ゆうこす、PR記事は「最後に絶対疑問形」ファンも代理店もWin-Winになれる仕掛けとは

AUTHOR'S TALK #11「SNS時代を生きる私たちの夢の叶え方」 #8/8

“まったく新しい読書体験”の創造の一環として、著者と語る読書会「BOOK LAB AUTHORS TALK」第11回が開催されました。“ゆうこす”こと菅本裕子さんとWebメディア「kakeru」編集長の三川夏代さんを迎え、夢をかなえるためのSNS活用法を語ります。最後のログとなる今回は、マス広告にはないSNSならではの強みや、時間を売買できるアプリ「タイムバンク」の話題、台湾・中国のライブコマースへの展開を語ります。

いかにファンとコミュニケーションする仕掛けをつくるか

最所あさみ氏(以下、最所):ありがとうございます。はい、お願いします。

質問者4:ありがとうございます。ゆうこすさんじゃなくて、三川さんに質問なんですけど。今、そういうインフルエンサーさんとか、インスタグラマーさんに依頼する企業さんの、依頼した後の見ているポイントみたいなところってどういうとこなのかな、と。

例えばシェア数なのか、「いいね!」数なのか、そういうのは置いといてもうブランディングなのかとか、あるいは、もう本当のゴールの何個売れたみたいなところで言うと、今、どのあたりを見ているんだろうなと思って。

三川夏代氏(以下、三川):そうですね。企業が何をしたいかによって、見るポイントってぜんぜん違っていて。「新商品が出るからとにかく認知をさせたい」であればリーチを見ますし、そうじゃなくて「その商品に興味を持ってもらう」とかだと投稿の反応ですし、その先の購入まで測ってる企業さんとかもいて、本当に目的によりますね。

ただ一番、今多いのは、その商品に興味を持ってもらえたかどうかっていう、投稿に対する「いいね!」とか、コメントの質とかっていうところは、けっこうみんな重要視しますね。どうです? 実際。

菅本裕子氏(以下、菅本):私は代理店さんに「いいね!」って思ってもらいたいし、エンゲージメント率上げたいので、PRの時は最後に絶対疑問形を入れます。

最所:疑問形。

菅本:めっちゃバーッて文字書いた後に、「みんな、これどう思った?」「みんな、何番の色が一番かわいいと思った?」とか(笑)。

最所:アクションしたくなる、うまいなあ!

三川:すごい。

最所:すごい! それ、今度から気をつけてみよう。

菅本:(笑)。だから、裕子もみんなの意見聞けるし、私もお仕事でお金いただけるし、代理店さんに「ゆうこすちゃんの投稿、めちゃくちゃ反応よかった」ってなるし、ファンからしてもコミュニケーション取れて楽しいし。みんな、win-win。

最所:そう思うと、すごいゆうこすさんって、本当に双方向性をむちゃくちゃ意識してるというか。やっぱりね、広告ってもう伝えるのが仕事みたいな感じだから、もうバスッと終わっちゃうっていうか、いかにきれいに見せるかみたいな感じのところを、いかにね、ファンと会話する仕掛けをつくるかみたいなところが、なんかやっぱり、無意識なのか。

三川:すごい。

最所:すごいですね。そのテクニック、今めっちゃ使える気がしてきました(笑)。

菅本:ぜひ使ってください(笑)。

商品の認知に強いのはマス広告、購入を検討してもらうならインフルエンサー

質問者4:付け加えて大丈夫ですか?

三川:はい。

質問者4:例えばGoogle AdSenseとか、いろんな広告チャネルあると思うんですけど、そことのInstagramとかSNSの強みみたいな、違いみたいな、っていうのを。

三川:やっぱり普通の広告だと、一方的な情報発信にとどまってしまうんですよね。電車の広告とかも、電車乗ってる間に見ることはできるけれども、こっちからなにかレスポンスはできないのに対して、ソーシャルは、相互的なコミュニケーションができるっていうところがめちゃくちゃ強くて。

今のゆうこすさんみたいに、なにか疑問を投げかけると、ゆうこすさんのファンの人が、ゆうこすさんを通して商品に興味を持ってもらうことができるっていうところは、SNSしかできないと思うので。

