「自分は初心者だから…」という思い込みが苦手意識を加速させる
英語が話せるようになるための心構えを説く

第14回:2時間で話せるようになる「世界一聞きたい英会話の授業」へのご感想<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」> - YouTube

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、西澤ロイ氏が手がける2時間で英語が話せるようになる講座の秘密を語ります。

しゃべれないという思い込みが、英語をしゃべれなくする

上村潤(以下、上村):さあ、そしてここで、講座の感想を伝えていきましょう。「英語への苦手意識を払拭したくて参加しましたが、英語に対する考え方が、180度変わるすばらしい内容でした」という大学生の方から、いただいてます。

西澤ロイ(以下、ロイ):うれしいですよね。

上村:うん。でも大学に入るぐらいの英語学力があっても、やっぱり苦手意識は持っていて。で、ロイさんの講座に行くことで180度がらりと、変わったっていうことなんですね。

ロイ:僕自身やっぱり大学に入って、英語学科入ったので。だから英語はけっこうできたわけですよ、学校英語としては。でもまったくしゃべれなかったですからね。

上村:その話を、講座中に何回か入れ込んでくるあたりが、やっぱりうまいな、と思って。

ロイ:本当ですか?

上村:ロイさんに対する、先生感というよりは、親近感が湧くんですよね。「あ、ロイさんでもそうだったんだ」って。

ロイ:だって、英検4級ですからね、僕。

上村:(笑)。

ロイ:だって英検2級とか持ってる人が、参加してくれてるわけですよ? 僕よりできるじゃん、みたいな(笑)。

上村:はっはっ(笑)。でも、やっぱりそんななかでも、気付きが反響として実際あるわけですからね。そして、「そうか、私はしゃべれるんだ」ということがよくわかった。こちら会社員の方からですね。この人たぶん、僕と同じような感じです。「もともと持っていたんだけど、英語がしゃべれないって勝手に自分のなかで決め込んでいたから、自分のなかにあるものを出せなった」そういうことなんですかね。

ロイ:ってことはじゅんじゅんも、「そうか私はしゃべれるんだ」って思ったっていうことで、理解していいですか? 今のは。

上村:はい。それは、もちろん……(笑)。

(一同笑)

「こだわる自分」を認識する

ロイ:アンケートのなかで、ラジオパーソナリティの方ですね。

上村:あれ!?

ロイ:「自分の単語力の少なさ、瞬発力、発想力の乏しさを確認することができました。どん底から這い上がる逆境を楽しみながら、1歩1歩上がっていきます」っていう、ちょっと厳しめの。自分に対してすごい厳しい……感想をくださってる、上村潤さんという(笑)。

(一同笑)

はい、アンケートがあったので。ちょっとここは聞きたかったな、と思って。

上村:俺もフリーターかなんかで書いときゃよかったかなあ(笑)。

ロイ:はっはっはっは(笑)。

上村:先ほど、こだわりの話をしたと思うんですけど。完全に払拭できてるとは思えないんですよね。やっぱり自分のなかで長年、積み重なってきたものなので。でも、それがあるっていうことに気付いただけでも、ぜんぜん違うと思うんですよね。

自分がしゃべれないときに「あ、今こだわりが出てるな」って思うだけでもぜんぜん違うと思うし。こだわりが出ちゃってるって思ったら、正確さじゃなくて、気持ちを伝えりゃいいんだって、考えシフトできると思いますし。

だからまずは、そういうところから地道に直していこう。そういう気付きを得ましたね。

ロイ:うん。

上村:毎回、毎回コーナーでロイさんが教えてくださってることというのは、この講座に集約されていたのが本当よくわかりましたね。

英語をアクセルにするために

上村:……と、時間はまだあるな、よし。もう1通いきましょう。

「これからは、英語をこわがらずに人と話せるような気がします。よいきっかけができたと思います」。こちら、歯科衛生士の方ですね。なんでしょうね、患者さんに、海外の方がいらしゃったりとかするんですかね?

