「給料がいい」「こだわりある仕事がしたい」就活生の志望動機に、面接のプロが一刀両断

就活ファール!【面接#1-2】早稲田大学 安達拓くん:1番目の志望理由に給料!? (究 極の面接指南シーズン3) #1/2

本格的な就職活動を前にした迷える現役就活生を、面接のプロが熱血指導する「究極の面接指南」シリーズ。面接官から次々に飛び出す厳しい指摘には、すべての就活生必見のヒントが満載です。就活生向け動画チャンネル「就活ファール!」。前回に引き続き、ビール業界を志望するW大学の安達氏が登場。面接のプロたちが自己PR方法に続いて指摘したのは、安達氏の志望動機でした。志望するビール業界について「こだわりがある仕事がしたい」と言いつつ、一方で「給料がいいから」と話す安達氏に、面接のプロたちが感じた違和感とは……?

どう話せば企業側が「ああ、なるほどな」となるのか

ナレーション:前回、ビール業界を志望する彼が行なった自己PRに対し、水谷、藤野の両アドバイザーは厳しい意見を突きつける。今回、初登場となるこの男はいったいどんな指摘をするのか。

井坂智博氏(以下、井坂):多様性を理解して社会のなかで活かしていく、企業のなかで活かしていく。これはこれからすごく大事なことだと思います。

ナレーション:株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ代表取締役社長、井坂智博。リクルートグループ在籍11年でトップ営業マンに登りつめ、営業業務の標準化や組織コンサルを経験。本質を見抜く鋭い目で、学生に襲いかかる。

井坂:それから、もし区別や差別のない社会とか、あるいは逆に多様性をもっと戦力的に活かしていきましょう、ということを武器に使うのであれば、企業に対しては少しアピールは弱いかな。

安達氏(以下、安達):はい。

井坂:それを武器に使うんだったら、もっと企業側でこれを武器に置き換えたときに、どういう言い方をすれば企業の人も「ああ、なるほどな」と理解できるのか。そこをなんかもう少し盛り込んだほうがいいですね。

私は多様性を勉強して進んでるっていうの、はすごくいいと思いますよ。

ナレーション:今の実力を知りたい、冒頭にそう語った安達くん。しかし井坂が出した答えは?

井坂:でもそれがやっぱり武器として、今活用できてない。それが今のあなたの実力じゃないのかな、という気がしますね。

安達:はい。

ナレーション:今のレベルでは就活においてまったく戦える状態ではない。

「給料がいいから」の志望動機は是か非か

ここで話題は本来の志望動機の話に。

水谷健彦氏(以下、水谷):ビール業界志望ね。

安達:はい。

水谷:自己PRのときにその話が出てきたんだけど、ビール業界を志望している理由が最初に給料って言ったじゃん。

安達:はい。

水谷:これ、すごくイマイチだと思うんだよね。ポワーンって感じ(笑)。

安達:事実として、自分が志望した理由としてはあるので、一応挙げてはいるんですけれども。

水谷:いや、もちろん。志望する理由としてね、給与が条件として入ることはまったくいいと思う。

なんだけど、「ビール業界を志望してるんです」そして理由が「給与が〜」ってくると、もし自分たちがビール業界の面接官だとしたら、相当ガクッとくるわけよ。

キリンとアサヒ、各社のこだわりを語れる?

ナレーション:一瞬困惑した表情を見せたが、水谷の意見で納得の表情に。しかし井坂からは?

井坂:なにをもって給料がいいとか悪いとか言っているのかわからない。せっかく自己PRで話していた多様性、そしてこだわりがある。ビール業界に行きたい、働く上では給料がほしい。これがまったく繋がってない。

ナレーション:自己PRと志望動機、それらがまったく繋がらないと指摘した井坂。これらの指摘を受けた上で、改めてビール業界への志望動機を聞いてみた。

安達:ビールって、製造者の、作っている方たちのこだわりの結晶なわけじゃないですか。ものづくりですし。という部分で、そういうこだわりに携わりたい。そこでは、どういう思いがあって作っているのかがすごく気になって、携わりたいなと思ってビール業界は志望してます。

水谷:なるほどね。でもそのビール業界志望は、いわゆるビールの大手メーカーだよね。

安達:そうですね。

水谷:その4社を言うともうすごく大変だから、キリンとアサヒについてその各社のこだわりを語ってくれる? 

安達:キリンはすごくものづくりをキーワードとして持っていくらしくてですね。今すごく若者がビール離れしてるときに、ものづくり、技術開発で対応していこうという方針としてあるらしくて。キリンはすごくビールへの、なんていうんですかね、言葉にすると簡単になってしまうんですけど、多様性がすごくあるのかなとは、話を聞いてて感じたっていうのがありました。

それに対してアサヒは、チャレンジ精神が強いらしくて、もう本当、イケイケな感じですごく押していく。自社を押していく意識がすごく強い。それが営業であったりとか、マーケティングの部分ですごく強みに繋がってて、海外進出とかも進んでるっていうのが。

「そのレベルで言われると、たいしてこだわり強くないな」

ナレーション:大手ビール会社2社の違いを懸命に語るが、水谷の反応は?

水谷:今の話でいうと、もっと各社のこだわりを深く語れるようになってほしい。要は「ビールって今、ビール離れとか進んでいるなかで、でもすごく人を豊かにするものじゃないですか」みたいな話があるわけじゃない。

安達:はい。

水谷:といったときに、キリンについてはそういう話、ちょっと出てきたよね。だけど、(その話は)僕でも知ってるレベル。代官山にそういうビールのレストラン出しましたとかね、いろいろあるじゃない。

そのレベルで言われると、たいしてこだわり強くないな。

ナレーション:早稲田大学の安達くんだが、緊張からかこの場にくると大手ビール会社2社の違いもうまく伝えきれない。そして水谷からは厳しいダメ出しが。

次回、いよいよ最終アドバイス。

藤野貴教氏(以下、藤野):浅い。

<続きは近日公開>

就活ファール!
就活ファール!は、人事のプロによる面接指南や内定者からのアドバイス、企業研究など就職活動に役立つ情報が満載の就活バラエティ番組です。
【就活ファール!本サイトで全動画公開中!】
Published at

このログの連載記事

1 「給料がいい」「こだわりある仕事がしたい」就活生の志望動機に、面接のプロが一刀両断
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?