「もっと構う時間を作って欲しい」クーデレJDがチャラい彼氏に求めること

初めてのキスで震える彼女とヤバすぎる彼氏!東京ときめきチャンネル キス時計

YouTubeの恋愛系動画チャンネル「東京ときめきチャンネル」。今回は、街中で出会ったカップルに突撃インタビューしちゃいました! サークルの新歓で出会った2人は付き合ってまだひと月もない大学生。そんなお二人に、初めて会った時の印象やファーストキスの感想など、2人だけの赤裸々なエピソードを存分に語っていただきました!

スピーカー

街角のカップル Guest

出会ったきっかけは?

――年齢と職業は?

男性:19歳の大学生です。

女性:18歳大学生です。

――付き合ってどれぐらい?

男性:付き合ってひと月いかないぐらいです。

――おっ、付き合いたてですね。

男性:付き合いたてですねえ。

女性:(笑)。

――出会ったきっかけは?

男性:出会ったきっかけはサークルの新歓飲みかな。

――どちらからアプローチした?

(女性さん、彼氏さんを指差す)

男性:ああ、そうなるの? そうらしい。

女性:そうなるでしょ(笑)。

男性:どうやら俺かららしい(笑)。

――どういうふうにアプローチされた?

女性:なんて言えばいい?

男性:どうやって俺はアプローチしましたでしょうか?

女性:えー、LINEでめっちゃそんな感じのことを言われ続けて。

男性:なにそのチャラ男みたいな……だそうです。

――チャラ男ではないの?

男性:チャラ男ではないです! チャラ男ではない。

――彼女さんの第一印象は?

男性:愛想がない。

(彼女さん、彼氏さんを叩く)

――ない? あるんじゃなくて、ないんですか(笑)。

男性:ない。愛想がない。無愛想。

――彼氏の第一印象は?

女性:ない。

男性:ない!? 

――ない? ぜんぜん覚えてない? 

男性:無だった?(笑)。

女性:(笑)。

無愛想さの中にある素直さに惚れた

――無愛想な彼女のどこを好きになったの?

男性:無愛想な中にある素直さみたいなものをもうちょっと表に出してやんなきゃなって、先輩的な目線で思ったら、付き合ってました。

――初めて会った時から好きになって付き合いたいなと思ったわけではない?

男性:最初は手のかかる後輩だなと思いました。ねえ、友達いなかったし。

女性:いたわ〜。いた、いた(笑)。

男性:えーっ? いや、飲み会の机で1人になってて……。

女性:なってない、なってない。

男性:なってたじゃん!

女性:なってないです。

男性:なってたんですよ。

女性:なってない、なってない……。

男性:俺が「どうしたの? 入れないの?」って言って、「そう」って。

女性:違うでしょ〜!(笑)。

男性:そこのなんか1年生のグループがあったので、「じゃあそこ連れていくよ」って連れていって放り投げたりとかしてたんですよ。

――首、横に振ってますけど、事実は違うんですか?

女性:違う(笑)。

男性:違くない、違くない。

――本当のところは?

女性:違くない(笑)。

――彼氏さんはなんて告白したんですか?

男性:「付き合ってください」と、直球でもうどストレートで。

――どう思いましたか?

女性:めっちゃうれしかったです!

――その時は好きだった?

女性:好きだった。

――じゃあもう即答でしたか?

女性:うん。

男性:だそうです。

――おお、いいですね。ちなみに付き合ってみて、彼女の好きなところは?

男性:あらゆる意味で素直なところがいいと思います。ちゃんと怒るときめっちゃ怒られるので。

――彼氏の好きなところは?

女性:やさしいところ。

――どういうときにやさしさを感じたりしますか?

女性:なんだろうな、常にやさしいので。

男性:常にやさしい。

女性:そう。

――逆に彼氏の直してほしいところは?

女性:やだやだ。言わない、言わない。

男性:(笑)。

――この際。

男性:この際。

女性:直してほしいところですか。なんだろう。もっと構う時間を作って欲しい。

――構ってあげてないんですか?

男性:いや、バイトが忙しくて。そうなんですよ。この間、それで拗ねちゃって。もう大変だったんです。

女性:なんで(笑)。

――彼女の直してほしいところは?

