【書き起こし】カーリング女子チーム「本当に訛ってるって思ってなかった」
松岡修造に語ったメダル獲得後の心境

カーリング女子

2018年2月27日、平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子チームが、帰国報告会に登場しました。メダル獲得の喜びや、大会中の詳細なエピソードを松岡修造氏に語りました。

本当にたくさんの方に支えられてきた

司会者:こちらも日本を熱く熱く盛り上げてくださったみなさんです! カーリング選手団のみなさん、どうぞ! 大きな拍手でお迎えください!

松岡修造氏(以下、松岡):そだね、そだね、そだねー!

司会者:カーリング女子、男子のみなさんにお越しいただいております。さあ、お揃いいただけたようでございます。

女子団体で見事、銅メダル獲得! 藤沢五月選手、吉田夕梨花選手、鈴木夕湖選手、吉田知那美選手、本橋麻里選手、全員揃って真ん中へお越しください。

松岡:まずは本当にね、とんでもない力をもらった! おめでとう!

藤沢五月氏(以下、藤沢):ありがとうございます!

松岡:藤沢さんどう? 実際、日本に来るまでこれだけ歓迎されてるとなかなかわからなかったと思うんですけど、どうでした? 思いは?

藤沢:こうやって帰ってみると本当にたくさんの方に支えられてきたんだなぁというのをすごく感じます。

松岡:感じる? でもね、すごいプレッシャーだったでしょ? 俺絶対できないもん、あんなこと。最後。どうやってあのプレッシャーを乗り越えました?

藤沢:自分たちが今までやってきたことを全力で試合に出すだけだなというふうに思っていたので。本当に自分たちを信じてやってただけでした。

みんなすごくたくましかった

松岡:その信じてたというのは、本橋さん1番信じてたでしょ? 悪いけど選手なんだからね。コーチじゃないよ。

(会場笑)

その中で見守っててどうでした? 実際?

本橋麻里氏(以下、本橋):みんなすごくたくましかったですし、たくさん笑顔が出ていたのでチーム、ロコ・ソラーレらしい試合ができたかなぁと思います。

松岡:苦しいときもありましたけど、どこらへんが1番、「私たちってやっぱりすごいな」「ここが武器だな」って思ったところはどこでしょう?

本橋:やはりセミファイナルで韓国に負けてしまったあとに、また戻ってこれたというか。気持ち的に整理をつけて、自分たちを鼓舞して3位4位決定戦でしっかりこのメダルをゲットできたというところが1番の収穫かなとは思います。

松岡:だってあのとき気持ちの整理が……4年間苦しまなきゃいけない可能性もあったわけですよ。

本橋:はい。

松岡:ちょうど本橋さんと出会ったとき、あれは本橋さんも悔しくて泣いてたんですか?

本橋:そうですね(笑)。よく泣くんですけど、たぶん悔しかったんだと思います。

松岡:悔しかった。でもよく立ち直って。

人生で1番最高の瞬間だった

松岡:よく泣く方といったら、泣いたね? 

吉田知那美氏(以下、吉田知):はい。

松岡:もういろんな涙がありましたけど、どの涙が1番好きでした? 今回?

吉田知:やっぱり最後にみんなで流した嬉し涙が人生で1番最高の瞬間だったなと思います。

松岡:人生で最高。すごい笑顔ですね。その笑顔というのは自分だけじゃないじゃないですか。常呂町も含めてみんなの思いが重なってた。自分の思いに重なってるというのはどういう気持ちになるんですか?

吉田知:私たちが3位決定戦で勝ったあとに私たち以上に泣いて喜んでくださってた観客のみなさんだったり、男子のカーボーイズのみんなも声を張ってずっと応援してくれていたので。私たちの夢が誰かの夢になるって本当に幸せだなと思います。

松岡:試合やってて、僕思ったのが、カーリングって負けても次があるから切り替えと、負けるってことを力に変えたのが今回よかったなと思ってたんです。どうでしょう?

鈴木夕湖氏(以下、鈴木):予選の最後のほうはとくに2連敗してしまって、チーム的にも少し雰囲気が落ちてしまったんですけれども。みんなチームのこと、自分のことを信じて。準決で負けてしまったんですけれども、私たちらしい試合が取り戻せたのがすごくよかったなと思いました。

松岡:そこらへんはどうやって戻しました? 大変だったと思いますよ。

吉田夕梨花氏(以下、吉田夕):自分たちがオリンピックでやりたいことは何だろうって1人ひとりが考えて、次の試合は本当に悔いのないようにっていうことを考えながらやりました。

訛ってるって思ってなかった

松岡:昨日の10時から来てる人もいるわけですよ。ずっと待ってて。聞きたいのは、「そだねー」っていうの。あれ、どうしたね~? どうしてそういうこと言ったね~?

藤沢:そうだねぇ! ちょっと違います?(笑)。

松岡:みんな「そだねー」って言ってたけど「そうじゃない」って思ってたところもあるでしょ?

吉田知:そだねー(笑)。

松岡:そうなんだ。そうじゃないこともあったんだ。でもふつうは休憩時間とかマイクなんか付けない。特別な競技だと思いますよ。それがカーリングの魅力の1つとして捉えられている。藤沢さん、どうでした? そこらへんは?

藤沢:マイクを付けてることによって、みなさんにカーリングの選手たちがどんなことを話していて、こういうショットを決めるためにどういうコミュニケーションを取っているのかというのを、すべてさらけだして見ていただけのが本当によかったのかなというふうにも思います。

松岡:へんな話じゃないですけど、「そだねー」はまず流行語大賞になるでしょ。これは。どんな気持ちでいます? 「そだねー」が。まずこんなことになると思ってない「そだねー」だから。

藤沢:本当に私たち訛ってるって思ってなかったのでちょっと衝撃でした(笑)。

松岡:ショック?

1人ずつ「そだねー」

松岡:ちょっと時間がないところ申し訳ない。1人ずつ「そだねー」言っていってもらっていいですか? はい、お願いいたします。

本橋:そだねー。

吉田知:そだねー。

鈴木:そだねー。

吉田夕:そだねー。

藤沢:そだねー。

松岡:そだねー!

司会者:ありがとうございます。

松岡:いや~素晴らしいチーム。本当にオリンピックメダルおめでとう! そだねー!

司会者:カーリング女子チームのみなさん、ありがとうございます。どうぞ、後ろのほうにお戻りください。

藤沢:ありがとうございました!

司会者:ありがとうございます。

Occurred on , Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?