってどんなものなんでしょうかね?

羽生:う~ん。人生そのものでした。僕はすべてを懸けました。

松岡:それくらい懸けられる場所?

羽生:そうですね。足がどうであれ、気持ちがどうであれ、心臓がどうであれ、やっぱりすべてを懸けないと勝ち切れないというのはわかってたし。それを勝ち取ったこともまた自分の人生だと思うし。人生のすべてがそこに懸かったなというふうに思います。

松岡:(お客さんたちは)朝10時くらいからずっと並んでいる、昨日の夜からも並んでいる。

羽生:(観客に向かって)ありがとうございます。ありがとうございます。

金メダルありがとう

松岡:最後にこのお客さんも含めて日本中に思いを共有させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

羽生:金メダルありがとうございました。またこれからもフィギュアスケートのみならず、いろんなスポーツでいろんな方が気持ちを込めて競技をすると思います。ぜひ応援してください。ありがとうございます。

松岡:ありがとうございました。

司会者:ソチ、平昌と2連覇! 2つの金メダルを獲得いたしました羽生結弦選手でした。

Occurred on , Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?