男性:えーとですね。

(彼女さん、耳をふさぐ)

男性:逃げるな。そうだな、俺に対してはそうでもないんですけど、もっとほかの友達とかに対しても素直に愛想よく接してほしい。

女性:素直じゃん!(笑)。

男性:人見知りが激しすぎて。

女性:ううん。それはない。ないない。

男性:人見知りが激しすぎてもう。ねえ?

女性:ううん。ない。

男性:友達やほかの先輩方にも素直にね。

女性:素直、素直。

男性:嘘つけ。嘘なんですよ。

女性:嘘じゃないじゃん(笑)。

男性:素直に生きてほしいなと思います。

何番目の彼女か知ってる?

――喧嘩とかって付き合ってからしたことありますか? 原因は?

男性:その時はペアネックレスの買うタイミング。

――おお。彼氏さんの意見は?

男性:俺の意見は、まあもうちょっと待ってからもったいぶって買うのいいんじゃないかなって思うんですけど……。

――今すぐほしいの?

女性:今……え、うん。

男性:そう。今すぐほしいって。

――結局いつ買うの?

男性:まだ模索中といえば模索中ですね。1月目に買うか3ヶ月目に買うかで模索中です。

――自分は何人目の彼氏か知ってますか?

男性:知ってます。

――おっ。じゃあ、ずばり答えは?

男性:初めて。

――合ってますか?

(彼女さん、頷く)

――おお。彼氏さんの何人目の彼女か知ってますか?

女性:え、待って、待って(笑)。

男性:何人目でしょうか? この話してないよね。

女性:なんとなく知ってるよ。え、待って、わかんない、わかんない。

男性:言ってごらん。

女性:2か3。

――ちなみに正解は?

男性:4です。

――おおー!

女性:うそ、4!?(笑)。

――4って聞いてどういう感想を持ちましたか?

女性:チャラ男だなって(笑)。

男性:チャラくねえって(笑)。チャラくない。

女性:チャラ男だな。

男性:初めての人から見たらそうかもしれないけど、一般的には普通だよ。

ファーストキスの思い出

――2人のファーストキスは付き合ってどれぐらいでしましたか?

男性:1週間ぐらいだっけ?

女性:待って。え、付き合ってからでしょ?

――付き合う前からですか?

男性:付き合った時だっけ?

(彼女さん、頷く)

男性:だそうです。

――どういう雰囲気だったんですか?

男性:そうだ、横浜のみなとみらいの夜景をバックに、チューしてやりましたよ!

女性:「やりました」ってなに(笑)。

――もうその時は狙ってましたか?

男性:狙ってました! もろ狙ってました。はい。

――初めてキスをされてどうでした?

男性:どういう感想でしたか?

女性:初めて、正直あんまり覚えてなくて。衝撃がでかすぎて。

――もう本当に?

女性:そう(笑)。

男性:めっちゃ震えてた。超震えてた。ねえ。

――エッチはまだ?

男性:それはまだですね。ちょっと狙ってるんですけど。

――時期を。

男性:時期ちょっとわりと見定めつつあるんですけど。

――彼女さん的にはそれはいつぐらいとかってあったりするんですか?

女性:今はまだ早い。ちょっとまだ早い。

――初エッチのタイミングは?

女性:どういうタイミング?

男性:きっかけの問題なのか、時間の問題なのか。

女性:やっぱ買ってからでしょ(笑)。

――買わなきゃだめですよ。彼氏さん(笑)。

男性:マジかぁ……。

――これ早まるかもしれないですね。

男性:早まる可能性が非常に高いですね。今月中、今月前半のうちにかな、みたいな。逆にじゃあ買ったらどうなの?

女性:買ったら? わかんないな。買って、やるかどうかわかんないなー(笑)。

男性:なんか高飛車ですね。困っちゃいましたね。

――買ってから考えてやるよって感じですか。

女性:(笑)。

――軽くチュッというのをしていただけますか?

男性:スッと?

――スッと、大学生カップルらしく、さわやかなチュってやつを。いきます。3,2,1!

――東京ときめきチャンネル!

男性&女性:また見てねー!

東京ときめきチャンネル

tokimeki_logo150

「ときめき」をテーマとした視聴者参加型の放送局。「見たい!出たい!作りたい!」をキャッチコピーに、ユーザーをときめかせる動画を毎日アップロードしています。

・公式チャンネル

Published at

ブックマークして続きの記事の通知を受け取ろう!

この話をシェアしよう!

このログの連載記事

1 「もっと構う時間を作って欲しい」クーデレJDがチャラい彼氏に求めること

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限りに」になっていませんか?