「ブサイクが1人も出てこない、排他的な美しかない世界」
君は『少女革命ウテナ』を知っているか

第77回『それは少女の夢を切り裂いた処女喪失の物語!?〜君は、少女革命ウテナというアニメを知っているかね?【完結編】』 1/2 #1/6

ニコニコ生放送の人気番組「山田玲司のヤングサンデー」。今回は9月2日放送の「第77回『それは少女の夢を切り裂いた処女喪失の物語!?〜君は、少女革命ウテナというアニメを知っているかね?【完結編】』 1/2」の内容を書き起こしでお届けします。

今日は『少女革命ウテナ』がテーマ

山田玲司氏(以下、山田):どうもどうも、こんにちはー。

乙君氏(以下、乙君):(ニコ生のコメントで)「お前だって本当に諦めたわけじゃないんだろ?」。

山田:あ、bot読んでる。

乙君:「ほら、聞こえないか? 君の魂が本当に諦めていなければ世界の果てを駆け巡るこの音が聞こえるはずだ」つってね。

久世孝臣氏(以下、久世):なぜ全部(『機動戦士ガンダム』の)シャアなんでしょうね?

一同:(笑)。

山田:あれ~?

乙君:「黙れ、奥野」というのがもうすでに出てますので黙りますか。

山田:いやいやいや。今日は気をつけないと、信者さんが。失礼のないように。

乙君:なんかタイミングがすごいですよね。ウテナ(『少女革命ウテナ』)20周年で、実は俺らぜんぜん考えてなくて。

久世孝臣氏(以下、久世):そう。考えろって話だけど考えてなくて。そういうのも知らず。

乙君:そしたら、さいとうちほ(注:ウテナの原案の漫画家)さんでしたっけ。ウテナの新作みたいな。

山田:そうですよ! そこにありますけどね。

乙君:こちら! 『少女革命ウテナ』の。もう発売。

山田:我らがイクニ(注:幾原邦彦氏。ウテナのアニメ監督)としゃべってます。対談してます。イクニ見てる~? 会ったことないけど(笑)。

乙君:それはヤンサンオフィシャルな呼称ですか?

山田:あ、違います。ファンの方はみんなイクニって呼んでるんだって。

乙君:あ、そうなんだ! 知らなかった。

山田:俺勝手に「クニがさ~」とか言ってたけど、違いました。すみませんでした。イクニが正解です。すみませんでしたー。

乙君:勝手にタイアップおもしろい(笑)。

山田:クニもね、がんばったよね。

久世:クニはがんばった。

前回は久世のスピンオフ回でした

乙君:今日はもうウテナ、ウテナ、ウテナという感じなんですけども、本編に行く前にちょっと、昨日久世さんが大活躍だったそうで。俺はウテナ見すぎて見れなかったんですけど、どうですか? 2弾目のスピンオフはどうでした?

久世:まぁ楽しかったですよ。ははは(笑)。

乙君:なに笑とんねん(笑)。

久世:2時間でワインを2本空けちゃいましたね。けっこう飲みましたね。またやっていきましょう。よろしくお願いします。

乙君:なにそれ(笑)。

山田:なにそれ、どうしたの?(笑)。

乙君:ちょっと小耳に挟んだんですけど、隣の方がちょっと嫉妬してらっしゃるとか、してないとか?

久世:そんなことないでしょ!? 嫉妬するとこないでしょ?

山田:だから、お前ら言ったじゃん。「久世もおもしろいね」って。ね? 「玲司よりおもしろい」じゃなくて。俺も見てるんだから(笑)。

乙君:まぁまぁ傷ついたの?

久世:あの人すごいから。ディスが。

山田:久世いじられてたんだよ。そういう番組になるからね。

久世:そう。いじられまくったから。

乙君:へ~。「3杯目期待です」って。

山田:3回くらいこいつがヘコんでる。

乙君:もう決まってんの!? 3杯目! 早っ!(笑)。

久世:3杯目、一応やろうかなと。

山田:「玲司おもしろい」って言ってくれてありがとう。本当にありがとう。

『笑点』の小遊三とまさかの銭湯

久世:昨日ね、スピンオフやる前にお風呂入りに行ったんですよ。銭湯に行ったんですけど。

山田:彼氏と?

