東大在学中のエキスパート人材が注目する、新たな学校教育「これからはマーケット感覚が重要になる」

新しい時代の「学校」の可能性 #5/5

学校の先生たちが社会とつながる場を提供し、新しい視点を届けることを目的とした「先生の学校」が1周年イベントを開催しました。テーマは「Think Day~未来の私を考える日~」。セッション3で行われた「新しい時代の『学校』の可能性」では、東大に在学しながら北海道の「petit-hotel #MELON富良野」や京都の「HOTEL SHE, KYOTO」といったホテルを経営する龍崎翔子氏が登壇しました。龍崎氏が学業と経営の両立を目指す理由は? そこには今の若者が求める「学びのスタイル」がありました。

欲しい人材は「インテリ土方」

河田豊氏(以下、河田):(寄せられた質問の)下から3番目のものは、僕もちょっと聞いてみたいですね。「ホテルのスタッフさんを採用するときの決め手はなんですか?」という話。

僕、もう1つ加えて聞きたいことがあるんです。龍崎さんだけではなくて、スタッフの人にも同じようにコミュニティを促進するような動き方をしてもらうようにおそらくお願いをしていると思うのですが。どういう人がそれに向いていそうか、スタッフさんにそれをインプットするときになにか工夫をしていることはありますか?

龍崎翔子氏(以下、龍崎):まず最初の質問に答えると、従業員さんを採用する決め手として、人材採用の原則のようなものが3つあります。

1つはイノベーター。イノベーティブであってほしいと思っています。「普通はこうだから」「これが慣習だから」ではなくて、きちんと合理的に考えて「こうしたほうが圧倒的に短縮できるよね」と、そうしたことを考える方がほしいなと思っていること。

もう1つは、ストリート精神をすごく大事にしています。私たちはカウンターカルチャー的な会社なので、「当たり前」を手放しで信じ込むのではなく、むしろ「みんながいいと思っていないものの価値」を見つけにいく。そうしたスタンスを大事にしています。ですので、価値を発掘できるような人であってほしいと思っていますね。

3つ目は、ドカタというものです。うちは「インテリドカタ」が大好きですね。

河田:土方ですか?

龍崎:はい。ちゃんと考えつつ手足を動かせる人をすごく大事にしています。

河田:めちゃめちゃ高い要求ですね(笑)。

社員は「趣味人」であれ

龍崎:コミュニケーションビジネスをする上で、社員さんにどういう教育をしているかというところでいうと、趣味人であってほしいと思っています。

河田:趣味人?

龍崎:はい。まんべんなくできる人でももちろんいいと思うのですが、「自分はこう」というものがあったほうがコミュニケーションをしやすいと思っています。

ようするにコミュニケーションとは、先ほどもちらっと言ったように、共通点があった上でいかに異質さを掛け合わせるかでより良い出会いになるかが決まります。自分とまったく同じ考えの人がいたらおもしろくないじゃないですか。

だから、共通点をたどるだけのコミュニケーション能力がまずはありつつ、かつ「自分はこう思う」「自分はこれが好き」「自分はこういうスタンスだよ」といった話ができる人であったほうが、よりおもしろい価値をお客さんに提供できる。なので、趣味人であってほしいと思っています。

河田:その趣味人であるというのは意外と難しいことだったりするような気がするのですよね。よく「趣味はなんですか?」というような質問があると思いますが、意外と答えに困る人が多いなと思っていて。

趣味人であるためにふだんから意識しておくことで、なにか思いつくこと……どのように生きていれば趣味人になれるのですか?

