橋本聖子氏が急きょ出演

山本一太氏(以下、山本):冒頭、実はTwitterでも告知をしましたが、橋本聖子参議院自民党議員会長に急きょ出演をしていただくことになりました。聖子さん、ありがとうございます。

橋本聖子氏(以下、橋本):どうも、よろしくお願いします。

山本:みなさん、橋本聖子、同期なんですけれども、けっこう偉いんですよ。参議院自民党の議員会長って自民党の党7役の1人でね、毎週総理ももちろん出てくる、幹事長も出てくる、執行部の会議にも必ず出るということで。

しかもすごい今忙しいんですよね。平昌オリンピック行ったり来たりして。その橋本聖子に、昨日の夜だったかな、午後だったかな、橋本聖子会長に昨日電話して、「聖子さん、明日、番組来られませんか?」とか言ってね。すいません、本当に。

橋本:いいえ。

山本:来れなかったらインタビュー撮ろうと思ったんですけれども、橋本会長も、会長になる前からもうぜんぜん変わらないこの気さくな聖子さんが、まぁ、だいたい同期ですから。

橋本:同期ですからね。はい。

山本:なんか20年やったら4人しか残らなかったというね。

橋本:ねえ。

山本:「絶滅危惧種の会」作ってるから。ということで、今日来てくれたということで、みなさん、この橋本聖子さんの気さくなすてきな人柄をわかっていただけると思います。

ということで、聖子さん、平昌オリンピック真っ只中で。

平昌オリンピックにびっくり

橋本:ええ。先週金曜日から行ってきまして。総理も来ていただいて、開会式見ていただきまして。すごい大人気でびっくり。びっくりと言ったら悪いけど。

山本:その話から聞きたいんだけど、まず総理が開会式に出て、選手団を激励に行ったんですか?

橋本:そうです。開会式の前に時間があって、それで2箇所、平昌と江陵というところで。雪の競技と氷の競技に分かれてる。

山本:えらい風の強いところで?

橋本:そうそう。選手村に行ってきて。私も同行させてもらったんですけど。ボランティアの子たちというのは、だいたいがみなさん若いんですね。学生さんとか。もう行くところ行くところ、もうみんなカメラですよ。こうやって。もう総理と写真撮ってもらいたくて、もうなんかすごい殺到しちゃって。

山本:いや、これけっこう初めての情報だからね。つまり総理は、韓国の若者に今けっこう人気あるってことでしょ?

橋本:すごい人気でした。

韓国の若者はけっこう総理が好き

山本:だいたい私の友人たちに聞くとね、「非常に総理は右で、日本は軍事大国化しようとしている」みたいなことを言うのに、実は韓国のメディアの報道と違って、韓国の若者はけっこう総理が好き。なぜだろうか?

橋本:そう。ねえ。若者にはね、たぶんというか、リオのときのオリンピック……。

山本:あっ、スーパーマリオか!

橋本:そうそう。それがやっぱりすごいらしいんですけど。でも、実はボランティアって、若い方たちだけじゃなくて、けっこう年齢いってる方もいるんですよ。

山本:総理と写真撮りたいと言って?

橋本:その方たちがすごいの。

山本:肩組んで撮るみたいな?

橋本:そう。もうびっくりでした。

山本:ああ、本当。総理も「どうぞ」なんて。

橋本:(笑)。

山本:すいません、ぜんぜん似てなかったけど(笑)。

橋本:アイスホッケー女子も見てもらったんですよ。

山本:ああ、そうらしいね。

橋本:そう。ハーフタイムのときに会場をぐるっと。

山本:回って?

橋本:リクエストに応えて回ってたら、もう大人気でなかなか進まなかった。

山本:えっ、そのアイスホッケーの会場も。

橋本:その中。

山本:総理もすごく人気で、じゃあ韓国の人たちが「写真撮って」って来るわけですか。

橋本:そう。一般の観客が。

山本:いや、それはちょっと驚いたね。

橋本:ねえ。すごい。

山本:ぜんぜん報道されていることと違うってことですよね。

橋本:うん、違いますね。はい。

日韓を往復する橋本聖子氏

山本:なるほど。非常におもしろい話だったんですけど。そこで今日も、これからもうすでに注目のスケート競技が始まっているということで。

橋本:はい。始まってまして。

山本:今ちょっとそこにね、橋本聖子会長に見てもらってるんですよね。

橋本:はい。

山本:聖子さんね、この間の(リオ)オリンピックのときは団長。日本団の団長で。

橋本:団長で。ええ。

山本:今回はしかし、JOCの幹部、理事として。

橋本:副会長として。

山本:副会長として見に行かれて。また行かれるということなんですけれども。

橋本:はい。週末ごとに。

山本:週末ごとに行くということで。今日これから、いよいよ女子スピードスケート1,000メートル。

橋本:女子1,000メートル。今ちょうど7時から始まっていて、日本の選手3人出るんですけど、郷亜里砂と高木美帆選手と、そして小平奈緒選手といって。みんな世界ランキングが上のほうなので後半組だから、最後のほうなんですよ。

山本:まだ大丈夫なのね、じゃあね。

橋本:もうちょっとまだ。

プレッシャーを緩和するトレーニング

山本:もう始まってるけど、だいたいじゃあ小平さんたちは50分とか。

橋本:20時前後。

山本:20時前後にいくんですね。

橋本:郷亜里砂選手が19時50分ぐらい。

山本:なるほど。そういう意味じゃ終わらせなきゃいけないですね。聖子さんはそれを見ななきゃいけないと思うので。

山本:それでどうでしょうか? この2人はね、ものすごくメダルの期待もかかって、すごいプレッシャーのなかにいると思うんだけどね。高木選手、残念だったけど見事だったですよね。銀メダル。あの状況のなかでね。でも、金メダルとる実力十分あったでしょ?

橋本:十分ありました。

山本:ワールドカップ4連覇かなにかでしょ?

橋本:そうですね。

山本:それやっぱりプレッシャーかな?

橋本:ぜんぜんもうね、今はプレッシャーはかからないような訓練してるので。

山本:本当。どういう訓練?

橋本:あのね、もういろいろあらゆる部分の脳を改革して。

山本:それ、俺、知りたいわ。