鳥肌は英語で「chicken skin」ではありません

第15回:『ずるいえいご』(青木ゆか著)について<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」> - YouTube

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、英語勉強本の1つ『ずるい英語』について語ります。

「鳥肌」は英語でなんていう?

西澤ロイ氏(以下、ロイ):I got goosebumps reading a news article. 西澤ロイの「頑張らない英語」。

上村潤 氏(以下、上村):このコーナーは納得!! 英語カウンセラー、西澤ロイが英語に関する疑問、質問にお答えしたり、英語に関するさまざまな話題を取り上げるコーナーです。ロイさん、おはようございます。

ロイ:おはようございます。

上村:今日は若干の曇り空ではありますが、楽しくやっていきたいと思います。

ロイ:はい。

上村:最初の英語......微妙に聞き取れなかったんですけど(笑)。あれは?

ロイ:(笑)もう1回言いますと。「I got goosebumps reading a news article. 」

上村:はい。

ロイ:「ニュース記事を読んでいて鳥肌立ちました」って言ったんですよ。

上村:ああ、「鳥肌」がわからなかったんですね。きっと。

ロイ:「鳥肌」chicken skinとか言わないですよ。英語では。

上村:ほう。

ロイ:「goosebumps」って言うんですよ。

上村:へぇ。僕は直訳してchicken skinとか言いそうですけどね(笑)

ロイ:(笑)

上村:はい、どんなニュースの記事なんですか?

ロイ:僕、メルマガを書いていて、おもしろいニュースを読んでいくっていう、それで楽しく英語を続けようっていうメルマガを出しているんですけども、そこで、イギリスのニュースなんですけど。

上村:はい。

ロイ:高校で出会って社会人になって結婚した新婚カップルがいて、で、その2人が、その男性のほうが自分の子供の時の6歳の時の写真を奥さんに見せたんですよ。

上村:はい。

ロイ:その中の写真の1枚を見せたときに、それはビーチで砂遊びしてた写真なんですけど、そうしたら奥さんが「私が写ってる!」って言って。

上村:ええっ!

ロイ:横に5歳の時の、その奥さんが写ってて、2人が出会う11年前に同じ写真に写ってたという。

上村:えっ、それ何の映画ですか? 何のドラマですかっていう感じですけど(笑)

ロイ:そう、すごい話ですよね。

上村:はぁー! 今、鳥肌立ちました(笑)

ロイ:(笑)そうそう、立ちますよね。これが「goosebumps」。

上村:へぇー、いやー、今あまりの驚きにマイクの音量を気にせずに「はぁー!」って言っちゃったんですけど、ちょっとディレクター泣かせなことをしてしまいましたね(笑)

ロイ:(笑)

上村:いやぁ、そんなことがあるんですね。

ロイ:すごいですよね。

上村:何でしたっけ、事実は小説より奇なりと言いますか。確かに、昔聞いたんですけど、ある双子の兄弟がいて、普通に結婚をして、双子の兄弟に会いに行ったら、嫁さんも双子で、同じ双子同士の結婚をしてたっていう話は聞いたことがありますけどね。

ロイ:それもおもしろいですね。

上村:これは鳥肌立たなかったですね。ちょっとニュースが古かったかなって感じです(笑)。

ロイ:(笑)。

宿題として出された『ずるい英語』

上村:先日、僕、ロイさんの世界一聞きたい英会話の授業ね、受けたわけなんですけど。

ロイ:そう、その後どうですか?

上村:その後なんですけど、日々、生活を繰り返していくうちに、あんまり、英語こう触れていないなっていう、気付きを感じて、思った以上に日本語の率が高いんですよね。周りもそうですし、会話の中に英語が出てくることっていうのもないですし、何か、日々、新しいことがあまりない、ルーチンワークな日々を送っていると。

やっぱり、英語に触れる機会が少なくて。こりゃ、いかんなと。一応、映画を見たりとか、本を読んだりはするんですけど、全部受け身になっちゃってるのをすごく感じるんですよね。