ロイ:いや(笑)。どうですかね。

上村:まあ職場に限らないですからね(笑)。でもやっぱり、英語を自分でしゃべれないって思ってるから、海外の方が道に迷ってて、駅の前の看板か何かで……こうじゃない、ああじゃないみたいなのって、完全に道に迷ってるじゃないですか。でも、話しかけに行けない自分っていうのが、すごくもどかしくもあると思うんですよ。

ロイ:そうなんですよ。だから、英語がブレーキになっちゃってて。まずしゃべれないっていう「ない」があるから、話しかけられないとか、できないとか、ぜんぶないない尽くしになっちゃうんですよ、発想が。

上村:うん……でもこれは、本当にいい気付きだったと思いますよね。これからは、正確ではないかもしれないけど、自分が伝えたいことは、伝えに行く勇気を持つことができますもんね。ブレーキにならないで、英語がアクセルになるというね。これはすごく大事なきっかけになったんじゃないかな、と思います。

そして、最後にもう1通いきましょう。「英語に関しての恐怖心が薄れました。自分の今の実力をしっかり理解して、ポジティブに学んでいこうと思います」。こちら大学院生の方からいただきましたね。英語に対しての恐怖心、大学院にいってもやっぱりあるんですね。

ロイ:いやあ、ありますよ。

「初心者だから」という考え方がよくない

上村:これでも……先日、ちょっと、英語とは違うんですけど。カメラを買いに、電気屋さんに行ったんですよ。

ロイ:一眼レフ?

上村:はい。よくご存じで(笑)。

(一同笑)

上村:で、カメラ屋さんの店員と、お話をしてたら、その……僕、一眼レフ初心者なんでっていう話をしたら、「お兄ちゃん、そんなことじゃだめだよ」と。言われまして、「おお、どうしたこの店員さん」みたいな感じで(笑)。かなりグイグイくる方だったんですけれども。「初心者だからっていう考え方が良くないんだよ」っていう話をされて。そのときに、ロイさんの顔が浮かんだんですよね。

あ、そうだよな……。その時点で、自分が、なんだろう。スタート位置が違うなっていうのが。本当によくわかりましたね。

ロイ:そうなんですよ。私は初心者ですって、英語でもおっしゃる方、多いんですけど。初心者だって思ってしまうと、自分でやらなくなるんですよ。ぜんぶ人任せになってしまうので、それはなかなか、上達しづらくなっちゃう、もったいない考え方なんですよね。

上村:講座のなかでもありましたけど、海外の方で、「私は日本語がしゃべれるんだ」って、言い切ってる方。実際しゃべれるのは3単語ぐらい。でも、自分はしゃべれるんだ。で、実際しゃべってる。それはもうしゃべれることになってる。っていうことですもんね。

ね、3単語以上、持ってるわけですからね、僕。

ロイ:1,000とか2,000とか、じゅんじゅん知ってますからね。

上村:はい。ぜひとも、この講座をきっかけにして、さらに英語にたいする理解を深めていきたい。そんな思いを、持たせてくれた講座でしたね。本当にありがとうございます。

ロイ:ありがとうございました。

上村:そして最後に、ロイさんが「世界一聞きたい英会話の授業」、英会話の授業にかける思いでしたり、今後の展望を、聞かせていただいてもよろしいですか?

ロイ:本当、日本人で、中学校で英語学んだ人は誰でもしゃべれるんですよ。それは事実だと僕は確信していて。それを日本全国に伝えていきたいなと思っていますので。ぜひ受けに来ていただけたらうれしいですし、地方の方で、主催したいとか言っていただけると本当うれしいな、と思っています。

上村:はい。今後の講座のなかで、日本地図が出てきて、色が変わっていくんですけど。この日本地図が塗りつぶされるくらいに、全国でロイさんの英会話に、かける思いを届けていただきたいと思います。

というわけで、ちょっとお時間的に、今日はカタカナ語はお休みというかたちで。本日は僕の(講座の)感想だらけになってしまいましたが(笑)。これからもね、さまざまな、英語にたいする理解っていうのをね、いろんな角度から深めていきたいなと思ってますのでね。これからもよろしくお願いします。

ロイ:よろしくお願いします。

上村:今日はどうも、ありがとうございました。

ロイ:ありがとうございます。

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。 「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HPYouTube公式チャンネルラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)Twitter

Published at

西澤ロイの頑張らない英語

西澤ロイの頑張らない英語に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、西澤ロイの頑張らない英語に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?