久世:いやいや、1人で。そしたらなんと『笑点』でお馴染みの(三遊亭)小遊三師匠がお湯に入ってらっしゃいまして。小遊三師匠とお風呂に入ったあとに生放送をやるっていう。

山田:(乙君に向かって)「なんで今言うねん」っていう顔すんな(笑)。

乙君:いやいや、すげぇと思って。三遊亭でしょ?

久世:そう、三遊亭。ちょっとテンション上がった。僕だけなんじゃないですかね。小遊三さんとお風呂入ったあとにこの放送をやったのは。

乙君:でも風呂で小遊三さんってわかるの? ただのおっさんやん。

久世:俺わかんなくて、小遊三さんに似てんなと思ってたんだけどその銭湯の常連のおっさんみたいなのが「あ!? あ! チャンチャチャチャチャチャチャ(笑点のテーマソング)」って言ってたから。あ、小遊三さんだったんだ! やっぱりって。

一同:(笑)。

山田:それはわかりやすいね(笑)。

乙君:すげぇ勇気だね(笑)。

久世:そしたら小遊三さんが「ははは……」ってしてた(笑)。

乙君:苦笑いしてたの(笑)。

久世:苦笑いしてた。おもしろかったなぁ。

乙君:へ~おもしれぇ。

久世:以上でございます。

先週は『相棒』の話で盛り上がりました

山田:そういえばお前先週、『相棒』でずいぶん最後盛り上がって。無料部分の方はご存知ないかもしれませんけど。先週の放送で鈴木さんが来てたじゃない? ずっと漫画家の話して、漫画家の話でずっといくかなと思ったら最後お前が全部相棒の話で持ってた。

乙君:いや~最高でしたねぇ! 初めてですよ!

山田:付き合うの?

乙君:付き合わないよ(笑)。そういうのはゆっくりやっていかないと。

山田:これから詰めてくの?

乙君:相棒だけ相性良くても。

山田:お前の相棒になるんじゃなかったの?

乙君:俺の相棒は世界中の港にいるので。

久世:うわぁ~マジかぁ~。

山田:はい、ありがとうございまーす。

乙君:「聞こえないか? この音が」。

山田:何言ってんの?(笑)。

久世:聞こえねぇ(笑)。

山田:ちょいちょい(鳳)暁生(ウテナの登場人物)さんになる。

乙君:暁生じゃないよ。(桐生)冬芽だよ。

山田:冬芽やりたいの?

乙君:冬芽いいですよね!

『ウテナ』を見てない人にもおもしろい放送を

山田:冬芽の扱い問題については、ちょっと後半に(笑)。冬芽はどうすんだっていう。でも冬芽に悪かったんだろうね。映画版を見ると。冬芽に申し訳ないという思いがあの映画につながっていったんだろうなと。

今回は一応無料部分でテレビ版の答えに決着をつけるというかたち、まあそこまでいけばというかたちで。あと後半に問題作劇場版、あれは一体なんだったのか(笑)。劇場版は一体なんだったのかって話を。

乙君:確かに。だいぶ置いてけぼりにされましたよ。俺は。

山田:そうですね。大丈夫です。

乙君:お2人はだいぶウテナ酔いがキマちゃったんでしょ?

久世:映画はぜんぜん違うものとして拝見いたしました(笑)。僕はそういうふうに見ました。一応つながりもありましたけど、一旦リセットしてちゃんと見ました。

乙君:(しみちゃんを指して)1話も見てないということで。

一同:(笑)。

しみちゃん:丸腰でやってまいりました。

乙君:これ今日大丈夫かなと思って。

山田:そこを大事にしようと思って。知らない人もおもしろい放送にするためにがんばる。見てない人もおもしろいなという感じにしないとダメでしょ?

乙君:そしてなんと今日素晴らしいゲストが、なんと3名も!

山田:そう、やばいよ。今日は。

乙君:呼んじゃいまして。我々のざっくりしたあれを補完してもらうつもりなんですが。1人はアニメ探偵なんですけど。今必死で向かっているそうです(笑)。

山田:アニメ探偵です。

乙君:必死で向かってますので少しお待ちください。ということで、もういっちゃいますか?

今日のゲストはアニメ探偵フジイ

山田:あー、大事なこと言うの忘れてた。気がついちゃいました。

乙君:なに?

山田:発表しなきゃいけないことがありました。

乙君:なんでしょう?

山田:白馬の王子って何かっていう話があるんですけど、それの正体がわかりました。

乙君:わかりました!?

久世:突き止めました!?

乙君:一生懸命探しました?

