渋谷に「100BANCH」がオープン

松井創氏(以下、松井):みなさん、こんにちは。ロフトワークの松井です。

則武里恵氏(以下、則武):こんにちは。パナソニックの則武と申します。

松井:これから100BANCHの紹介をしたいと思います。

則武:実は今日、朝起きてびっくりしたことがありました。松井さんはロフトワークのプロジェクトリーダー、私はパナソニックのプロジェクトリーダーでやらせてもらったんですけど、今日が松井さんとFacebookでお友達になって1周年の記念日でした(笑)。

松井:(笑)。

則武:改めてこのプロジェクトを本当にこの1年怒涛のように進めてきて、「まだ1年なんだ」という気持ちと、「まだ3ヶ月なんだ」という気持ちと、いろいろな思いが蘇ってきて、そんな日にこのイベントできるのを非常にうれしいです。

これが100BANCH。今日みなさんがお入りになったときは、ちょっとエントランスのところの雰囲気がまた違う感じになってたと思うんですけれども。開業した時はこのような風貌で、2階と3階に私たちの活動を展開するかたちでスタートしました。

100BANCHとはどんな場所か

則武:「未来をつくる実験区、東京渋谷100BANCH」ということで、改めてどういう施設なのかということをご紹介します。

次の100年を豊かにする100のプロジェクトが集う場所ということで、「短期集中・同時多発。野心的な若者の活動とともに一緒に未来を創造していく、いまだかつてない実験区」を目標にして立ち上げています。

この「100BANCH」というネーミングについて少しご説明したいんですけれども。これは「次の100年」という意味の100もありますし、「たくさんのプロジェクト」という意味の100。よく「hundreds of」とか、そういう表現を英語でもすると思うんですけど、その100という意味です。

そしてこの「BANCH」には、何番地という場所という意味もありますけれども、bunchで英語で「束」という意味がありまして。

たくさんの若い人たちのエネルギーとか、渋谷に集まる多様な人たちのエネルギーを束にして未来につなげていく思いを込めたネーミングとなっております。

パナソニック100周年が契機だった

則武:100BANCHの1階はもうすぐオープンをいたしますカフェ。2階が若者の野心的な活動を推進するプロジェクトスペース。3階がこのフロア、未来創造のためのコラボレーションスペースとなっています。

こちらのプロジェクトは、私たちパナソニック、来年創業100周年を迎えるエレクトロニクスカンパニーであるパナソニックと、1階でカフェをされるカフェ・カンパニーさん。

こちらはカフェ文化と都市のライフスタイル・コミュニティ創出のパイオニアでいらっしゃいます。あとロフトワークさん。オープンコラボレーションを得意とされているクリエイティブエージェンシー。

このぜんぜん違う強みを持っている3社の共同プロジェクトとして推進しています。3社で次の100年につながるコトづくりを行っていこうという取組みです。

発端は、パナソニックが来年2018年に創業100周年を迎えるというところの、100周年プロジェクトの一環として検討を進めてきました。これはまだロフトワークさんと出会うというか、このプロジェクトがスタートする前の話なんですが。

私たちは次の100年どういう会社になっていきたいのか? パナソニックの内部の言葉だと思うんですけど、「お役立ち」という言葉がありまして、やっぱり社会にどうやってお役に立っていくのかを考えていくよい機会なんじゃないかなということを思いました。

次の100年、お役に立つということを真剣に考えたときに、自分たちだけでやるということは考えるだけでもけっこう限界があるなと。

次の時代を作っていく世代の人たちと一緒にそのお役立ちについて考えて挑戦できるような場や取組みをやってみたいなというところが検討のスタートでした。

パナに息づく松下幸之助のマインド

則武:「なぜ若者なのか?」というところなんですけど、今となってはすごく大きな会社となって、いわゆる大企業というイメージで見られるパナソニックだと思うんですけれども、もともとは松下幸之助が23歳で起業した会社です。

ソケットの設計図がありまして、「このソケットを作って売ったらめっちゃ儲かるんちゃうか」とたぶん思ったんだろうと。その設計図を片手に、前の会社を辞めてしまって、「これで独立するんだ!」という感じで起業したと聞いています。

そんな無謀な挑戦だった。たぶん当時の人にとってもけっこう無謀な挑戦に映ったんじゃないかなと思うんですけれども、奥さんは質屋通いをして幸之助さんを支えたりとか、そういう起業の仕方をしたベンチャー企業だったというところをまず私たちも今思い出して、もう一度その挑戦者魂みたいのを持つことが大事なんじゃないかなと思っています。

250年計画というのがパナソニックの中にありまして。それは25年というのが1代の人が、1人の人が活躍できる期間が25年ぐらいだとしたら、それを10代繰り返して、250年かけて世の中をよりよくする、壮大な目標であり思想と思うんですけれども、それぐらい長期のスパンで幸之助さんは未来のことを考えていた。

だとしたら、私たちもこの100周年という機に100年度の未来のことまで展望してなにかプロジェクトを進められたらいいんじゃないかなということで、長期の視点で若者たちとともに豊かな未来を作るところにコンセプトを置いています。

ヤングリーダーを支援する「GARAGE Program」

則武:若い人たちとともに一緒に挑戦していこうと作ったのが「GARAGE Program」です。幸之助さんが23歳で起業していますので、そこから100年かけてこの今の社会を作り出してきたとするのであれば、100年後に当たり前になっているような次の時代というのも、23歳とかそのぐらいの年代の人たちが作っていくんじゃないかなと思います。

私たちはそういう人たちを応援できる企業でありたいし、そういう人たちと一緒に未来をつくっていける活動になるといいなということで立ち上げているプログラムです。

松井:ここから私、ロフトワークの松井がそのプログラム、GARAGE Programの具体を紹介したいと思います。

GARAGE Programは、35歳未満のヤングリーダーにフォーカスを当てて、彼らの野心的な創造活動を支援してくプロジェクトです。

このプロジェクトの活動内容には、もちろんビジネスでもいいですし、例えばアートを作りたいとか、なにか特定の研究をしてみたいでもいい。

もちろん、ものづくりでなにか起業してみたいのも含めて、自分が本当にやりたい活動というのを提案してもらう。その提案がおもしろいと思えば、ここの場に集まってもらって実行してもらおうというようなプログラムです。