締め切りを守らない地獄のミサワのせいでハゲに詰められる日々…『妖怪ウォッチ』コラボの苦い思い出

【第093回】『妖怪ウォッチ ぷにぷに』PR企画 - バーグハンバーグバーグTV - YouTube #1/2

株式会社バーグハンバーグバーグの公式YouTubeチャンネル「バーグハンバーグバーグTV」。今回は、バーグハンバーグバーグが手がけた「『妖怪ウォッチ ぷにぷに』1周年企画」の舞台裏について語ります。プロモーション企画したのは「妖怪ウォッチ ぷにぷに vs それ以外」「妖怪ウォッチ ぷにぷに制作秘話漫画『仁義の虎』」「地獄のミサワスペシャルコラボ漫画」の3本。ぶっ飛んだ企画内容に、製作元であるレベルファイブの反応は? 本パートでは、コラボ企画の最後の1つ「地獄のミサワスペシャルコラボ」の舞台裏を語ります。このコラボを担当した永田氏は、締め切りを守らないミサワ氏のおかげでストレスフルな仕事になってしまったそうです。一体その理由は? そして、3つの企画の他にもボツになってしまった幻の企画についても明かされます。

地獄のミサワコラボの苦い思い出

セブ山氏(以下、セブ山):3つ目は地獄のミサワスペシャルコラボ漫画なんですけれども、これはどうでしょうか? 製作にあたって苦労したというようなところ。

永田氏(以下、永田):これは最悪でしたね。まじで。地獄のミサワという漫画家がいるんですけど、こいつがまあ締め切りを守らないので。もう延ばして延ばしてで。

もういい加減そろそろ本当にやばいんで、「いつできるか正直に、怒らないので教えてください」って言ったら、「明日!」って言ったんですよ。

あ、じゃあ明日かと思って、「じゃあ、まあ明日なら待とう」といって、明日になったらなにも送られて来ないんですよね。

「あれ?」と思って「いや、あの、どうですか?」って聞いたら、「明日!」ってまた来て。またその翌日になってなにも来ないので、「いやあの、どうなってます?」って言ったら、また「明日!」って来るので。ずーっと、ずっと。

セブ山:同じ日をぐるぐるぐるぐる。

永田:おいおいおいおい。しかも、それしかないんですよ。「ちょっと今ここで煮詰まってて……」とかもなくて、もう「明日!」というだけが来るので。

セブ山:えっ、本当に「明日」だけ来るの?

シモダテツヤ氏(以下、シモダ):ほんまにそれにビックリマークついてるだけ。

永田:最終、「夜!」とか。夜になって「おいっ」って言ったら、「朝!」って。「朝ですよ!」って言ったら、そのあともなにも、つーんってシカトされる。「なんなんだよっ?」と。

シモダ:ミサワの奥さんのインスタとか見てたら、明らかにボードゲームやってる写真がアップされてたり。

永田:友達同士で遊んでるんですよ。

「いつまでも続くと思うなよ」

セブ山:でも、それは長島さんなんか詰めたりはしないんですか?

長島氏(以下、長島):だから、僕はクライアントさんとのやりとりは僕がやって。僕、永田君、ミサワさんがいるので、僕はやっぱり永田君に詰めざるをえないんですね。

永田:それも意味がわからないじゃないですか。

長島:そりゃそうでしょ。

永田:だって八つ当たりでしょ。そんなの。

長島:最初は「永田君、いつ?」みたいな感じでやわらかく聞いてたんですけど、やっぱちょっとマジになっちゃうというか、「え、これいつなんだっけ?」みたいな。

永田:マジで最悪ですよ。俺の気持ちになってくださいよ。毎日ハゲに詰められて。

長島:いやいや、違う、違う(笑)。

シモダ:朝、夜とハゲにも詰められて。

永田:ハゲに詰めらる。最悪でしたよ、だから。ストレスがすごかったです。

セブ山:地獄のミサワ先生だからこそ許されることですからね、これね。あっ、許してはないんですね。

永田:いつまでも続くと思うなよ。地獄のミサワ。お前の人気も。本当に。これだけは言っとくわ。

幻の企画、ステマ芸能人を集める

セブ山:(笑)。なるほど、いやぁ、これもう恐ろしいですけれども、なにかほかに泣く泣くボツになった幻の企画とかもあったりするんですか?

永田:芸能人を起用した企画みたいなもので、今までステマで炎上した芸能人を集めて、「今度は嘘じゃないんです! 信じてください! 『妖怪ウォッチ ぷにぷに』はおもしろいんです!」って言ってもらうというキャンペーンを。

シモダ:企画したねえ。

セブ山:(笑)。それは、ペニーオークションとかでありましたよね。いろいろね。

永田:ブログとかでステマとかをしてちょっと問題を起こしてやめちゃった人とか、そういう人をもう一堂に集めて。やったんですけど、それがちょっとそもそもキャスティングができない。

セブ山:そうですよね。来てくれるわけないですよね。

永田:そこだけはイジるな、という(笑)。

(一同笑)

長島:そもそも日野社長がステマが嫌いというのもあったんですよね。

永田:そうそう。そうなんですよ。

セブ山:それを聞くと本当に日野社長というのは男気があって懐の……。

永田:いや、すごいですよね。

シモダ:うん。「とりあえずやってみよう」みたいな感じで通してくれて、あの男気はちょっとシャバの人間のなのか……うーん。

長島:いやいや(笑)。

セブ山:やっぱり本当なんですね。あれ。

永田:いや、1回入ってると思いますね。やっぱり。

長島:いや、違う違う(笑)。

セブ山:というわけで、もう「日野社長、最高!」という感じでお送りしてきました。

永田:最高。レベルファイブ最高!

セブ山:ぜひみなさんも『妖怪ウォッチ ぷにぷに』遊んでみてはいかがでしょうか。ということで、本日はみなさんどうもありがとうございました。

シモダ:はい、ありがとうございます。

長島:ありがとうございます。

永田:ありがとうございました。

<続きは近日公開>

Published at

このログの連載記事

1 締め切りを守らない地獄のミサワのせいでハゲに詰められる日々…『妖怪ウォッチ』コラボの苦い思い出
2 近日公開予定

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?