自民党はベンチャーなどにPRを任せてもいいのでは

平将明氏(以下、平):(政治のプロモーションには)いろんな可能性がありますよね。大企業に全部丸投げするとかそういうんじゃなくて、分割化して若い人にどんどんチャンスをというのはベンチャーとか企業を助ける方法なので。

自民党もやっぱり一括で大手広告代理店にやるんじゃなくて、テレビの枠なんかは既得権益だから、大手を通さないと取れないからそれはやるにしても。私は小さいところは分割して出していったらいいと思いますよ。

生田よしかつ氏(以下、生田):東京都が豊洲市場、豊洲の風評被害払拭のために何億か予算つけたんだけど、電通に丸投げだもんね。そうするとまた陳腐なのが出てくるわけよ。こんなの俺にその銭よこしたら、お前、その10分の1でこれだけやってやる。これ以上のことやってやるよってんだよね。だけど、結局そういうふうになっちゃう。

:まぁ生田さんには絶対出しませんけどね。

生田:いや、俺にはいらないよ。

(一同笑)

俺以外。だって俺にやったら忖度してるってなっちゃうもん。「やっぱり内田派は強えな」とか言われちゃう。

:そうだよな。

生田:そうだよ。「そうか、生田が移転推進してたのはこのためか」とか言われちゃうから。違うよ。ばかやろう。

大澤咲希氏(以下、大澤):(笑)。

「山邦」がPOTETOと共演?

:「山邦」(平氏の祖父が創業した市場の仲卸会社)がPOTETOを扱うというのはわかりやすいね。

生田:山邦はポテト扱ってんじゃん。

:扱ってますよ。だってうちのじいさんは「芋玉」の競り人だから。

生田:おお!

:芋玉というのは、じゃがいもとか芋系と、玉というのは玉ねぎのこと。芋玉というのは儲かったんですよ。

生田:昔ね。昔は儲かった。

:だって競り人がほぼ値段決めるんだから。

古井康介氏(以下、古井):ぜひPOTETOも使っていただきたい。

大澤:(笑)。

:私は基本的に若い人は無条件で応援するので、とりあえず平事務所で使ってみて、どんだけ使えるのかってことね。あとは接待次第ですな。

古井:ありがとうございます。がんばります。勉強させてください。

:(笑)。まぁそれは冗談としてもさ、でも、やっぱりビジネスやるって大変だからね。

生田:いや、そうだよ。商売するとなったら大変だよ。

:そうですよね。まぁじゃあそこは自民党でもね、どういうことできるか。

生田:そうだよね。だから共産党がいいなって言ったら共産党もやるわけじゃない。

古井:いろいろバランスが難しいですね。

ネットのPRは自民共産がリード

:ネットはやっぱり共産党と自民党が競争してるんだよね。

生田:そうだよね。

:それで公明党がLINEを中心にがんばってて、民進党はほぼいない。あと立憲(民主党)は博報堂だろうな。博報堂プラス……今そういう戦いになってるからさ、我々も遅れ取らないようにというのと。

生田:でも、本当さっき先生言ったとおりね、使うのは使えるんだよ。内容をおもしろくできねえんだよな。

:そうなんだよね。

生田:そこだよな。うん。

:そこなんですよ。

生田:だからカフェスタもそうだもんね。

:そうカフェスタもね。

生田:やっぱり平先生なんですよ。

:もう7年だから。

生田:7年。よくやってるね。

:7年だよ。

カフェスタの予算委員会スペシャル、継続するのか

生田:本当によくやってるよ。それで予算委員会スペシャルだもんね。どうするの? これからもやるの?

:どうする?

大澤:やりたいー!

生田:おっ!

:今回は補正だけやったじゃん。やっぱり本予算になると岸田(文雄)さんとか出てくるわけよ。エース級が出てくるんだよね。

生田:いやでもね、みんな「勉強になった」という声は本当に多いね。

古井:勉強になりました。

生田:あの時もね、彼らが取材してくれたんだよね。

古井:そうです。

生田:どんな感想?

古井:いや、すごい、「こういう感じで進んでいくんだ」という発見と、ぜんぜん政策のことって知らないじゃん。それをすごいわかりやすく教えてもらえるので、それはめちゃくちゃおもしろくて。あと午前中がすごくおもしろかったというのはちょっと。はい。

生田:午前中?

:与党の時間ね。

古井:おもしろかったですね。

大澤:やっぱり1周回って、私テレビ観たときに、簡単なことですけど、「ここが切り取られるんだ」というところがおもしろくて。後日談がまた。

:そうでしょ。

大澤:たぶんあの時間ここでいさせてもらった私が一番お得だと思うんですけど、あんだけ間近で勉強させてもらって、さらに家に帰ったあとに「そこ使うんだなぁ」というのがすごい全部見たから。

生田:そうだよな。当たってたもんな。

大澤:そう。おもしろかったです。

:だからもう使うところわかるよね。

生田:そうだね。

古井:言ってたとおりでした。

:それを意識して野党の人もやってるんだけど、実はまったくそれは本質的な議論じゃなくて、堂々巡りのやつを延々やってるという。

生田:でもテレビもさ、そんなことやってたらどんどんダメになっていくな。

:だろうな。

名護市長選挙、自民党勝利を祝う

生田:昨日おめでとうございます。今回の名護市長選挙。

大澤:おめでとうございます。

:ありがとうございます。

生田:あれも歳を見るとさ、10代から50代までというのはみんな自民党支持だったのね。それで60代から上がもう極端に違うんだよ。極端に向こう支持なんだよ。要はテレビ見てる世代ってことだよね。ネットをやっていない世代だよね。

:と、ネットを見てる世代で世界が違うということですよね。

じゃあ、あとあれだな。大学4年生、就職だろう?

古井:そうですね。就職します。

生田:あ、なに、これで独立しちゃうの?

古井:ダブルワークで就職しながら会社を。

生田:ダブルワークか。えっ、なに、じゃあ会社どこか勤めるの?

古井:会社も勤めながら。

生田:2人とも? お前らうまいことやりやがるなぁ。

:うまいこと(笑)。

古井:いや、まだやれるかはぜんぜん未知数なんですけど、がんばっていきたい。

生田:いやだけど、やるんだろう?

古井:やります。それは。

生田:大したもんだね。

:あれだよね。党改革のほうでさっき言ったように、党大会とか総裁選をもっと共和党とか民主党の党大会みたいに、少しずつでも盛り上げようということと。

あと今、被選挙権の引き下げというのをやってるから、そうするとこういう人たちの仲間から「じゃあ俺出るわ」とか言うと、「じゃあメディア周り、俺がやるわ」とか「政策は俺がやるわ」みたいにチームでコンテスト出てきてもらって、じゃあ参議院の全国枠とか統一地方選のどこどことかさ。自民党はすごい活性化するよね。

生田:変わっていくね。楽しいや。

:それちょっといろいろまたアイデアくださいよ。