起業家がビジネススクールに通う必要はない

ポール・グレアム氏(以下、ポール):さて、質問タイムにしましょう。

司会者:事前にクラスの皆にオンラインで投票してもらいました、最も投票数が多かった質問が2つあります。技術者ではない創設者が、最も効果的にスタートアップに貢献する為にはどうしたらいいですか?

ポール:例えば、コテコテのテクノロジースタートアップではない場合や、何かに特化したスタートアップの場合を考えてみましょう。Uberを例に取ります。技術者出身ではない創設者がリムジン・ビジネスのプロだった。

すると実際多く仕事をしなくてはならないのは技術者ではなく創設者です。リムジン・ビジネスに精通した創設者がドライバーを募ったり、他にもUberを上手く機能させる為にやらなくてはならないことを全てやっている間、技術者出身の創設者がやるのはiPhoneやアンドロイドのアプリをつくること。

これは技術者出身ではない創設者の仕事量の半分以下です。もしもコテコテのテクノロジースタートアップである場合には、技術者ではない創設者はセールス担当になります。コーヒーやチーズバーガーをプログラマーに配ったりとか。

(会場笑)

司会者:生徒の中から質問者を選んでください。

ポール:OK。そこのあなた。どうぞ。

生徒A:起業家を目指す人にとって、ビジネススクールに行くことに価値があると思いますか? もし価値があるのであれば、それはどんなことでしょうか?

ポール:2番目の質問には答えられないな。つまりそれが最初の質問の答えにもなってしまうわけだけど。

(会場笑)

ポール:基本的には答えは「ノー」です。ビジネススクールとはビジネス・マネジメントを学ぶ場ですよね。そして皆さんがビジネス・マネジメントのスキルを必要とするのは、立ち上げたスタートアップが成功した時だけです。

Apple が働き方の選択肢を変えた

ポール:まずは、プロダクトを発展させることに意識を集中させましょう。学校で学びたいと思うのであれば、デザイン学校に行った方がよほど有益でしょうね。スタートアップのやり方を学ぶには、とにかくやってみるしかないのです。

昔、私がまだものがわからなかった頃、皆さんにこうアドバイスしていたことがあります、「スタートアップを始める前に、どこかの企業で2、3年働いてみること」と。でもそれは間違っていました。とにかく挑戦してみる、始めてみる、やってみるしかスタートアップについて学ぶ方法はありません。

上手く行かないかもしれない。しかし、実際にやってみるとものすごいスピードで様々なことを学ぶでしょう。質問への答えは、「あまり役立ちません」。ビジネススクールも頑張っています。でも彼らの教える目的は大企業で優秀に立ち回ることができる人を育てることです。

「安定した大企業に勤める」、さもなくば「地元の小さな靴屋で働く」、昔は働き方にはこの2択しかありませんでした。そこに「Apple」誕生です。Appleだって地元の小さな靴屋並みに小さなところから始めたにも関わらず、巨大企業に成長しました。彼らはこの世界に新しい価値観を生み出しました。既存のやり方に囚われず、やりたいことをやりたいようにやる。

初期メンバーは創設者と同じ立場にあると考えるべき

生徒B:マネージメントはスタートアップが成功してから心配すればいいという話がありましたが、初期段階で雇い入れる2、3人を管理する必要があるのではないでしょうか?

ポール:理想的には、まず軌道に乗ってからその最初の2、3人を雇いたいところですよね。サムが先日、初期段階では雇うことを考えない方がいいという話をしていなかったっけ? 理想は、出来るだけ長いこと2人も3人も雇い入れないで、出来るだけ少ない人数でやっていけるようにすること。

スタートアップにおいて1番最初に雇う人は、ほとんど創設者と同じ立場にあると考えてください。創設者と同じ夢や理想を抱いている人を最初に雇い入れる人として選ぶべきであり、「管理」する必要がある人を選ぶべきではありません。初期メンバーは仲間ですから、上からあれこれと管理する必要はないはずです。

生徒B:つまり、創設者が細かく管理せざるを得ない人は初期チームには入れない方が良いということでしょうか?

ポール:「絶対」にそうであるとは言い切れません。例えば皆さんが物凄い最先端技術を必要としていて、彼にしかその仕事は出来ない! というような優れた人がいる場合、そしてその彼は自分の仕事以外のことにまったく興味がない、自分の口の拭い方も知らないような場合、彼を雇って始終彼の口を拭いてあげるのも有効な手かもしれません。

しかし、基本的には自発的になんでもやる人を初期メンバーとして迎えるほうが良いでしょう。創設者と同じ目線を持つ初期メンバーが必要です。

起業家は常に最悪を想定すべき

生徒C:今の私達の時代はバブル期だと思いますか?

ポール:その質問には対しては2つあります。まず、ここにいる皆さんの為になる質問をしてください。皆さんスタートアップの始め方を学びに来ているのです。皆さんの為になる情報が私のこの頭の中にたくさん詰まっているのですから、他に何を質問していいのかわからないので、とりあえずそれを聞く報道関係者のような質問はしないでください。

でもまぁよいです。質問に答えましょう。物価が高いだけであることとバブルであることは違います。バブルとは人々がそれを高値であることを知りながらも、支払った分を充分回収できることを見込んでバカらしいものにでも金を使い、結果的に高値が続くという状態です。

これがまさに90年代に起こったことです。ベンチャーキャピタルは当時特段優れていないスタートアップにでも投資し、それらの株式公開が出来ると信じ、最終的には損失を抱える前に彼らの失敗のすべてを個人投資家に押し付けました。

私は当時この騒動の真っ只中にいましたからね。当時と今の時代は違います。高価格、高評価ではありますが、それをバブルと呼ぶとは限りません。どんな商品にも値段のアップダウンがあります。価格が上がっていることに間違いはありません。

次もこんなに簡単に資金が集まると思わないほうがいいぞ、と創設者にはよく言っています。未来は誰にもわかりません。中国の経済が破綻して、世界中に不況の波が押し寄せるかもしれません。常に最悪を想定しておきましょう。今の時代はバブルであるか、という質問に対する答えは「ノー」です。

複数のスタートアップを同時に立ち上げるべきか

生徒D:多くの若い起業家達が、成功する会社をひとつのみならず20もつくろうとするトレンドがあるように思います。

ポール:IDEOのことかな?

生徒D:いいえ、Idealabやギャレット・キャンプの新しいものとか……。

ポール:あぁ! スタートアップのスピンオフに繋げる為にラボを始める新しい動きがありますね。上手いやり方かもしれません。ツイッターもそうして生まれましたから。ツイッターが始まった当初は、今の「ツイッター」ではありませんでした。

ツイッターもまたサイドプロジェクトだったのです。もともとOdeoという会社でポッドキャストビジネスに繋げる目的で施行されていたサイドプロジェクトでした。

ポッドキャストとビジネス? 上手く行くと思いますか? エヴァンはその答えが「ノー」であることを世に知らしめましたね。サイドプロジェクトが本来の目的よりも大きくなるという下剋上が起きました。サイドプロジェクトからスタートアップとして大きくする方法は上手くいくか? 

然るべき人がやればツイッターのように成功するでしょう。しかし皆さんは出来ませんよ。だって皆さんが自分で資金を出してやらなくてはならないのですから。