「ネット上の産直市場」をつくる

原田大作氏(以下、原田):キッチハイクさん、BrainCatさん、ポケットマルシェさんですね。よろしくお願いします。

本間勇輝氏(以下、本間):ポケットマルシェ、本間と申します。どうぞよろしくお願いします。

原田:お願いします。

本間:僕の経歴はどうでもいいとして、ぜひ質問させていください。今日、3食ごはん食べたと思います。食べたごはんの中で、1つでも、それを作った農家さんもしくは漁師さんの顔が思い浮かぶって方いらっしゃいますか?

(会場挙手)

お1人。ありがとうございます。どちらかというと狙いどおりの反応。僕たち、食のC2Cやってるんですけれども、この人数がせめて半分ぐらいいきたい。そのためにこの事業をやっています。

僕らがやっているのは、「ネット上の産直市場」です。スマホさえあれば日本中の道の駅、産直市場にすぐに行けますよという、農家さん漁師さんから直接買える、しかも会話しながら買えるというC2Cサービスを、ちょうど1年前ぐらいからやっております。

C2Cはめちゃめちゃ流行っているというか、今すごい流れが来てると思います。ファッションなど、いろんなものが買えると思うんですけど、食のC2Cってあんまり聞いたことないですよね。

食のC2Cが実現しなかった理由

本間:「食」って川下で市場規模が100兆円あるんです。一次産業の生産でいうと10兆円。それが末端にいくと100兆円です。半端ないです。ファッションとかよりもずっとずっと大きいのになんで食のC2Cが実現してこなかったのか?

それって、その片側のCである農家さんもしくは漁師さんという彼らが、なぜかこのマーケットに来なかったからなんですね。それを僕らはなぜか実現しているということで、メルカリさんにもご評価いただいてチームに入っているところです。

なので、食のC2C、「ポケットマルシェ」でやっているのはネット上のマルシェです。出店者は農家さん漁師さんのみに限っているのが1つ目の特徴。

もう1つは、やっぱりリアルマルシェに行ったときに、おいしいものを買えるだけじゃなくて、なにか出店者としゃべっておいしい食べ方を聞いたりとか、そこの会話が喜びですよね。それもアプリの中で実装しようとしている。この2点が僕らのサービスの特徴です。

農家さん自身もスマホから出品します。農家さんがスマホから出品するとどういうことが起こるか? 代表的なのを3つ出しています。スライド一番右、生クロマグロ、本マグロですね。秋田の漁師が「釣れたら送ります」って出品してるんですね。漁師から1本マグロ届きます。

原田: 2万4,000円もするんですか?

本間:「メジ」が小さいという意味なんですけど、軽いんですよ。マグロは5〜7キロで小さいんですよ。というのもあります。

原田:すごい。

本間:(スライドを指して)例えば一番左。まず商品タイトルから意味不明なんですけど。「ヘラガニ 千里を泳ぐ」って意味不明なんですが、カニが10個入ってて1,000円です。

流通に乗らないレアな生産物も出品

本間:なんでこんな安いかというと、タコの餌にしちゃってるんですね。彼の漁場では、流通に流れないんですよ。流通に流れないけど産地だけで消費されているおいしいものってめちゃめちゃあるんですね。そういったものもスマホからパシャッと1分で出品できるので、実現できています。

今、海産物が続いたんですけど、(スライドの)真ん中、生姜。この農家さん、先月に2回目出してくれましたけど、1年に5日しか出品してくれないんですよ。だからうちにとって実はいい農家さんかわからないんですけど。

「生姜が1年に 5日間だけ、グッと新生姜、新しい根が出てくるタイミングがある。ここがうまいからこのタイミングでしか売らない」って人がいるんですね。

こういう「旬の今だけ」「数量限定」「規格外」。こういった今まで流通に乗らなかったものがスマホのC2Cで実現しているというのが特徴です。

今日(会場で)配られているヨーグルトドリンク飲んでない方ぜひ飲んでください。まだちょっとあるので。広島のある農家さんが出してるんですけど、牛乳だとかヨーグルトドリンク。

特徴はいろいろ書いてあるんですけど、ノンホモ低温殺菌と言ってピンとくる人いますか? 普通に流通してる牛乳ってめちゃめちゃ高温で殺菌してます。匂い全部飛んじゃってるんですね。「缶コーヒーが全部一緒」みたいなイメージだと思っていただければと思います。

そういうのも直送で、こだわっていて普通に買うよりはちょっと高いかもしれないけれども、背景を知って直接買える。こんなサービスです。ヨーグルトドリンク、すごくすっきりしておいしいと思いますけど、ぜひぜひサイトのほうも見て来てください。

生産者とコミュニケーションできる利点

本間:もう1つの特徴で、コミュニティと会話できるって話をしました。我々のサービス、商品の下、生産者の情報の下にコミュニティウォールがあります。そこに「ごちそうさま」ってユーザーが伝えたりとか、もしくは「おいしい食べ方を教えてください」って聞くと生産者が答えているようなコミュニティのウォール。Facebookなどと一緒ですね。そういったものが流れています。

ユーザーはここを見て「なんか盛り上がってるから買おう」とか、いわゆるレビューみたいな位置付けになっているんですけれども。どんどん売ると投稿が増えて盛り上がって、シズルところが良いレビューになって交流が増えるみたいなことが起きています。

(スライドの)一番右の事例ですね。これちょっと見づらいんですけど、漁師さんが、ハタハタの注文にエビとカニをおまけでつけてるんですね。ユーザー喜ぶじゃないですか。この漁師のウォールとかやばいんですけど、なんかおまけしすぎという。

原田:(笑)。

本間:でも、ダイレクトに繋ぐおもしろさってそういうところだし、たぶん漁師の友達がいる人は少ないですよね。そういう今までC2Cマーケットに来なかった人を持ってきてるというのがたぶん僕らの特徴だと思います。

原田:メルカリチャンネルというのがあって、そこでも野菜売ってる方がかなりの量を売っているので、あると思います。

本間:ありがとうございます。

原田:はい。じゃあ、続きまして……。

本間:あ、すいません。(スタッフを)募集してます。お願いします。

原田:募集中ですね。

KitchHikeの意外な知名度

原田:じゃあキッチハイクさん、お願いします。

山本雅也氏(以下、山本):みなさん、こんばんは。キッチハイクと申します。キッチハイクは共同代表制でやっていますので、今日は2人でお邪魔しています。山本と申します。

藤崎祥見氏(以下、藤崎):藤崎といいます。

山本:今日この中で、KitchHikeを知っているという方は手を挙げていただけますでしょうか?

 

(会場挙手)

山本:あっ! 

本間:おっ、すっげえ。

藤崎:おおっ。

山本:4年前とぜんぜん違う。

(一同笑)

原田:違う世界が広がってますね(笑)。

山本:違う。もう時代は変わりましたね。じゃあ使ったことがあるという方はいらっしゃいますか?

(会場挙手)

あっ! ええ!

藤崎:おお。えぇ!?

山本:嘘ですよね?

(一同笑)

山本:本当ですか?

参加者1: 手作り餃子を見に集まって。

山本:おっかさんですか? スナックおっかさん? すごいディープなクック行きましたね。ありがとうございます。

藤崎(笑)。