ベンチャー企業は大企業を倒せるのか?

川邊健太郎氏(以下、川邊):ヤフーの川邊でございます。今までの登壇者の中で唯一襟付きの服を、ちゃんと着ております。まともです。

(会場笑)

今日はIVSでベンチャー経営者のみなさんに何か話をしてくれ、ということですので、こういったタイトルで話をさせていただきます。「ベンチャー企業は大企業を倒せるのか」。結論から言うと、私は倒せると思います。その話をさせていただきます。「川邊健太郎なんだから、自己紹介なんて必要ないだろう」と思ってたんですけれども。

(会場笑)

IVSの小野さんに事前に資料を見せたところ、「川邊さん、若い経営者がけっこう来るので、自己紹介とかしてくれませんかね?」と、婉曲に知られてないということを教えていただきましたので、一応自己紹介をさせていただきます。

インターネット黎明期の1995年、大学3年生だったんですけれども、「電脳隊」というインターネットベンチャーを創業いたしました。主にモバイルインターネットのソリューションを展開していました。そして、iモードによって、1999年にモバイルインターネットの大爆発がおきたんですね。

「これはサービスが必要になるだろう」ということで、当時渋谷にあったビットバレー系の企業4社とジョイントベンチャーで、ピー・アイ・エムという会社を作りました。懐かしい人たち、いっぱいいますね。WiLの松本(真尚)さんですとか、enishの安徳(孝平)さんですとか。あるいはこの間、LinkedInの日本代表になった村上(臣)ですとか。いろんな人が一緒にベンチャーをやっていました。

伸び盛りのベンチャー4社でジョイントベンチャーをやるとどういうことになるか、みなさんわかりますか? みんなまったくコミットしません。

(会場笑)

困ってしまいました。そこで、電脳隊とピー・アイ・エムを2000年の4月に合併させました。そしてその上で、2000年の8月にその会社がヤフー・ジャパンと合併いたしました。ちなみに、ヤフーはこれが最後の合併でした。

以来17年、ヤフーで働いております。途中でUSENから、大赤字の事業であるGyaOを買い取りました。なぜかこの企業の社長になって、年間ウン十億円の赤字を、いろいろやってターンアラウンドさせました。疲れました、非常に。

疲れているときに、今度は孫さんから言い渡されまして、2012年に「そろそろYahoo! JAPANはPCからスマートフォンに移行しなきゃいけないから、体制全取っ換えするから、お前今から戻って副社長やれ」と言われまして、以降はヤフーで働いています。

リソースを集中特化する

みなさん一度はYahoo! JAPANお使いいただいたことがあると思います。こういった数字を持っている、超大企業だと思います。

どれぐらい大企業かというと、日経ビジネスの今月号で特集されるぐらい、大企業ということです。

(会場笑)

その大企業のCOOの観点から、ベンチャー企業の強さと、それを活かした大企業の倒し方、つまり、他社にやられて嫌だったことを、これから話をしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

(会場拍手)

3つ、倒し方を話します。共通しているキーワードは、非対称性です。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。