たくさんの思いを込めてメダルを取りにいった

司会者:それでは羽生選手。今の金メダルを首にかけた気持ち、一夜明けたお気持ちをお聞かせください。

羽生結弦氏(以下、羽生):昨晩もありがとうございました。まず、ソチオリンピックの時とは違って、非常に非常にたくさんの思いを込めてこの金メダルを取りに行きました。そして最終的に、自分が思い描いていた結果になり、自分が思い描いていたメダルをかけていることが本当に幸せです。

司会者:ありがとうございます。さて、まず海外記者団のみなさんより、手短に英語での質疑応答を受け付けます。羽生選手には、英語でお答えいただきます。

(羽生選手、驚きの表情を見せる)

(会場笑)

海外記者のみなさま、ご質問はありますでしょうか?

影響を受けたスケート選手は

記者1:こんにちは。『オリンピックチャンネル』の◯◯と申します。英語での質疑応答を受け付けていただき、ありがとうございます。あなたはオリンピック大会2連覇を成し遂げられましたが、一方でたいへんお若くていらっしゃいますね。これほどまでの重圧の下で、どのように自己管理をなさっていらっしゃるのでしょうか?

羽生:そうですね、世界には、メンタルコントロールやメンタルマネージメント、心拍や身体について多くの知識があります。多くの知識がありますし、レポートもたくさんあります。

スケートができなかった期間、僕はメンタリティについて、レポートや本を何冊か熟読しました。僕は、心理学や競争についてのメンタリティについて学ぶことが大好きですので、僕にとってのスケートは、辛くは(聞き取り不明)ないのです。実際のところ、今回のオリンピックに僕が出られたのは、このおかげだと思っています。

記者2:ありがとうございます。CNNのコール・ワイヤーです。9年間NFLでプレイしてきましたが、羽生さんのように、ファンからの熱狂と反響を得ている人を見たことがありません。羽生さんは、このことをどうお考えでしょうか。また、あなたが影響を受けている人はいますか?

羽生:僕がスケートを始めた時、まさかオリンピックに出場するとは思ってもいませんでした。4歳の時には、オリンピックを知りませんでしたから。しかしスケートを始めた後は、オリンピックを見て、とても影響を受けるようになりました。いつのオリンピックかは、はっきり覚えてはいないのですが、ソルトレイクシティ(2002年)でしょうか。それで僕は、ぜったいにオリンピックでメダルを取りたいと思うようになったのです。

うーん、何が言いたいのかわからないですね。僕のヒーローは、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール、 ハビエル・フェルナンデスもそうですね。偉大なスケーターであった、ディック・バトンもそうです。

ディック・バトンの滑りを見ることはできませんでしたが。でもとてもすばらしいスケーターですよね。今回のオリンピック2連覇にあたり、ディック・バトンは僕をとても応援してくれました。だから彼にはとても感謝しています。彼の記録を破って、3大会制覇できるかはわかりませんが、現時点では、今のタイトルを勝ち取ることができて、僕はとても満足しています。ありがとうございました。

プーさんは森にかえす

記者3:こんにちは。NBCの◯◯です。前にも質問は受けたとは思いますが、ぜひお聞かせ願います。リンクに投げ込まれた、膨大なくまのプーさんの数で、皆さんとても驚いていますよね。あのプーさんはどうされていますか。全部持ち帰るのですか。もしくは、いくつかは手元に置くのでしょうか。チャリティに寄付すると思うのですが、寄付先はどのように選び、見つけていらっしゃるのでしょうか?

羽生:どう言えばいいんでしょうね、プーさんたちはみんな森にかえします。冗談です。

(会場笑)

本当は全部自宅に持ち帰らせていただきたいところなのですが、それは難しいし、できませんので、大半はスケート連盟、その他の連盟、子どものチーム、そういったところにプーさんを寄付します。思い出に残すために、いくつかのプーさんは、自宅に持って帰ります。こういう答えで、よろしいでしょうか。

記者3:つまり、チャリティに寄付すると。

羽生:そうですね、スケート連盟に寄付するので、チャリティとして活用してもらえるのでしょうね。ありがとうございました。

記者4:ロイター通信のエレイン・リーズです。

羽生:あなた、日本語おできになりますよね。

記者4:ああ、オーケイ。

(会場笑)

(日本語で)じゃあ、ロイター通信のリーズですけど。昨日はいろいろ日本のマスコミとのインタビューもあったと思いますが、それ以外に祝い方とか、なにか連覇を祝われた今の気持ちをあらためてお願いします。

羽生:今日の気持ちとしては……英語でしゃべらないといけないのかな、これ?

(以下英語)今回のタイトルについては、とくにお祝いはしなかったです。寝る時間もなかったので。このタイトルについて、お祝いはするとは思いますが、家族とか、チーム、クラブなどでやると思います。

僕の気持ちは、フリースケーティング前と今とでは、僕の中ではっきりと変わりました。夢がもう、叶ったからです。僕は今、とても満足しています。

司会者:外国記者団のみなさんからは、ご質問は以上でしょうか。

(羽生選手、腕で大きなバツ印を作る)

司会者:それでは、次の日本の質問。

スケートを辞める気はない

記者5:フィギアスケートマガジンのヤマグチともうします。おめでとうございました。

羽生:ありがとうございます。

記者5:一般的にスポーツでは、人間力が競技力に結びつくと考えられているんですけれども、競技以外でこれから何かにトライしていきたい(こと)。例えば旅をしてみたいだとか、なにかこういう分野で勉強したいとか、競技の練習以外に挑戦していきたいと思っていることはありますでしょうか?

羽生:とりあえずスケートを辞める気はないので。あっ。

司会者:いや、日本語でいいです。

羽生:トランスレートありですか?

司会者:いや、大丈夫です。どんどん日本語で次に行きましょう。

羽生:すいません、日本語でいきます。とりあえずスケートを辞める気はまだないです。ただ、先ほども言ったように夢は叶ったという気持ちは実際にありますし、やるべきことはやれたな、という実感もあります。清々しい気分でもいます。

ただ、言ってみればまだやりたいことはスケートの方では残っていると思います。スケート以外のことで何か喋れるとしたら、うーん……そうですね。うん、一応いま考えましたけど、一周回ってきてやっぱりスケートのことだったので(笑)。

本当に、今までの人生をスケートに賭けてきて本当に良かったって心から言えますし、これからももうちょっとだけ、自分の人生をスケートにかけたいと思っています。

4回転アクセルを目指す

記者6:フィギュアスケートライフのハセガワです。金メダルおめでとうございます。

羽生:ありがとうございます。

記者6:今言っていましたが、フィギュアスケートでもう少しやってみたいこと、というのは4回転アクセルとかもあると思うんですけど、それも含めてどんなことがあるのか教えてください。

羽生:はい。先ほども質問で出たように、4回転アクセルはやりたいなと思っています。それは前人未到だからとか、まあ多分小さい頃の自分だったら「前人未到だから」って言うと思います。ただ、今の僕の気持ちとしては、自分にとってやっぱり最後の最後に支えてくれたのはトリプルアクセルだったし、やっぱりアクセルジャンプというものに賭けてきた思い、時間、練習。

質も量もすべてがどのジャンプよりも多いし、なによりも僕の恩師である都築(章一郎)先生が言っていた言葉が、「アクセルは王様のジャンプだ」と言っていたので、そのアクセルジャンプを自分は得意として、そして大好きでいられることに感謝しながら、4回転アクセルを目指したいなと思っています。