もし、新商品とか、なにかプロモーションを大きく打ちたいんだったら、マスとかの一方的な情報発信のほうが圧倒的に強いと思うんですよ。

じゃなくて、そこから、認知からさらに興味を持ってもらって、「あ、購入してみようかな」っていう検討フェーズに入っていかせたいのであれば、どんどんインフルエンサーとかを使って、しっかりとその人の言葉で発信してもらう、っていうところがすごく重要になってくるのかなって思います。

質問者4:ありがとうございます。

最所:ありがとうございます。じゃあ、ラスト。お願いします。

質問者5:ちょっとラストに少しズレた話で申し訳ないんですけど、さっきちょっと話が出たタイムバンクの話のところで質問なんですけど。ゆうこすさんがタイムバンクに登場するまでにいたった経緯みたいなものとか、うかがえればなっていうご質問です。

菅本:はい、タイムバンク。みなさん、ご存知ですか? タイムバンク。

最所:タイムバンクご存知の方?

(会場挙手)

最所:あ、けっこうみんな知ってる。すごい。見城(徹)さんの時間買われてね。

菅本:買いました! 即決でしたよ、私。

最所:あれ、だって、すごい大金……(笑)。

菅本:金額で見たら大金ですけど、私は安いと思いました。

最所:いや、もう、本当ね、その投資センスがすごいですよね。

質問者5:見城さんのを何秒買われたんですか?

菅本:90分です。あの時は、110万円ぐらいですね。そりゃあもうね、私にはぜんぜんポンって払えるような金額じゃないです。

最所:ゆうこすさん、本当、男前なんですよね。

菅本:いや(笑)。

最所:基本的に。こないだの配信でもすごい思ったんですけど。

菅本:でも、買って本当に正解でしたし。買わざるをえないですよね。

タイムバンクの面白さは個人力が試されるところ

最所:タイムバンクをそもそもやろうと思ったきっかけは、なんだったんですか?

菅本:私、タイムバンク自体は、最初はタイムバンクの方からお声がけをしていただいたんです。

質問者5:あ、そっちか。なるほど。

菅本:はい。

最所:へぇ。あ、「上場しませんか?」っていう。

菅本:っていうお話だったんですけど、そこでGOサインを出したっていうか、やりたいって思ったのは、やっぱりタイムバンクって個人の時間じゃないですか。あの私の値段、価格を上げるっていうのは、自分がいかに夢に向かってがんばるか、がんばらないかで、個人力がすごい試されるなと思ったんです。

あれを上げるために、私はどんどんがんばらないといけないし、サボったら下がるし。その個人力が試されるところがすごくおもしろいし、楽しいなと思いましたし。

私はこれからSNSで、商品をつくるのもそうなんですけど、自分1人で、個人の力でSNSを使って生きていけるんだってことを、身をもって証明したいなと思っていたので、タイムバンクっていうのはすごく私に合ってるんじゃないかなと思って。

どうしましょう? youange(ゆうこすプロデュースのスキンケアブランド)発売して、ぜんぜん売れなくて、バーンって下がったら(笑)。

(会場笑)

菅本:まあ、それはそれでおもろいなと思うんですけど(笑)。ぜんぜん稼げもせずに終わって(笑)。

最所:(笑)。

菅本:ぜんぜん売れなくて、タイムバンク、バーンって下がって(笑)。

(会場笑)

菅本:それでなんかおもろいなと思って、どんどん私は上げていきたいなと思ってます。

最所:へぇー! じゃあ、もうなんか、やっぱりインフルエンサーってどうしても、SNSのフォロワー数だけで見られがちじゃないですか。そこをもうちょっとなんか別の指標というか、客観的な指標というか。

三川:それ、すごいほしいですよね。

最所:うん。確かにね、それはすごいありますよね。さっきもおっしゃってたとおり、フォロワー数だけが価値ではないけれども、見える数値がそこしかなくって。

やっぱりみんなが、フォロワー数とか「いいね!」数とかにこだわっちゃうのって、不安だから説得材料がほしいわけじゃないですか。代理店にしても、広告主にしても。

だから、もうちょっと、タイムバンクの権威というか、信頼性みたいなものがもっとすごく広がったらいいなと。フォロワー数じゃなくて、ああいうタイムバンクとかの指標によって、評価されるみたいなのもすごくいいですよね、新しい指標として。

菅本:なんかおもしろい時代ですよね。

(会場笑)

自分の時間の価値を高めたい

菅本:自分の時間を売れるって、すごいですよね。

最所:ね、すごい。コンサルとかもやってらっしゃるんですよね?

