「ビジネスは遊び」だと思っている

伊藤羊一氏(以下、伊藤):ほかの質問はどうですか。

仲山進也氏(以下、仲山):若干、チーム関連じゃない質問ですけど、僕も羊一さんも「楽しそうだね」って言われるじゃないですか。

伊藤:うん。

仲山:「遊ぶように働くという働き方をしたいけど、現状は難しいと感じてしまうのはなぜだと思いますか?」という質問があるんですが。

伊藤:なるほど。

仲山:僕、一つ思ってることがあって、仕事やビジネスって戦争に例えられるじゃないですか。「戦略・戦術」「ターゲット」「攻略」みたいな。例えって、似てるものを持ってきて、「ビジネスと戦争のこの部分は似てるよね」「なるほど。わかりやすい」みたいな、そういう役割じゃないですか。

でも、たぶんそうやって例えているうちに、いつの間にか「ビジネスとは戦争だ」という、「全部丸ごと同じもの」みたいな認識が広がってる気がして。本当は戦争とはまったく似ていない働き方もあるじゃないですか。なので、組織の偉い人がビジネスを戦争だと思っていると「遊ぶように働きたいんです」という人は、そこには存在できないですよね。

僕は「ビジネスは遊びだ」と思ってるんですけど、子どものときに公園で集まって「かくれんぼする者、この指とまれ」とやるように、みんなが参加したそうなおもしろい遊びを提案をして、集まってきた人で遊ぶような、そういう仕事の進め方もありますというか、最近SNSの時代になってからは多いですよね。僕の中ではそういうパターンの働き方がほとんどなので。

伊藤:そういうことなんですね。なるほど。

仲山:戦争用語使っている人とは、「ちょっと一緒にできなそう」って思います。

伊藤:「一点突破でやる!」「全面展開でやる!」みたいな、そういう感じ。

仲山:「絨毯爆撃的に営業すんだよ」みたいな。よくわかんないですけど(笑)。

伊藤:「囲い込み!」とか?

仲山:そう。

伊藤:そういうのとは合わない?

仲山:合わないですね。

子どもの頃の原体験が今の仕事に繋がっている

伊藤:今、ふと思ったんですけど、たぶん仲山さんは、「この指とまれ」みたいな感覚がすごくガキの頃からあって、そこが仕事の原点だったりします?

仲山:します。遊びでサッカーばかりやってたんですけど、戦争用語でいう「競合」としては、ファミコンという強敵が現れた時期だったんです。

なので、友達に「ファミコンするか、公園に行ってサッカーするか」という中でサッカーを選んでもらえないと、人数不足でサッカーのゲームが成り立たなくなる。だから、「みんながサッカーを楽しめるためにはどうしたらいいか」ということを考えて。

片方が勝ちすぎると負けてるほうのやる気がなくなって、帰っちゃったりするから、その辺のチューニングとしてチーム替えのタイミングを見たり。

伊藤:なるほど。

仲山:そんな感じで、みんなが18時の時点で「ああ、楽しかった。明日もサッカー来よう」って思える状態を作り続けたという体験が、けっこう仕事のやり方の原点な気がしています。

原体験にもとづいた心地よさを追求して働く

伊藤:いや、僕はさっき仲山さんに「遊ぶように仕事するの好きですよね?」って言われて、話の流れ的に一応「ええ」って頷いたんですけど。

(会場笑)

でも、別に仕事は楽しくないんですよ。いや、仕事が楽しくないというと嘘で、楽しいんだけど、遊ぶようには仕事してなくて、日々めっちゃつらいんです。めっちゃつらいし、なんかもう準備とか色々あって、睡眠不足なんですよ。なんでかって、3つ仕事をやってるので大変なんですよ。日々はぜんぜん楽しくないんです。

なんだけど、今この瞬間は楽しいんですよ。これはなんでかというと、今、僕は頭の中、脳内で変換していて、僕は今この瞬間、ミュージシャンなんですよ。だからこのステージに立って、後ろにドラムがいて、ベースがいて、キーボードがいて、Shinya Nakayamaというミュージシャンとジャズセッションをやってるというね。

それでそのShinya Nakayamaがステージから出ていってギターを弾いてるなかで、「俺はここに留まってギターを弾いてる」ような感じがあって楽しいと。だから終わると全部消耗しきります。やっぱりミュージシャンって、こういうことをくりかえしているんだなと。感。

(会場笑)

「出し切った。つらいわー」とか言って、またでも「しょうがないや、あのトリップする空間に行くか」って言って、明日も僕はステージに立つという、こういう感覚なんです、仕事は。だから今この瞬間もうエクスタシーですよ。だけど、日々は嫌なんですね。

それはなんでかと思ったら、やっぱり自分の原体験で、僕はバンドをやってたんですね。ミュージシャンになりたかったんですよ。僕、FMのテーマソングを演奏して歌ったりするんですよ。そういう原体験があって、そこをちょっと違う姿に変えてやってるんですよね。

たぶん仲山さんも、そんなかたちで姿を変えてガキの頃に経験した原体験を今、仕事でやっているという。だから、そこでブチッと切るとちょっと幸せじゃないんだけど、その延長線上で自分なりに、ミュージシャンなのか、この指とまれなのか、それ以外のかたちもあると思うんですけど、原体験にもとづいた心地よさを追求するといいかなと思います。

絶対に譲れない価値観をすり合わせる

仲山:そうですね。さらに、やりたくないとか、嫌なものも原体験としてあるなって最近気づいて。小学生のときにグラウンドで遊んでたときに、その頃はサッカー少年団はないけど、野球少年団があって放課後に練習してるんですよ。ボランティアのお父さんコーチがノックしてたりするんですけど。

あるとき、そのコーチの人が、僕らがサッカーをやってるところに来て「どけろ!」って怒りはじめたんですよ。でも、無視してそのまま遊び続けていたら、激昂して僕の胸ぐら、首根っこを掴んで「お前んちどこだ!?」って言って、数百メートル離れた僕のうちまで引きづられて大泣きするというトラウマを体験したんです。

野球少年団は学校からのグラウンド使用許可はもらったとは思うんですけど、でもそれはほかに楽しく遊んでいる子どもを排除してもいいOKなのか、仲良くやってねというOKなのか、わからないじゃないですか。だからこっちとしてはまだ、そんなふうに言われてどく筋合いはない、学校から「どけ」とは言われてないしと思って。でも問答無用で遊びを強制終了させられた。そういう体験をしました。

伊藤:原体験でね。

仲山:そうそう。

伊藤:そういうのはもう嫌だと。

仲山:そう。そうやって理不尽な感じで、そっち側の都合だけでこっち側が楽しく遊んでるのを邪魔してくる人とは……。

伊藤:やりたくないと。

仲山:そうですね。なので、そういう「やりたいこと」と「やりたくないこと」を原体験ベースで自分の中で理解しておくと、ストーミングになったときに「私はこういうのはやりたくて、こういうのはやりたくないです」と言えるわけじゃないですか。

それを全員がテーブルの上に出すと、絶対にやりたくないことがバッティングしてると一緒にやっていくことはできないけど、絶対に譲れない価値観がバッティングさえしていなければ、どこかに必ず落としどころがあるはずなので、それをチューニングするためにみんなで話をワイワイしていくというのが、いいチームができる条件として必要なのかなと。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。