夜間観光には経済的な伸びしろがある

梅澤高明氏(以下、梅澤):これまで文化的な意義の話をしてきたんですけど、少し経済のほうも話したいと思います。例えばヨーロッパで夜をテーマにして観光振興している町、けっこうありませんか?

齋藤貴弘氏(以下、齋藤貴):そうですね。例えば、一番有名なのはベルリンですよね。ベルリンはクラブツーリズムという言葉があるくらい、ベルリンのクラブに行くために、ヨーロッパ中心に観光客が来ていて。2、3年前のデータですが、宿泊を伴う観光者が年間3,000万人で、そのうち3割くらいでしたっけ?

梅澤:そうですね。

齋藤貴:3割くらいがクラブツーリズムというところに来ていますし、イビサ島もビーチリゾートですけれども、ビーチでは食事をするくらいで、あまりお金を使うということはないわけですよね。そこでなかなかお金を消費してもらえないというところで、夜のエンターテインメントというものを打ち出して、すごく高単価でのビジネスをそこで作っていたりします。

観光資源として夜を使うというのは当たり前の話で、そこから先に、「みんなどこで競争力をつけるのか」というフェーズでしのぎを削ってるのが、今の状況だと思いますね。

梅澤:ベルリンだと、有名な「ベルグハイン」というクラブが文化施設として認定されて。ヨーロッパの場合は付加価値税がありますよね。ベルリンは通常19パーセントのところが、文化施設と認定されたから7パーセントに減税になりました。そういったことを、市の政府が先頭を切ってやっているというケースもあります。

齋藤貴:そうですね。OECDの2016年の調査ですけれども、外国人観光客の消費の割合はだいたい、飲食と宿泊と移動、これが20パーセントずつなんです。だいたいどこの国でもそんな感じで、娯楽、エンターテインメントに対して費やしているお金が、観光先進国と言われているアメリカやフランスで10パーセントとか8パーセントくらいなんですけれども、日本で見ると、1.1パーセントなんですよね。

少ないんですけれども、逆に言うと、観光文脈で見るとそこは一番伸びしろがあるのかなと。官公庁も今、ポスト爆買いでの「コト消費」とか、ちょっと今さら感はありますけど、そういうことを検討しています。そういう意味でもナイトエンターテインメントと夜間観光というのは熱いのかなという感じがします。

日本には夜に行けるエンタメが足りない

軍地彩弓氏(以下、軍地):今、夜に行けるエンタメがないですよね。ニューヨークの場合はボックスオフィスへ行けば必ずミュージカルのチケットが買えたりというのがあるんですけど、日本だとたぶん、ロボットレストランとKAWAII MONSTER CAFEに集中しちゃっていて(笑)。もしくは花魁ショーみたいになっちゃって。

いわゆる芝居だったりエンタメ、例えば劇団四季なんかを夜やればおもしろくなると思うし、歌舞伎を夜にやるとか、そういうことだけでも、ずいぶん様子が変わってくると思うんですよね。

だからお酒だけじゃなくて、そういうちゃんとした文化的なエンタメ自体を、けっこう夜12時ぐらいまで見せるということも可能だと思いますし、そういうことをどんどん推進していく。

やはり彼ら、私なんかも海外へ行って夜通し遊びたいわけですよね。限られた時間を東京で費やしていて、「眠るのもったいない!」と思って外に出たはいいけど、何もやることがない。それで、コンビニでお酒を買って飲まれてしまうと、それこそ費やすお金の量も少なくなってしまう。

なので、彼らからどんどんお金を引き出させるためにも、東京版のムーラン・ルージュを作ってもいいだろうし、そういう劇場をもっと作っていけばずいぶん変わるのになと思います。コンテンツはあるのに、それを知らせる手段がなかったり、あとは単純に観光のホームページがすごくお粗末というか。

韓国だと、「オールコリア」というホームページがあるんです。そこで、観光からファッション、交通手段、何から何までワンストップで全部ホームページでシェアできるんですけど、日本はそういうワンストップで見られるようなページがなくて。それもなかなか、みんなトリップアドバイザーとかを見るのかもしれないですけど。

そういうものも変えていかないと、「日本やっぱりつまらなくない?」ということで逃げていってしまうような気がします。

みんなが協力すれば何千億円の夜の市場が作れる

梅澤:ニューヨークはブロードウェイが有名ですけど、ブロードウェイの経済効果ってみなさん、どのくらいあると思います? なんと、ニューヨーク市に対しての経済効果だけで1.4兆円。

軍地:ええ!