菅本:そうですね、ありがたいことにそういうお話もいただいて、ちょいちょいやってます。ちょいちょいって(笑)。そうですね。

最所:時間を買われる方もいらっしゃるっていうことですか? ゆうこすさんの時間を買って。

菅本:時間を買ってくださった方は、まだ来てないですね。

最所:まだ来てないんですね。

菅本:なるほどなるほど。

質問者5:僕、ちょうどリワード申請をして、イベントのゲストに来ていただいて、みたいなことやってたんで、そういう目線でもちょっと見ていました。

菅本:ぜひ、お願いします(笑)。

質問者5:1時間40万円とかなんですよ。すごい金額。

最所:1時間40万円!

三川:じゃあ、このイベント……(笑)。

最所:たいへん! 3時間ぐらい拘束してるから(笑)。

(会場笑)

質問者5:なかなかちょっとまだ、ハードルが高くて(笑)。

菅本:(笑)。

最所:でも、なんか、きっとそこも価値を上げるみたいなところもやっぱり、SNSと同じような感じで、いろんな施策を打ってやっていくっていうところで、すごくこれから、伸びが楽しみですね。

菅本:がんばります、本当。私の場合、見城さんはすごい安いなと思って、即決だったんですけど。まだ菅本裕子は価格としてはちょっと高いのかなと思っていて。

最所:あー、なるほど。割安感を感じてもらえてない。

菅本:もっと感じてほしいなと思うので、私はもっともっとがんばらないとと思ってます。

最所:なるほど。そういうことですね。価値が上がるだけじゃなくて、そこにちゃんとオファーをもらえるようになりたい。なりたいというか、人の価値のほうが追いつくみたいな感じですね。

菅本:そうですね。だから、もっともっと自分で行動していきたいなって、個人力を高めていきたいなって思ってます。

最所:なるほどー。「この40万払っても、ゆうこすさんの1時間がほしい!」っていう。

菅本:そうですね。

最所:どれだけつくっていけるか、っていうことですよね。

菅本:私、本当に見城さんは0.1秒でしたもん。

最所:え! ノールックですね。

菅本:バンッて(笑)。……ちょっと盛ったかな?

(会場笑)

台湾・中国でのライブコマースに注目

三川:ちょっと話ズレるんですけど、今、注目してるサービスとかってあるんですか? アプリとかサービスとか。ここでお仕事したい、とかも含め。

菅本:ここでお仕事したい……。

最所:クラウドファンディングとか、使ってみたいとか。

菅本:あ、でも、クラウドファンディングは必ず使います。

最所:へぇー!

菅本:youangeの製作の時に、リップクリームで言ったら、基本的には無香料なんですけど、限定でリンゴの香りつくりますとか、そういう時に。それは資金がほしいとかじゃなくて、よりみんなを巻き込むために。

まあ、西野(亮廣)さんとか、やられると思うんですけど。よりみんなを巻き込むために、ちょっと使おうかなと思っています。

最所:へぇー!

菅本:やろうと思ったのは……、17(注:台湾発のストリーミング配信アプリ)。

三川:あー。

最所:イチナナ?

三川:ライブ配信。

菅本:今は「やろっかなー」ぐらいですね。まあ、日本語と中国語しゃべれたら、完璧じゃないですか。だけど、絶対無理なんですけど。まあ、ちょっと勉強がてら。

最所:イチナナは中国の……?

三川:まあ、ライブ配信アプリですね。

菅本:台湾とかでもやられてると思うんですけど。

最所:へぇーーー。

菅本:中国のライブコマースが入った時に、日本人で売れる人がいないから。話せたら最強なんですけど、話せない……。でも、カタコトでもかわいいかな、とか思って(笑)。

最所:さすが戦略家(笑)。

菅本:それを見切り発車でやってみようかなっていう、そういう。まだまだ仮ですけど。

最所:絶対中国でウケますよね。

三川:うんうん。

最所:絶対ウケる。

菅本:悩みますね。

三川:今まで中国向けに、なにかやったことってあるんですか?

菅本:まったくないです。ただ、私がHKTの時に、漢字で全部わかんなかったけど、たぶん童顔巨乳っていう漢字がすごいバズってました(笑)。

(会場笑)

最所:へぇー!

菅本:だから、中国でもウケる顔らしいです、私は。

最所・三川:へぇーー!

