海外の大学に行きたいなら、中学英語を完ぺきにせよ!
留学経験者が教える、海外生活のための英語力

第21回:映画音楽作曲家の戸田信子さんインタビュー<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」> - YouTube

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、映画音楽作曲家の戸田信子氏をゲストに招き、グローバルに活躍する彼女の英語にまつわるエピソードを披露していただきました。

海外の大学に進むということ

西澤ロイ氏(以下、ロイ):でも、そんなスタートだったにも関わらず、バークリー音楽大学。

上村潤氏(以下、上村):に進まれて、首席で卒業されたと?

戸田信子氏(以下、戸田):ねぇ。どうしたんでしょうね。

上村:どうしたんでしょうねって(笑)。

戸田:そうですねぇ。そんなこともありました(笑)。

上村:これは英語のところはクリアされたというか、何かやっぱりあったんですか?

戸田:はい、やはり海外の音楽大学といいますか、大学に入るのにはTOEFLの試験が必要ですし、それに向けての勉強もしたんですけど、大学に入ってから、もしくは卒業してから英語を勉強することのほうが多かったですね。

やっぱり大学に必要なものは大学に必要なものなんですけど、行ってみるとどれだけ必要なものか。今、実は日本語を勉強しているんですが。

ロイ:へぇ~。

戸田:いわゆる「自分の言葉でしゃべる」っていうのは日本語でも難しいことなので。それを英語に置き換えて話すっていう意味での勉強はまだ続けてますね。

上村:まさにね、生活の中に英語がやっぱりある、ということですよね。

戸田:そうですね。

TOEFLってどんなテスト?

ロイ:でもやっぱりTOEFLとかの勉強と、実際の英語となると、ぜんぜん違いますよね?

戸田:ぜんぜん違いますね。TOEFLはTOEFLのため、大学の一般教養を受けるためでもあるので、生物学とか、そういうところも網羅しなきゃいけない。特別な単語も出てきますし。長文読解も、そういったものが多いですね。

ただ、英会話っていう部分では、そこまで高度な、って言うと変なんですけども、文法が必要とは自分では全く思っていなかったので。

ロイ:けっこう中学英語で大丈夫ですよね?

戸田:はい。もう完全に英語を勉強しようと決めて、1年間、8時間毎日やったんですよ。1年間、8時間毎日やったらなにかできるんじゃないかっていう目標でもあったんですけど。その時にやろうと思ったのは、中学校英語を全部制覇するという。1年間で全部自分のものにできるようになれば、そこから応用かなって思っていたので。1年間そればっかり繰り返してやってましたね。

ロイ:それが良かったと?

戸田:はい、良かったと思います。自分の基本にはなっていると思いますし、そこが欠けてると、基本的な文法だったり単語だったり、使い方なので、やっぱり何か抜けるとちょっと大人が恥ずかしい会話をするみたいな(笑)。そういう文章になっていくのがよくわかるので、やっぱり何か困った時にはそこに戻るってことが多いですね。

ロイ:なるほど。中学英語でしゃべれるんですよ、じゅんじゅん。

上村:ねぇ。そう言われると、すごく勇気が湧いてきますね。あとは、むしろ「行っちゃったほうがいいかな」みたいな。こう、向こうに。

ロイ:あぁ、向こうに。でも……。

上村:僕も商店に行ってコーヒー出てこないとか、「Map」って言っても「エクスキューズミー?」って言われて追い返されるみたいな体験をしてきたほうが、きっといいだろうなと思っちゃう。

ロイ:映画館で映画を見ようと思ったら、ぜんぜん違うのに入っちゃったとか。

戸田:ははは(笑)。

ロイ:聞こえないとか(笑)。

海外に行くまえに、まずは日本で出来る限りのことをやってから

戸田:確かに打ちのめされるのも大事だとは思うんですけど、私は、向こうに行きたいという学生の相談を受けることがあって、そういった学生には、「とりあえず行けばしゃべれる」のではなくて、今は日本語で考えたり情報を得たりするほうが早いので、得られるものと勉強できる時間を作る時間があるのであれば、日本でできる限りのことはやってから行ったほうがいいって勧めてますね。

やはりそのほうが向こうでの生活も楽しくなるし、得られるものも大きいと思いますし、伸びも違うと思うんです。やはり向こうで何をするかにもよるかとは思うんですけども、必ずみんな打ちのめされるし(笑)、死活問題になってくるので。

ボストンに住んでた時に、夜中にいきなりエアコンが外れて。窓についてたエアコンなんですよ。エアコンが「ドン!」ってなくなって。

ロイ&上村:えーっ?(笑)。

戸田:真冬なんですけど。それはクーラーなんですね。冬はクーラーいらないんですけど、窓が開いちゃった状態になっちゃって。その時に、なんて大家さんになんて連絡していいか、英語が出てこない(笑)。真夜中ですし。

そういう死活問題になる(笑)。「凍えて死んでしまうよ!」ってなると、やっぱり必死にどうしゃべったらいいかっていうのも、やっぱりそこで学んでくるんですけど。

そうなった時に……。やっぱり生活が順調にいってる時は普通に話せて、いちばん英語で困る時っていうのは、何かが起きた時ですよね。

ロイ:でも、そういうトラブルを乗り越えられると、自信になりますよね。

戸田:確かになりますね。違う意味でも、人生的にも(笑)。

ロイ&上村:(笑)。

戸田:自分の心臓に毛が生えていくので(笑)、打たれ強くなっていきますね。

上村:ねぇ。ぜひとも打ちのめされたいですね。

ロイ:えっ、M?

戸田:ははは(笑)。

上村:まぁ、悪くない気持ちですね(笑)。

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。 「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HPYouTube公式チャンネルラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)Twitter

Published at

西澤ロイの頑張らない英語

西澤ロイの頑張らない英語に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、西澤ロイの頑張らない英語に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?