梅澤:そうなんですよ。ちなみに、日本のインバウンド観光はこれだけ「盛り上がった」と言っていて、2016年で経済効果が3.5兆円ですから、ブロードウェイ1発で日本のインバウンドの半分稼いでいるという話なんです。

軍地:(笑)。すごいですね。

梅澤:これはもちろん、アメリカ人が落としているお金も含めてですけど、でもその何割かは間違いなく外国人ですから。なので軍地さんが今言われた「劇場が夜ぜんぜん開いてないよね」「歌舞伎も夜やってないよね」ということを、みんなで寄ってたかってやれば、間違いなく何千億の市場は作れるかもしれないという話ですよね。

軍地:やはり日本にも、ブロードウェイはないにしてもいろいろ劇場は点在しているので、それをネットワークしていくこともできると思うし、それはすごくもったいないと思います。あとは、今ある劇場ではなくて、もっとどんどんゲリラ的なイベントもできるような環境になっていくといいですよね。

梅澤:そうですね。ハロウィン1発はすごいんだけど、年に1回しかないですからね。

軍地:そうですね(笑)。ハロウィンもここ数年の話ですので、渋谷区はあそこのスクランブル交差点を解放したから日本の代表となって、世界でもあのビジュアルがすごくシェアされるようになった。日本に逆にハロウィンに遊びに行こうというぐらい、ここ数年で変わったので、ああいう規制を1個外すだけでできちゃうんですよね。

そういうことで「東京はもう夜遊びもおもしろいよ」というイメージを作っていかなければいけないんだと思います。

コンテンツ面では日本も負けてない

梅澤:経済効果で言うと、ハロウィンの経済効果は2年前に、バレンタインデーを越しました。

軍地:ははは(笑)。

梅澤:なので、実はあのイベント1発でそのくらいの破壊力もある。

梅澤:齋藤さん、コンテンツ面ではどんなものがこれからできるといいなと思いますか?

齋藤貴:コンテンツ面はどうしても、風営法改正というとナイトクラブが焦点になってしまうんですけども、世界的なマーケットで言うと、ナイトクラブよりももっとぜんぜんおもしろいものがどんどんできています。

例えば、冒頭に紹介したイビサの「ハート」というエンタメレストラン。エル・ブリとシルク・ドゥ・ソレイユのハイブリットなレストランですけれども、ちょっと思ったのが、エル・ブジはもちろんすごいですけど、日本食でもぜんぜん負けてないというか、クレイジーさだったり、クリエイティブさで言うと、日本食のほうがすごいのかなと。

日本食と、あと日本のショーパフォーマンスのコンセプトはなにかというのは、なにかを新しく作るというよりも、単純にそれを掛け合わせればいいだけの話ですし、場所がないというところも、今再開発でいろいろな場所があるので、仮設で十分いいものが作れると思うんですよね。シルク・ドゥ・ソレイユの劇場なんて、それこそ仮設テント。移動式サーカスみたいな仮設テントなのにあれだけ立派なものが作れるので。

場をいかにクリエイティブに活用するか

齋藤貴:渋谷区でも今いろいろやられているのかなと思うんですけれども、駐車場にするよりもポップアップのお店を作って賑わいを作るとか、それをもう少し広げていくと、なんて言うんですかね……。

例えばシンガポールだったら、シンガポールもある時点からIRを誘致して作って、観光型、体験型の格好を作っていきましたけれども、日本より歴史がぜんぜんないなかであれだけの観光産業を作り上げているわけですから。もともといろいろなコンテンツがある、食もエンターテインメントもある日本が、今ようやく同じベクトルを向いているところなので、そうすると、意外にハードルはそんなにないのかなというのは思うところですね。

梅澤:場をいろいろクリエイティブに使いましょうという話は間違いなくありますよね。公園とか。

軍地:あと市場ですよね。なんか築地市場がちょうど今、すごく話題になっていますけど、さっき言ったメルボルンの話にまた戻っちゃうんですが、あそこはもともと昼間はクイーン・ヴィクトリア・マーケットというすごく有名な、本当に大きいただの市場なんですね。

魚屋さんもあるし花屋さんもあるし、お肉屋さんもあるし、全部あるような市場を、夜その市場の人たちが引いたあとにフードトラックが入って、お洋服を置くフリマが入って、ぶわーって週に1回やっているんですよ。週末にそれができちゃうんですよね。

確かに市場って昼間で終わってしまうので、そのあとを有効活用するとか、築地だと食もあるし、そこに私たちがエンタメを持っていくだけでずいぶん活性化した1つのナイトマーケットができる。

梅澤:築地、確かにね。早朝に見に行く外国人の観光客がすごく多いから、そこに接続する時間帯にうまくやると、たぶんものすごく賑わいますよね。

軍地:すごく大変そうですけど、「発想の転換でそういうこともできますよ」とか。要は、ただ単にエンタメだけではなくて、これからは複合的なエンタメを作っていったほうがいいと思うんですよね。子どもも行けるし、大人も楽しめるようなことをやって、しかもお金が落とされるような仕掛けをたくさん作っていかなければいけないのかなと思います。