ロイ:なるほど、なるほど。

上村:本当、口に出してないなっていうのを、口に出さないと本当に出てこない。「あ、あ、あ」みたいな感じになっちゃって、「あ、あ、んー....sorry」みたいな感じになっちゃうんですよね。

ロイ:そう、だから、そんなこともあろうかと宿題でちょっと本を。

上村:そうなんです。前回ね、こちらロイさんにぜひ読んでくださいと渡された、こちらの書籍がありまして、日本経済新聞出版社より絶賛発売中。

ロイ:この間出たばかりで。

上村:こちら、青木ゆかさんと、ほしのゆみさんが著書の『ずるい英語』という本なんですけど、これも、まあおもしろかったですね。

ロイ:いや、この本が今売れててですね。発売初日に増刷がかかり。

上村:ええーっ!

ロイ:で、発売一週間で2万部突破っていうのを聞いて。

上村:うわー。

ロイ:ずるいというか、羨ましいみたいな(笑)。

上村:でも、このキャッチコピーって、すごく、ずるいですよね(笑)。

ロイ:(笑)

上村:目を引きますもんね。「えっ? ずるい英語って何?」ってなりますよね。「ずるい」って言うと、あまり印象がいい言葉ではないじゃないですか。でも、そのインパクトのおかげで、すごく手に取りやすいというか。その背表紙に、「スーパーサラダとは何でしょう?」って書いてあるんですけど、ぜひ、買った人は中に答えが載ってますので見ていただきたいと思いますけど。

本当に、ほしのゆみさんっていう漫画家の方と、青木ゆかさんという方が共同で作られた本だそうなんですが、この、ほしのゆみさんの考え方っていうんですか。境遇っていうのが僕とそっくりで。

ロイ:あっ、本当ですか?

上村:共感しまくりでございました。

青木ゆか氏は女芸人!?

上村:中をちょっと抜粋したいと思うんですけど、「学校の授業から、長い間まじめに英語を勉強したのに、いつまで経っても話せない。辞書がないと会話ができないと思っている。『○○って英語でなんて言うんですか?』と、つい聞いてしまう」これ、全部当てはまっているんですよね。

ロイ:そうなんですよね。

上村:そんな、ほしのゆみさんが、青木ゆかさんと、こうページを追っていくにつれて、段々と「ずるい英語」を身に着けていくっていうのが、止まらないんですよね、読んでる手が。漫画世代なので親和性も高くて、非常におもしろい本でした。ほしのゆみさんに僕は共感したんですが、ロイさんは、なんでも、青木ゆかさんと面識があるという。

ロイ:はい、お友達ですね。

上村:どういった方なんですか?

ロイ:ゆかさんは、すごくおもしろい人で、彼女の英語講座に出るとコントとかやり出すんですよ。だから、僕の中では、女芸人みたいな感じなんですけどね。

上村:そんな砕けた方なんですね。

ロイ:かなりおもしろいですよ。英語のネタはいっぱい持っているので。

上村:そうなんですよ。青木ゆかさんの英語ネタがページの合間合間に挟まれてて、すごく読みやすくもなってますし、エピソードなんかは、ロイさんも共感する部分も、共感というか、「あぁ、あったあった」みたいなことありそうですよね。

ロイ:いやいや、もう「スーパーサラダ」なんて、もう本当、まあ誰もが通る道みたいなところがありますからね。

上村:ああ、そうなんですね。これがね、実際に海外に行ったことのない人間との違いだと思いますね。

ロイ:いや、でも「スーパーサラダ」って言われたら、「えっ?どんなの?」って気になるじゃないですか。

上村:「スーパーサラダ」って言われたら、「Yes! Please.」みたいな感じになっちゃいますけど。

ロイ:そう、なっちゃいますよね。

上村:でも、「スーパーサラダ」ってもう一回聞かれるんですよね、きっと。「えっ、Yesって言ったのに、Pleaseって言ったのに、何を聞き返しているの?」みたいな感じになりますけどね。ぜひそれが気になる方はね、この本を手に取って見ていただきたいと思います。

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。 「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HPYouTube公式チャンネルラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)Twitter

Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?