龍崎:正しいかどうかはわかりませんが、自分が考えているのは、自分のスタンスを明確にすることだと思っています。好き嫌いも、それは趣味だと思うのです。趣味って1つのことを突き詰めるということじゃなくて、自分のテイストを自分がちゃんと知るということだと思うのですよ。

だから「自分はこれ好きだわ」「嫌いだわ」など、スタンスをきちんと明確に、自分で認識できることが大事だと思っています。それが、感性を養うのではないかと個人的には思いますね。

河田:なるほど。ありがとうございます。

「帽子はブランディングですか?」

河田:いろいろ来ていますね。

龍崎:すみません、こんな話でこれだけ(笑)。

河田:「帽子はブランディングですか?」という、ぜんぜんちょっとこれまた違うものがあるのですが、ブランディングなのですか?

龍崎:この帽子は水曜日のカンパネラのグッズなんです。私の一番好きな女性が水曜日のカンパネラのコムアイさんなのでこれを日頃からかぶることで、どこかで見つけてもらいたいなと。

河田:近づけるのではないかと。

龍崎:「これ、うちらのグッズじゃない?」と思ってもらって、興味を持ってもらいたいという下心です(笑)。

河田:なるほど、ありがとうございます(笑)。

三原菜央氏(以下、三原):今日のイベントの様子がSNSでアップされて、それが回り回ってコムアイさんに届くなんてこともありますものね。

龍崎:そうそう、届くかもというような。雑誌に載るときに、これをかぶったら届くかなという気持ちです。

河田:でも、それもちゃんと自分の道を表現していくことですよね。

子どものマーケット感覚を養うビジネス塾

河田:もうそろそろ時間がなくなってきたので、最後にこのオクオカさんが書いてくれた質問が、僕はすごくいいと思うので聞きたいと思うのですが。「龍崎さんが先生だったらどんな教室を作りたい?」。それは空間でもいいですし、仕掛けでもいいですが。

龍崎:私、子どもにビジネスの考え方を教える塾をやりたいと思っていた時期がありました。誰かと組みながらできたらおもしろいなと思ったのですが。

今はビジネスのあり方がすごく多様化していて、どうやってマーケット感覚を養うか、どうやってマネタイズしていくかということを知っているだけで生き方が変わってしまう時代になっているなと思っています。

だからすごく平たくいうと、子どもたちの授業料を元手に、1人1万円などで「じゃあ物を作ってBASEで売ってみよう」「メルカリしてみよう」など、そうしたことができる教室があればちょっとおもしろいなと思っていました。

三原:いいですね。

龍崎:ツールはたくさんあるので、あと考え方さえあればできるかなと。

河田:それ、やってください(笑)。

龍崎:うちでいいのですかね? 誰かビジネスができる人と一緒に、そうした慈善事業でそういう教室をやってみたいなというのがあります。

河田:なるほど。おもしろいですね。確かにでも、今の教育、なかなかお金のことについては教えてくれない。キングコングの西野(亮廣)さんも書かれたりはしていますが、教えてくれないというのは確かにあるので、それをうまく伝えられる仕組みのようなものができるとすごくおもしろいですよね。

引き続き、新しい時代の学校の可能性を

河田:もうあっという間に。めちゃくちゃいっぱい質問をいただいていて申しわけないですが、拾えていないものもたくさんあるかと思いますが、時間にそろそろとなりますからね。

三原:そうですね。時間なので。まだこのあとも少しいらっしゃいますか?

龍崎:はい。

三原:ぜひ龍崎さんに直接話を聞いてみたい方は聞いていただければと思いますので、本当に貴重なお話を……。

龍崎:すいません、私なんかでぜんぜん、なにかお役に立てているのかどうかもわかりませんが。

三原:いえいえ、かなり勉強になりました。新しい時代の学校の可能性のようなところはまだまだ考えていきたいので、今後の先生の学校でもテーマとして取り扱っていきたいと思います。引き続きみなさんからもご意見をいただけたらと思っております。

河田:ぜひよろしくお願いいたします。

三原:はい、では。

河田:龍崎さん、今日はありがとうございました。

龍崎:ありがとうございました。

(会場拍手)

Occurred on , Published at

先生の学校

先生の学校に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、先生の学校に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?