羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法

Yoshiharu Habu - Take small risks & pay attention to coincidence #1/2

将棋における考え方の基本である「三手の読み」を元に、有名棋士の羽生善治氏が棋士の思考プロセスを解説。それを日常生活でどのように活かしていけば良いのかについて、氏の見解を述べた。TEDxTokyoより。

「三手の読み」とは?

羽生:おはようございます。今日はTEDxTokyoの方にお招き頂きましてありがとうございました。只今紹介頂きました、将棋の棋士の羽生善治です。私はですね、普段はほとんど黙って考えているという時間が長いんで、こうやってちょっと話するのがあまり得意ではないんですけども、せっかくこういった機会を頂きましたので自分なりに一生懸命やりたいという風に思います。

今日はですね、棋士というのがどんな風なプロセスで思考しているのかということについて、話をしていきたいと思います。

一番その基本になるのが「読み」というものなんですね。「読み」というのは展開を予想するとか、シミュレーションをする、先を読むということです。その一番最初のなんていうんでしょうかね、基本中の基本というのはですね、「三手の読み」というものなんです。

今、駒が三つ出てますけども、 駒が一個動いて相手がそれに対してこう反応してまたそれに対して自分はこうするという、「三手の読み」ということですね。

陥りやすい、読みの"死角"

これは別に将棋に限らずですね、みなさん方の日常の中でも結構そういうことですね、たくさんしているんではないかなという風に思います。通常の場合はですね、その一つの選択肢だけを考えるのではなくて、二つ以上の選択肢を考えて比較をして判断をするということになります。

例えばみなさん方が今日TEDxTokyoに参加をされていますが、一つ目の選択、TEDxTokyoに参加をする。二点目、なんかいろんな人の話を聴いて刺激を受ける。で、三番目それをまた自分自身のアイディアとか発想、これからの生活に役に立てる。というのが一つ目。

例えばTEDxTokyoに参加をしないという選択肢もありますね。参加をしないで今までとあまり変わらないで何かにつまってしまう。

この2つを比較して、じゃあTEDxTokyoに参加した方が楽しそうだから行こうという風なことを、無意識であれ、別にその事をいちいち紙に書いて考えてということではないと思うんですけれども、判断というのはしていると思うんです。

三手先を読めばいいんだから簡単ではないか、という話ではあるのですけれども、これがですね、意外なところに死角があるという風に思っています。

それがですね、二点目のところなんですね。つまり自分がこうする、自分がこうしたいというところは自分の意思で決まるわけですけれども、当然その相手とかあるいはいろんな物事の対象というものがあるので、それを予想しなくてはいけないということがあります。

例えばですけれども、あるビジネスの交渉の場面で値下げをして何か物を売りたいという場面があったとします。このときの「三手の読み」というのは、一点目値引きをする、二点目相手が喜ぶ、三番目商談が成立をする。

これがその三つのステップということなんですけれども、この相手が喜ぶというのはですね、もしかしたら相手の立場に立って自分の価値観で判断をしているという可能性があるわけです。

相手の人は値引きをするよりも品質の保証とか継続性とか、あるいは今までの付き合いとかそういうことを重視するのかもしれません。ですから、相手の立場に立って相手の価値観で判断をしないと正確な「三手の読み」というわけにはいかないわけなんです。

この2点目のところで誤ってしまうと、その後何十手あるいは何百手読んだとしても、「勝手読み」といってあまり読みとしては意味がないということになります。

ロジックだけでも、感覚だけでもダメ

実際たくさん読んでいくというのは、木の幹と枝に分かれていくようなものなんですけれども、当然ながらこれがですね、指数関数的にものすごい数になってしまいますので、なかなかそれだけでは結論が出せないということがあります。

その時に使うのが、鳥瞰をするあるいは俯瞰をするという方法なんです。空を飛んでいる鳥がですね、地面を眺めるようにだいたいこの辺なんじゃないかな、この辺に来ているんじゃないかなというような、大ざっぱな感覚的なとらえ方ですね。

これはたとえば過去から遡って今までを振り返ってどうかという風にみる方法もあります。今までこういう経路でたどってきてここに来ているから、これからどっちに進もうというのもありますし、その一つの状況とか場面を見て、これから先こういう方向性に行けばいいだろうとかこういう方針でいけばいいだろうとか、戦略で行けばいいだろうというようなことがわかると、無駄なことをしなくてすむ、考えなくてすむということがあります。

例えばですけれども、この会場に来るためには、地図を広げて渋谷近辺にあるだろうということがわかればですね、遠回りをしたり寄り道をしたりしなくてすむわけですけれども、それと同じように大ざっぱにつかむというのが鳥瞰する俯瞰するということなんです。

この鳥瞰する俯瞰するという方法は非常に感覚的なものなんで、大変に便利なものなんですけれども、ただそれだけにですね、頼ってしまっても、例えば先ほどの話の例で言うとですね、地図を見て渋谷まで来ることができたと。でもここの会場にたどりつくまでには、最終的には歩くなりエレベータに乗るなりいろいろして、一歩一歩着実なロジックの裏づけがあって、そして最終的に目的地、この会場に着くことができるということだと思います。

ですからもちろん、感覚的なものっていうのは思考のジャンプというのができるので非常に便利なんですけれども、その「三手の読み」の最終的なですね、ロジックの裏づけというのも同じくらい重要なんではないでしょうか。

またそういう感覚的なものというのはですね、結構ほかの危機とかジリ貧とかを回避するという場面においても、非常に役に立つのではないかなという風に思います。

"ジリ貧"とリスク管理

ジリ貧というのはちょっと聞きなれない言葉かもしれませんけれども、例えばですね、時間がかかるけれどもあるいは手数がかかるけれども、望みがない局面、勝ち目がない局面のことをジリ貧っていうんですね。

その鳥瞰する俯瞰する方法を使って、この場面でこの選択肢を選んでしまうとジリ貧に陥ってしまうということが判ればですね、たとえリスクが高くてもほかの選択肢を選ぶということもできるというふうに思うんです。

そういう感覚的なもの、またロジックの積み重ねというのを、車の両輪のようにつなぎ合わせて考えていく、場面場面状況状況に応じてやっていくというほうが、ためらいなくあるいは躊躇なく選択をしていくというためには、非常に重要なんではないかなという風に思っています。

今はですね、本当にたくさんの情報があって、その中から何を選べばいいか分からないということもあると思うんですね。つまりたくさん情報やアイディアがあるんだけれども選べるのはたった一つだけということがあります。

その一つだけしか選べないということはそれだけ後悔しやすいっていうことでもあると思うんですね。その後悔しやすいことを避けるというかですね、これは一般的な傾向であると思うんですけれども、やっぱり自分が選ばなかったものに対しては非常に楽観的になって、まだ起こっていない未来のことに対しては悲観的になるという傾向があると思うんです。

これは危機管理とかリスクを回避するためにはもちろんある程度やっていくっていうことは大事だと思いますが、感情的にではなくて冷静に客観的にみて、過去に自分が選ばなかったことは本当に選ばなかったほうが良かったってことが大分多いですし、先のことは確かに心配ではあるけれども、それが全部起こるというわけではないので、そういう中で、先ほどお話をした論理的な「三手の読み」と、鳥瞰する俯瞰するという方法を使っていくということが、いろんな選択をしていくために役に立つのではないでしょうか。

今日が皆さんにとって充実した日になりますように、これからの幸運を祈ります。どうもありがとうございました。

<続きは近日公開>

Published at

このログの連載記事

1 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?