菅本:わかんないですけど。でも、漢字で「これだろうな」っていう、わかるじゃないですか、なんか。で、バズってたから、「あ、ウケられやすい顔なのかな」と。

最所:へぇーー!

菅本:ならば、ウケられやすい顔だし、ライブコマース流行ってるし、行くしかない。私はスキンケア開発するし、行くしかないかなって。

最所:日本の製品って、信頼度がぜんぜん違いますからね。そのアドバンテージが大きいですよね。

菅本:とりあえずまだ今、ニーハオしか言えないですけど。

最所:(笑)。

菅本:シェイシェイとニーハオしか言えないですけど。

最所:いや、絶対あっという間に習得しちゃう気がします。

三川:うんうん。

菅本:がんばりまーす。

最所:そうなったら、それこそ微博(Weibo)とかも始めて、そっちも。すごい! ゆうこす世界進出! 大きなまた夢がSNSを通して叶いそうということで。

菅本:早めにGoogle翻訳が速攻できるやつを……。

最所:同時翻訳みたいな(笑)。

菅本:すぐほしい!

三川:(笑)。

菅本:すぐ買います(笑)。

最所:確かにそうですよね。ライブコマースだとか、即行性が大事ですからね。

菅本:はい。

SNSは自分の夢をかなえるために活用するもの

最所:なるほど。ありがとうございます。他にも聞きたいことはたくさんあったかとは思うんですけれども、ちょっと予定をめちゃくちゃオーバーしてしまいまして(笑)。

菅本:ヤバいヤバい(笑)。

最所:一応この後、サインとかしていただいたり、っていう時間もちょっといただいてるのと。あと、始まる前にちょっとお伝えしたとおり、10冊だけサイン本つくっていただいてて、しかも、なんと1個1個イラストが違う!

菅本:いやでも、落書きなんですよ。

最所:イラストを描いていただいて。しかも、マネージャーさんの似顔絵とか描いてる。あと20年ぐらいしたらもうプレミアがついて(笑)。

菅本:いや、もうなんか、中国にいるミッキーとか描いてるんで。

最所:中国にいるミッキー(笑)。

菅本:本当に落書きで、本当に申し訳ない。イラストとかそんなもん、大したもんじゃないんで。

最所:超貴重なサイン本をつくっていただいたので、そちらも、ちょっと後でここに持ってくるので、ぜひよければ、という感じで。あとは、ぜひみなさんTwitterでつぶやいていただいて。今ちょっと見たら、ハッシュタグでめっちゃみんなつぶやいてくれてて。

菅本:本当ですか?

三川:トレンドに載ったっぽい。

最所:えっ! トレンドに載ったんですか?

菅本:マジですか!?

最所:ヤバーい!

菅本:聞いてないよー!

最所:誰かスクショして上げてください(笑)。トレンド載ったよ、みたいな。みなさん、この話題で来るだけあって、「SNS、めっちゃ使うやん」ってなって(笑)。これ、ちょっと、私のnoteとかでもまとめさせていただきたいなと思いますので。しかも、6位!

菅本:本当だ! 今、ゆうこす、6位です。

最所:6位! すごい! 実況でもすごいみなさん上げていただいて。ぜひ帰りにも上げて、ぜひトレンド1位を取りたいですね、これはね(笑)。

菅本:ありがとうございます。どうか悪口を書かないでいただきたい(笑)。

(会場笑)

最所:「最高にかわいくて、クレバーでした」と、みんな、判を押したように書いてください(笑)。

菅本:うれしい。

最所:ということで、本当、長いお時間ありがとうございました。みなさんもゆうこすさんと同じように、SNSをうまく活用して、それぞれの夢を叶えていっていただければと思います。ありがとうございました。

(会場拍手)

菅本:今日、はじめましての方、多かったですよね?

最所:うん、多かったと思います。

菅本:裕子のこと、好きになってくれましたか?

(会場笑・拍手)

最所:今日のレポートは、kakeruさん(注:なぜ「ゆうこす」に仕事が集まるのか?インフルエンサーとして生き残るために考えるべきこと )とログミーさんで公開される予定ですので、ぜひそちらも読んでいただければと思います。ありがとうございます。

ゆうこす・三川:ありがとうございました。

菅本:よかった、楽しかったです。

(会場拍手)

SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

Occurred on , Published at

朝渋

朝渋に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、朝渋に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?