ARuFa氏が株クイズに挑戦

セブ山氏(以下、セブ山):一応今回、株の問題みたいなものも作ってきたんですよ。だから、いくつかちょっと聞いてみようかなと思いまして。

ARuFa氏(以下、ARuFa):マジっすか? はい。

セブ山:僕、あれなんですよ、証券会社に勤めてたので。

シモダテツヤ氏(以下、シモダ):もともとね。

山口むつお氏(以下、山口):あー、そうなんですか。

ARuFa:えー、すごー!

山口:じゃあ、わかるんや。

セブ山:じゃあ、聞いてみたいんですけども(笑)。

山口:なんて?

セブ山:えー(笑)、ナンピン買い、ナンピン買いというのはどんな買い方でしょう?

ARuFa:……僕に(聞いてるの)?

(一同笑)

セブ山:そうですよ(笑)。ナンピン買い。

ARuFa:ナンピン買いっていうのは、まあ、でも、やっぱ、言葉どおりなんじゃないですか? たぶん株って、どの会社から何品(ナンピン)買ったかを把握されたら、負けちゃうと思うんですよ。

セブ山:(笑)。

ARuFa:だから、ええと……、「おまえ、何品買った?」って聞くことっていうのは、すごいマナーの悪いことなんですね。だからこそ、最初にこの「何品買った?」って聞いちゃいけないよっていうことを知らしめるために、「ナンピン買い」って言葉を生み出して、禁止ワードとしてやったんじゃないんですか?

セブ山:いや……(笑)、「どんな買い方?」って質問なんですけど、ナンピン買いっていうのが。

ARuFa:だから、じゃあ、「僕は何品買いますよ」っていうのを言っちゃう、言いながら、大手を振って、「僕、任天堂、マジで100株買っちゃったー!」っていう奴を、「あ、おまえ、今おまえ、ナンピン買いしたな」って。

(一同笑)

セブ山:なるほど、なるほど(笑)。

ARuFa:バレて、倒産する。

(一同笑)

セブ山:任天堂が?

ARuFa:任天堂が倒産する。

(一同笑)

セブ山:もう1個、じゃあ、いいですか?

ARuFa:はいはい。今のは間違いってことですよね?

セブ山:間違いです、はい。

山口:(笑)。

ARuFa:わかりました。

「麦わら帽子は冬に買え」の意味は?

セブ山:株式投資の世界には、「麦わら帽子は冬に買え」という格言がありますが、これはどういう意味ですか? どうでしょうか?

ARuFa:おそらく、その麦わら帽子っていうのは、本当に麦わら帽子のことを言ってるんじゃないと思うんですよ。

セブ山:ほう!

ARuFa:なぜなら、麦わら帽子は冬に買うもんじゃなくて、夏に買うもんだからです。

セブ山:うん!

ARuFa:で、冬に変える麦わら帽子、何か? もうおわかりでしょう。『ONE PIECE』のコミックスなんですよ。

セブ山:……はいはいはい。

ARuFa:で、『ONE PIECE』のコミックス、確か僕の記憶では、秋口とかによく出てるイメージがあるんですけど。

セブ山:ほうほう、そうなんですかね……?

ARuFa:すぐに、『ONE PIECE』ってすごい大きな市場なんで、すぐに買うと、なんならもうダサいんですよ。

セブ山:……? ふんふんふん。

ARuFa:「『ONE PIECE』大好き、大好き!」、出た瞬間から買っちゃう、一番上から買っちゃうっていうのは、もうダサくて見てらんない、と。そんな奴に株任せられますか? 任せられません。僕が株主だったら、『ONE PIECE』を冬に買う我慢強い奴に株を任せたいんで。

セブ山:株を任せたい(笑)。

ARuFa:それに転じて、すぐに手を出さない人のことを、「『ONE PIECE』は冬に買え」っていう(笑)。

(一同笑)

セブ山:「麦わら帽子は冬に買え」ですよ(笑)。

ARuFa:あの……、「麦わら帽子は冬に買え」っていう言葉に表れてる、と思います。

「バカ株」はピュアコンテンツ

セブ山:なるほど、なるほど。いや、でも、もちろん間違ってますけれども、やっぱりふんわりしてきますね、説明になってくると。

山口:秋口に『ONE PIECE』がよく出るっていうのも、ちょっとわかんないし。

シモダ:うんうん。

ARuFa:出てなかったかな(笑)。

セブ山:というわけで、本当にじゃあ、「バカ株」というのは、もう本当にバカから抽出されたものでできた、本当に嘘のない。

シモダ:ピュアコンテンツですね。

山口:本当、今日あらためて思いました、「バカが作ったんだなあ、あれ」って。

セブ山:はい(笑)。というわけで、ぜひね、まだ観てない方も観ていただければと思います。というわけで、「バカ株」についてお送りしてきました。今日はみなさん、どうもありがとうございました!

一同:ありがとうございました!