AKBに入って感じた夢と現実のギャップ

司会者:はい。では続いてのテーマに参りましょう。

「夢と現実のギャップ」ということで、就職をされてからこれを実感するという方も残念ながら多いと思うんですけれども。川栄さんは、なにか夢と現実のギャップを感じるようなこと……先ほど劇場公演をご存じなかったというのもありましたけども。印象的なものはありますか?

川栄李奈氏(以下、川栄):それこそ本当にAKBに入ったときですね。テレビに出ているメンバーはだいたい16人なんですけど、ほかのグループを合わせたらほかにも何百人もメンバーがいます。

ただテレビを見ているだけの時は「あーなんかAKB入ったらここ入れるんだ」と思ってたんです。(入ってみると)まったくそれは違っていて。ちゃんと自主練もしなくちゃいけないですし、レッスンもたくさんありますし。すごく大変だなと思いました。

佐藤裕氏(以下、佐藤):そもそも自分の小さいときの夢って、なにかあったんですか?

川栄:私は犬が好きだったので、犬関係の仕事をしたいなと思っていました。

佐藤:犬関係?

(一同笑)

佐藤:すごくふわっとした感じ。

川栄:ペットショップとかで働いたり、なんか犬に触れたらいいなって(笑)。犬にたずさわれたらいいなと思ってました。

佐藤:なるほど。ちなみに、犬は何犬を飼われていたんですか?

川栄:犬はミックス犬6匹を飼っていました。

佐藤:6匹? 本当に好きなんですね。

川栄:好きです。

働く中で仲間は絶対に必要

佐藤:でもその夢と現実って、大きなギャップあるじゃないですか。

川栄:はい。

佐藤:それはあまり考えないとは思うんですけど、どう思われています? 今の自分と、ワンちゃんと戯れてる自分。

川栄:犬は6匹いるので、ペットショップみたいな感じなんです。仕事じゃないですけど、そこはすごく充実しているというか。自分のやりたい犬関係のことは、プライベートでできている。

佐藤:なるほど。お仕事の話で言うと、夢の中でAKBが好きだったという話があって……。好きだったところに自分が入って感じたギャップに、お芝居とか難しいなどがありました。それ以外になにかギャップはありますか? 

川栄:本当にすごく大変でした。高校1年生で入ったので、学校にも途中から通えなくなってしまって転校したり。友達もだからぜんぜんいなかったです。

佐藤:そこを乗り越えていったのは、どういうエンジンというか原動力なんですか?

川栄:私にとって一番はメンバーですね。メンバーは今でもずっと仲がいいんですけど、ドラマは3ヶ月間とか終わったらもう次の現場になります。そうすると、もうその人たちとは会わなかったりするんです。でもAKBはもう何年も同じメンバーでいるので、本当に家族みたいな感じですごく支えられています。

佐藤:では、働くという中に川栄さんは「仲間」は絶対に必要?

川栄:絶対に必要ですね。

佐藤:これから働く人たちにも、それはおすすめですか?

川栄:もう絶対です。

佐藤:なにかあったときに、乗り越えるときに。

川栄:はい。友達が一番だと思います。

佐藤:なるほど。ありがとうございます。

女優になって意識したのは「昔のキャラクターを消す」

司会者:はい。では続いてのテーマに参りましょう。

「会場からの質問」ということで、Twitterに投稿された質問を選んでいきたいと思います。2つご紹介したいと思います。

まず1つ目はtw37さんから「アイドルから女優にシフトした際、立場がなにかしら変わったと思います。その際に苦労したことや、自分らしく変えたことはありましたか?」ということです。

川栄:いろいろあるんですけど、1つはアイドルというグループから1人になったので。1人だという自覚を持たなくちゃいけないなと思いました。

司会者:具体的になにか自分で努力されたとかはありましたか?

川栄:努力をしたことは、「AKBから女優になる」と言って辞めて……。私はずっとおバカキャラだったんですけど。そういうキャラクターの方ががお芝居してるのを見たとしたら、バカな人なんだとか思っちゃうタイプなんですね、私は。

佐藤:自分が見てて。

川栄:自分が見てて。なので、自分のキャラクターは消すようにしました。

佐藤:ものすごく難しそうですけど……。昔のキャラクターは、どうやって消していったんですか?

川栄:簡単なことだと、あまりしゃべらないとかですね。

(会場笑)

バカがバレるようなことはしないとか。そういうことは大半できるようなことからやっていきました。

「おバカキャラ」は本当は賢い?

佐藤:今意識してることはあります?

川栄:今は……これでたくさんしゃべると出てきちゃうんですけど(笑)。

佐藤:大丈夫ですよ。

川栄:大丈夫ですか? 雰囲気からちょっとおとなしくしてます。ふふっ(笑)。

佐藤:ですって。

(会場笑)

そういうことは意識しているんですね。

川栄:意識してます。

佐藤:いろんな場面で?

川栄:いろんな場面でしてます。

佐藤:そうなんですね。では、名古屋でご挨拶した、あのパックで出てきた時は?

川栄:あれはちょっと、出ちゃってた(笑)。気が抜けちゃっていて。

佐藤:今の質問からちょっとそれるんですけど。おバカキャラというキャラクターですが、ビジネスマンからすると賢いんですよね、川栄さんって。

ここでみなさんにすごく伝えたいのが、いわゆるおバカキャラの裏側でいうと、頭の回転が速いんですよ。だから今もそうですけど、一緒に仕事していると頭の回転が速いんですよ。

(押し黙る川栄氏を見て)なんで黙るの? (笑)。

川栄:(笑)。

佐藤:ということはたぶん、昔からそうじゃないんじゃないかなと思っているんです。

グループから離れるからこそ意識した言葉遣い

大人の世界で揉まれることによって、なにか変化とかってありました? 15歳でこの世界に入って。

川栄:そうですね、15歳でそんなに大人の方と接する機会ってあまりないので、そういう大人の人の意見とかを聞くようにしてたりしてました。

佐藤:アイドルの時と女優になって今……関係者も違うと思うんですけど、なにか変化とかありました? しゃべり方とか言葉の伝え方とか。

川栄:ちゃんとした言葉を使うようにしてます。

佐藤:それは意識して?

川栄:意識です。

あと、AKBの時はグループだったので、とくに一緒にいるだけでした。だから、なにかを代表してキャプテンがしゃべってくれたりとかあったんです。でも今は1人で全部やんなくちゃいけない。そこはすごくちゃんとするように意識はしてます。

佐藤:それはさっきの「自覚」につながるんですね。

川栄:はい。

佐藤:はい、ありがとうございます。