山田:この番組で発表します。

久世:今日来てます?

乙君:今日来てる? 来てない?

山田:今日は来るかなぁ? どうなんでしょうねぇ。

久世:(笑)。

乙君:今アニメ探偵が白馬で……こう(笑)。

山田:いやいや、いやいや。そういうこともちゃんと準備してきました。今日は。

久世:すごいなぁ。

乙君:それはちょっと今日はねぇ。

久世:あの作品に関する疑問に対して全部答えを用意してきたって言ってましたもんね。

山田:「玲司かな」って、いや、俺じゃないです。最後に「俺です!」とか言ったら相当痛いやつだな。本格的にノイローゼなっちゃう。だいぶそういう感じですけど。

一同:(笑)。

山田:「フジイ王子」の可能性はないです。すみません(笑)。

乙君:フジイは車でここ(シャツの前)をブワーって開けっ放しにして向かってるそうですよ。

山田:あ、見ました? クレイジードライブ編?

乙君:あれはやばい。あれはテンション上がりましたね。おもしろすぎて! やっぱり。

山田:そうだろ?

乙君:あ、もう始まってる? これ、もしかして。

山田:始めますか? 

乙君:じゃあいきますか。

山田:ようし! 頼むぞ!

それでは、ようやく始めます

乙君:君は『少女革命ウテナ』というアニメを知っているかね? 完結編。

一同:いえーい! (拍手)

乙君:「潔く~かっこよく~(テーマソング)」。

山田・久世:(笑)。

久世:お前お茶目だなぁ。

山田:なにかにつけて「絶対!」って言いたくなんない?

一同:「絶対、運命、黙示録~」。

山田:言いたくなるよな。あれな。

久世:言いたくなる。

山田:だんだんそっちのほうが正しいんじゃないかって思ってくる。

乙君:そうそう。あのアニメを見続けると、あの世界にいない俺のなんか……。

久世:さみしくなってくるんだよね。

山田:つーか、あれねドラッグだからね。

乙君:あ~。

「ウテナ酔い」とはどのような現象か

山田:トランスだし。繰り返し、繰り返し、繰り返しやってるうちにだんだん、だんだん突っ込んでる自分のほうがおかしいんじゃねぇかって。そのうち「俺も世界の果てへ連れてってくれ」って(笑)。「イクニよ、俺もそっちに行きてぇ」みたいになってくるというのが、それがウテナ酔いですわ。いわゆる。

乙君:仕掛けって言えばいいのか、ああいうの何て言えばいいのかわかんないですけど、前回も言ってましたけど象徴的なものがメタファーというかモチーフというかあれが多すぎて処理できないんですよ。こっちは。

だからあれを中学生とか小学生のときとかに見てた、とくに女子はどういうふうにこれを見てたのかなぁ。

山田:そこがね、幾原チューニングうまいところでね。

乙君:うまいんだ。

山田:ちゃんと女の子が好きなものを全部揃えてるんだよ。女の子は、前も言ったけど、宝塚の男役になりたいっていう気分があるわけ。女の子の中にも王子になりたいという。

乙君:はいはい、それはまあわかります。

山田:あれを完璧に果たしつつ、レズビアンにしないっていう。そこでしっかりと少女ものにしてるんだよ。そこにイケメンいっぱい出てくるじゃん。ブサイク1人も出てこないからね。非常に排他的な美しかない世界というか。そこに錦織(博)監督が牛にしたりとかするんだよ(笑)。

乙君:本当、(桐生)七実のスピンオフかっていうような本編とまったく関係ない話が突然始まって。シュールすぎて。

山田:一発目にリンゴを次のカットでウサギの形で剥いちゃってるっていう、錦織さんがやったせいでありになったっていう流れから全部いってるんだよ。最後の暴走までいくんだから。あれしれっと出てくれたけどすごいことやってるの。あの人、実は革命家だよ。

乙君:監督見てますか~?

山田:革命家だったんだと思って。ヤンサンファミリーに革命家がいたんだなと思って。チェさんって呼ぼうか、これから(笑)。

乙君:チェ!?

山田:チェ・錦織(笑)。

乙君:めっちゃかっこいいじゃん(笑)。

山田:本当そんな感じ。実はああ見えて革命家だったっていうね。

乙君:なるほどね。あんな優しそうな顔して。

Published at

山田玲司のヤングサンデー

山田玲司のヤングサンデーに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、山田玲司のヤングサンデーに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?