クリエイターの“無理難題”にどう応えるか

佐藤詳悟氏(以下、佐藤):ここから、具体的なテクニックというか、ふだんどう考えて、どうプロデュースをやっているのかというところにいきたいのですが。今のお話では、無理難題にどう応えるかというものがあります。

川窪くんは、あまり無理難題はありませんか?

川窪慎太郎氏(以下、川窪):無理難題……。

佐藤:クリエイターからの無理難題。

川窪:クリエイターからの無理難題は、僕はあまり経験がないですね。業界で噂になるのは、ワンコールで電話に出ないと怒る先生。

(会場笑)

佐藤:(笑)。いるんですね、そんな人。

川窪:1回電話が始まると、5〜6時間は絶対に終わらないから……携帯充電器というんですか?

佐藤:はいはいはい。

川窪:あの、重いバッテリーを持ち歩かなきゃいけない先生など。

(会場笑)

佐藤:(笑)。

川窪:そうした話は聞きますね。

クリエイターと対等であるためには誠実であれ

川窪:僕は基本的には……。これは、あくまでも僕が目指しているものですが「漫画家と編集者は対等であるべきだ」と個人的には思っています。もちろん中には、「漫画家さまさま」と唱える人もいるでしょうし、それが正しい面もあるかもしれません。しかし、僕は対等であるべきだとやっぱり思っています。

それはつまり、作家に対して「僕らは対等ですよね」と言えるだけのことを自分がしなければいけないと思っているからです。だから「言われたことをやる」「お願いされたことに応える」というようなものではなくて、こっちからも積極的に仕掛けていかないといけないし、この人に無理難題を吹っ掛けるぞと思われるようじゃダメだというか。

そうした関係でいたいと思っているので、あまり無理難題は言われませんね。

佐藤:クリエイターとの向き合い方やコミュニケーション方法では……例えば今でいうと、こっちから仕掛けていくというと、具体的にはどのようなことをされていたりするのですか?

川窪:ちょっと質問とは離れちゃうかもしれませんが、僕が意識していることでいうと「嘘をつかない」などですかね。それって当たり前のことなのですが、いろいろやっていると不都合なことがいっぱいあるじゃないですか。

例えば漫画家さんでいうと、他社からのお話などもいっぱいある。『進撃の巨人』の連載を初めに「ウチでも描いてほしい」「ちょっとしたイラストだけ描いてほしい」といったものです。

佐藤:はい。

川窪:そうした依頼がごまんとくるんですよ。それって直接作家のところにはいかないので、編集部を通じてお話がくるんですね。

佐藤:はい。

川窪:そういうものは僕らとしては、正直に言えば握り潰しちゃいたいんですよ。

佐藤:はい。

川窪:なぜなら、諫山さんで言えば『進撃の巨人』を描いてほしいからです。『進撃の巨人』を描く妨げになってほしくないし、本当はがんばれば45ページ描けるのに、それがあるせいで40ページになっちゃったりしたら困ります。なので、基本的にはそうしたお話は握り潰したいのですが。

それは、諫山さんに前もって「全部僕にハンドリングを任せてほしい」と宣言をしてあるのです。その代わりに、絶対に握り潰したり、嘘をついたりはしないので、信じてほしいと告げています。

基本的に、お話はほとんど9割くらい僕が判断します。残り1割くらいはどうしても諫山さんに聞かなければいけないことを聞くのですが、その判断を「自分に不都合だから」「講談社にとって不都合だから」という判断は絶対にしません。

各社から依頼されるクリエイターとのコラボ、判断基準は?

佐藤:その一番大事にしている、(スライドを指して)この右上に「ブラさないこと」とあるのですが、判断基準にしていることはなにがあるんですか?

川窪:判断基準にしていることは、僕がむしろ諫山さんから学んだことなのです。相手が求めている案件というのを「楽しんでやってくれているか」「真剣に心からやりたいと思っているか」ということを判断基準にしていて。

ただ作品と商品のコラボで、「パッケージにイラストを貼りつけるだけ」みたいなモノはいくらでもあるのですが。チョコレートのパッケージを『進撃の巨人』にするとか『ONE PIECE』にするとか。

そうした依頼があったときに、向こうの人が「ただ利益を求めてやっているのか」、それとも「『進撃の巨人』と組むと、こんな面白いクリエイティブがつくれる」「『進撃の巨人』が好きだから」だけでもいいのですが……「この案件について楽しんで本気でやってくれているかどうか」を、大事にしていますね。

それがあれば結局、作品にも跳ね返りがあるというか……つまらないコラボをするより面白いコラボした方がいいというか。例えば、チョコレートを通じて作品を知ってもらうこともできるので。そうしたモノが一番大事ですかね。

セカオワから来た球は全力で打ち返す

佐藤:宍戸くんは……僕の直感というか、感覚ですが。無理難題がまぁまぁ多いのではないかなと思っています(笑)。

宍戸亮太氏(以下、宍戸):だらけですね(笑)。

佐藤:判断基準も含め、そうしたモノがきたときに、まずどう感じ、どう動いているのかということにすごく興味があるなぁという。

宍戸:無理難題……。僕個人で感じるとすごく多いなと思いますが、それって僕が感じているだけだと思っています。クリエイターの子たちだから、ピュアに真っ直ぐに、それを発信してくれている。

ずっと関わっていて、ほぼ毎日会っていても、僕の常識と彼らの常識は違う。だから僕の常識ですべてを話しちゃいけないし、僕の常識で彼らの感性を潰しちゃいけない。いろんなことがくる中、無理難題にもちろん聞こえるのですが、それはたぶん彼らにとって無理難題ではなく、叶えたい想いだったり、本当はこうしたいという気持ちであったりします。

ですから、それを無理難題と思わずに、じゃあどうできるかと受け取るようには、すごく意識しています。

佐藤:基本イエスというか、来たモノは基本やるベースから考えている?

宍戸:来た球を返さないと進まないというのは、ずっとやっていて思うので。逃げても追っかけられるし、嘘ついてもバレる。来た球に対して、もちろん不可能なことはちゃんと話をして、説明してあげるとわかる子たちなので。

やれない理由じゃなくて、やれる方法を考える

宍戸:例えば、2013年に『炎と森のカーニバル』という野外ライブを富士急ハイランドでやりました。そのとき「30mの木を立てたい」という話があってスタートしました。しかし30mの木というのはなかなか……他の人はやったことがなくて。「できない」というのをあちこちから言われました。でもメンバーが「やりたい」。そこで、いろんなせめぎ合いがあったのですが。

結果、ある日メンバーが10個くらい画像を送ってきて。「これは30m以上あって、立っている」「だから、できるはずだ」と言われたんです。

佐藤:すごい(笑)。

宍戸:証拠があるから、できるんだと思って。

(会場笑)

宍戸:「不可能じゃないぞこれは」というところから、もう1回チームのみんなに彼らの想いを伝えて。そして、やってみたらできた。あのときに学びました。それ以来、やれない理由じゃなくて、やれる方法を考えようと発想するのは、あの経験から思ったことではありますね。

みんなが無理だと思っていたけど、すごく大変だったけど、やったらできた。無理難題のように聞こえたけど……捉え方を変えると、視点を変えると、そうではないというのはありますね。