汗によって白い服に黄色いシミができる理由

Why Does Sweat Turn Shirts Yellow?

長く着ている白いシャツがいつの間にか黄ばんでいることに気づく瞬間はきっと誰のもとにも訪れていることでしょう。それがどうやら汗によるものだということはおわかりかと思いますが、汗は透明なのに一体なぜ黄色に変色してしまうのでしょうか。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」は、汗によって白い衣服が黄色く変色してしまう理由について解説します。

なぜ汗によって黄色いシミができるのか

ハンク・グリーン氏:きっと世界中で最初の大問題は、まっ白な洋服についてしまうシミではないでしょうか? みなさんにも経験があると思います。白いシャツを長い間着用していると、ある日突然恥ずかしくイライラするようなシミができていることに気づくことがありますよね。

大切なことなのですが、実際はあなたの汗は黄色ではありません。実際は無色透明なのです。制汗剤の中に含まれる化合物と結合するまではね。

人類には主に2つの「腺」があります。今回は、アポクリン腺について説明します。この腺は思春期になるまで特徴を見せず、かつ体中どこにでもみられる腺で、つまり頭皮、脇の下、などあらゆる部位にたくさんあります。

この腺はわずかに濃い汗を作り出し、毛包を通してみなさんの肌に入り込みます。最悪なことに、この類の汗は蒸し暑いときだけではなく、緊張感や不安感が高まったときにも作り出されます。素晴らしいですね!

ただ、この腺によって作り出される濃い汗は、脂質とタンパク質が含まれています。そしてこの脂質とタンパク質は、バクテリアと共謀し、繁殖してしまうことが問題なのです。

私たちは過去にバクテリアとおならの臭いのつながりについて話してきました。あなたの脇の下の汗は同じ方法で作り出されているのです。

汗自体は無臭です。しかしバクテリアや発生されるガスが素晴らしい臭いを作り出しているのです。そしてコスメティクスの会社が、万能な制汗剤を発売するために活気づいているというわけです。

こういった制汗剤には、塩化アルミニウムと呼ばれる化合物のある種類が含まれていて、ある種のジェル状の働きをしてアポクリン腺に栓をします。ですからそこまでの汗は作り出されません。

しかし同時に、そのアルミニウムはあなたの洋服の繊維と汗に反応し、やがて紫色や黄色のシミを作ってしまうのです。

この時点で、黄色に変色してしまう確かな理由については誰も賛同していないようです。しかし、アルミニウムとの反応がアポクリン腺のタンパク質をみなさんの洋服に強く固着させてしまうという考えがあります。

いずれにせよ、あなたの汗自体はシミの原因にはあまり関係していません。これは非常に有益な情報です。ありがたいことに、みなさんの衣類の白さを保つ方法はたくさんあります。

まずはじめに、アルミニウムを含むデオドラント製品の使用を控えること。2つ目は、デオドラントの成分を乾燥させてから洋服を着ること。そして3つめは、酵素の力の強い洗濯洗剤を使用することです。

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

Published at

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?