峰岸社長が語る「リクルートの経営」

峰岸真澄氏(以下、峰岸):みなさん、どうもこんにちは。リクルートの峰岸でございます。(IVSの)田中(章雄)さんと小野(裕史)さんに依頼をされて、「なんか話してください」って言われて(笑)。なかなかスケジュールが合わなかったのですけども、今回、無事にこちらに来ることができて、大変光栄に思っております。ありがとうございました。

大変すばらしいセッションで、5年ぶりにIVSに来たのですけども、本当に内容もすばらしかったですし、先ほどのLaunchPadがクオリティが上がったなと。5年前とぜんぜん違うなと感じました。ありがとうございます。

今日は「リクルートの経営」です。何を話そうかなということなんですけど、リクルートのお話をさせていただければと思います。私の自己紹介なんですけど、リクルートのなかでいろんな事業やっています。

新規事業、ゼロからつくった事業か、それなりの新しい事業の立ち上げばかりを大変やっておりました。直近2012年にCEOになる前は、ファンドの投資をやったり、出資やM&Aをやったりしておりました。

もともとは起業したかった

もともと起業したくて、こういう場に出たかったのですけども、まずは学ぼうと思ってリクルートに入って、いろんな新規事業の機会があったので、それをどんどんやっているうちに今にいたってしまった、という感じでございます。

インフィニティ・ベンチャーズさんとは、この2010年前ぐらい、今では懐かしいフラッシュマーケティングがありまして。グルーポンさんが日本に入ってくるということで、急きょリクルートでもポンパレというサービスを立ち上げまして、現場のほうでは本当に、日々「勝った」「負けた」とかやっている時でした。

それでインフィニティ・ベンチャーズさんが、グルーポンさんも(投資を)やっていたこともありまして。そんななか、「ファンド、出資してもらえませんか?」みたいな話がありました(笑)。

そんなこともあったのですけども、今となっては、インフィニティ・ベンチャーズさんのファンドも投資していますし、中国では一緒に投資事業を共同でやらさせていただいています。そんな感じの5年で、本日にいたっております。

巨大組織リクルートのプロダクト

(IVSの今回のテーマである)「Next Big Things」という話で言えば、リクルートはこんな感じで、大変古くてレガシーな事業体、大きな組織になっています。直近の時価総額も(スライドを指して)こんな感じになっているんですけども。

昨日今日とここに来ていて、リクルートグループでもずいぶんピッチコンテストみたいなものをやっていまして、雰囲気的にはすごい似ていることもありまして、クオリティで負けないようにしなきゃな、みたいなことも思っている次第です。

昭和の企業で、「上場企業は時代遅れ」とか、ホリエモンさんも(前日のセッションで)言っていましたけども(笑)。時代遅れと言われないように、日々がんばっていきたいなと思っております。

3つの事業セグメント

「リクルートの名前は知っているんですけど、どんなビジネスやってんだろう?」とか、「海外でどのぐらいやってんだろう?」とか、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんけど、(スライドを指して)今こんな感じで、ずいぶん海外展開も広げてまいりました。

今、3つのセグメントに分けておりまして。HRのテクノロジーの分野、「Indeed」という会社を主体に、いろんな自前開発やM&Aなどをやって拡大しています。

もう1つがメディア&ソリューションといいまして、みなさんご存知のリクルートのプロダクト、メディアのプロダクトをすべて束ねているセグメントになります。もう1つが、国内・海外含めた人材派遣のセグメントになっています。

この3つで事業運営していまして、まずは2020年でHRでグローバルNo.1、そして、2030年で我々のビジネスでNo.1を目指してやってきております。

「大学発ベンチャー」からの歴史

リクルートがスタートアップだった時のお話からさせていただければと思います。1960年に創業(注:「大学新聞広告社」を設立)しておりまして、この森ビルさん、第1号ビル、これのペントハウスをわざわざ森(稔)さんがつくっていただいて、リクルート創業者の江副(浩正)さんが安く借りると。

大学卒業してすぐ起業したということで、大学発ベンチャーということで(スライドを指して)この写真なんかはよく、シリコンバレーで投資する時なんかも、「我々も昔はベンチャーだった」みたいな話で使ったりしています。

それで、こちらにいらっしゃるような方はご存知ないかもしれませんけど、現在のインターネットのリクナビ、その前身で『リクルートブック』という情報誌がありました。

それのさらに前身の『企業への招待』という、企業の採用の情報広告を束ねて1冊にして、それを大学生の自宅にDM、ダイレクトメールで届けると。このプロダクトが大当たりしまして、1960年の創業から約10年ほどで、売上100億円を超えています。

当時の貨幣価値で100億円は、今の何十倍の規模になるわけですけども、そのような急成長を遂げました。15年間での平均成長率も20パーセント超えという感じで、順調にこのプロダクトの大当たりのおかげで成長しました。15年後も、1990年初頭まで、要するに創業してから30年間、ずっと成長しっぱなしです。