英語力ゼロで渡米→シンディー・ローパーのプロデューサーとCD制作
執念で奇跡を掴み取った、ある女性歌手の挑戦

第10回:歌手の堀澤麻衣子さんインタビュー<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」>

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、歌手の堀澤麻衣子氏をゲストに迎え、英語力ゼロで単身渡米した際のエピソードを紹介します。

初のゲストが登場

西澤ロイ氏(以下、ロイ):Today in the studio, we have a special guiest. 「西澤ロイのがんばらない英語」。

上村潤氏(以下、上村):このコーナーでは、「納得!! 英語学習カウンセラー」西澤ロイが、英語に関する疑問、質問にお答えしたり、英語に関するさまざまな話題を取り上げるコーナーです。ロイさん、おはようございます。

ロイ:おはようございます。

上村:今日は、先ほどおっしゃっていたように、スペシャルゲストを。

ロイ:スペシャルゲスト。

上村:なんとか聞き取れましたね。

ロイ:(笑)。

上村:はい、お迎えしているので。そもそも、ふだんは英語に関する疑問、質問にお答えしたり、英語に関するさまざまな話題を取り上げる、そんなコーナーになっているんですが。10回目にしてゲストをお迎えするということなんですが。

ロイ:そうですね、はい。

上村:そもそも今回、なぜゲストをお迎えするに至ったのか、というお話。

ロイ:はい。日本人の方って、どうしても英語ができないとか苦手だっていう意識があって、英語がブレーキになってしまってるんですよね。それってちょっともったいないなと思っていまして。

上村:はい。

ロイ:僕が英会話の講座でお伝えしていることは、誰でも日本人は英語が話せますっていうことなんですよ。話せるので、英語を実際に使って、もっと活躍していただきたいんですよね。英語をブレーキにするんじゃなくてアクセルにして。日本国内でもいいし国外でもいいし、もっと活躍してほしい。という思いがあるので、今回は、これから思いきり活躍される、そんな方をゲストにお迎えしてみました。

英語力ゼロで単身渡米

上村:というわけで、さっそくご紹介いたしましょう。歌手で、ヤマハミュージックコミュニケーションズ所属の、堀澤麻衣子さん。いらっしゃっていただきました。おはようございます。

堀澤麻衣子氏(以下、堀澤):おはようございます!

(一同拍手)

堀澤:はじめまして、堀澤麻衣子です。

上村:せっかくなので、自己紹介をしていただけますか?

堀澤:私、6月25日に、ヤマハさんからデビューすることになりました(注:動画投稿日は2014年6月10日)。今までアルバムを日本で5枚作ってきたんですけれども。今度、ちょっと新しく挑戦しようということで、世界的なプロデューサーの方に、ぜひ自分の音楽をプロデュースしてほしいということで、アメリカに行きまして、ロサンゼルスでCDを作ってまいりました。

上村:もういきなりロサンゼルスに、CDの収録に行かれたんですか?

堀澤:そうなんです。私が今まで歌っていたジャンルはヒーリングジャンルというだったのですが、なかなか日本では難しい、広がりにくいジャンルだったんですね。だけど日本だけに絞るんではなくて、海外全部をターゲットに広げたらどうなるかな、と思って。

あとは自分の声を聞いて、うまく料理してくださるプロデューサーさんに出会えたら、ということで。人脈も何もなく、実は英語もまったく喋れない状態で。とにかく、自分のデモテープだけを持って、乗り込んで行ったという(笑)。1人電波少年的な。実話がございまして。

上村:話によると、向こう(アメリカ)に行って、音楽事務所の電話帳を買って、ひたすら(デモテープを)送ったっていう話を。

堀澤:そうですね、とってもアナログなんですね、私。なので、どうしたらいいかな、と。人も知らないし英語も喋れないから、とにかくまずは、音楽事務所の電話帳を買いまして。とりあえず辞書で調べつつ、似ているジャンルというか、ちょっと聞いてくれそうなところにとにかく送ってみて。

音を送り、電話はカタコトでみたいな感じで、アクセスしていったんですけれども。

ロイ:堀澤さんの武器は、エンジェルボイスですからね。

堀澤:(笑)。

上村:うん……ねえ、エンジェルボイス。先ほどから、BGMで流れてるんですけど、本当に話すのがもったいないじゃないですけど(笑)。聞いていたいような、ラジオ業界に一石を投じるような発言で申し訳ないんですけど。

(一同笑)

堀澤:ありがとうございます。

しかし、制作費が…

上村:本当ね、素敵なエンジェルボイスでいらっしゃる。それで、その電話帳を片手に、いろんなところに送りまくって。

堀澤:そうなんです。それをしているうちに……実は、実は5年前に行ったんですけれども。シンディローパーのプロデューサーさんが、すごく声がいいね、ということで会っていただいたんですけど。そのときに、世界的なプロデューサーなので、とても製作費は高いだろうなと。心して行ったんですが、実際に聞いてみたところ、本当に……ハリウッド金額(笑)。

上村:おおー。

ロイ:すごそうですね。

上村:なんでも、話に聞くと、椅子から転げ落ちたっていう話なんですけど(笑)。

堀澤:そうです。それを聞いてあまりに驚いて。「いやいやいや!」みたいなかたちで、椅子から転げ落ちてしまったんですが。でも、私にはもう一生無理は金額だなってそのとき思いまして。がっかり、と。すみません、と言って日本に尻尾を巻いて逃げ帰ったんです。でも、声のことを気に入ってくださったっていうのもあったので、ずーっとそのことが頭から消えなくて。どうしても製作したいと思いまして。

もう、お仕事をがんばるしかないということで、私、一度喉を壊した経験があるんですけど。そのときに、とにかく早く高い声が出る、それから喉が二度と痛くならない。そして、透き通った声が出るという3つを網羅した発声法を作ったんです。

上村:開発されたわけですね。

堀澤:はい。それでなんとか、自分も歌手にカムバックできたんですけど。それがちょっと評判になりまして、「本を書かないか」とか、「スクールやってみたら?」みたいなアドバイスをいただいて。それで、本を書いたんです。自分にはこれしかないと思って、とにかく一生懸命本を書いて。

今まで5冊ほど出させていただいたきました。なんて言うんですか、声を変えたいという方はとても多くて。そういう、外見だけではなくて、声で自分を表現したいということで、声を変えたい方がとても多くて。歌をうまくなりたい方も多くて。その時代の流れに乗って、その本がすごくヒットしまして。

おかげさまで8万部。そのおかげで、なんとか、ハリウッド金額の制作費を作ることができました。

上村:満を持してなんですね。

ロイ:執念というか。

堀澤:執念ですね。

ロイ:すごいですよね、本当に。そこは本当に、尊敬します。

堀澤:執念だけだったと思います(笑)。

上村:まあでも諦めなかったわけですもんね。

ロイ:そうですね。

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。 「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HPYouTube公式チャンネルラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)Twitter

Published at

西澤ロイの頑張らない英語

西澤ロイの頑張らない英語に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、西澤ロイの頑張らない英語に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?