就活は「やりたいことがある人優先」の席取りゲーム--面接のプロが語る採用の本質

就活ファール!【面接#10-2】W大学 星野さん:す・れ・ち・が・い(究極の面接指南シーズン1) #1/2

本格的な就職活動を前にした迷える現役就活生を、面接のプロが熱血指導する「究極の面接指南」シリーズ。面接官から次々に飛び出す厳しい指摘には、すべての就活生必見のヒントが満載です。就活生向け動画チャンネル「就活ファール!」。前回に引き続き、W大学の星野氏が登場。「将来は太っ腹なおばあちゃんになりたい」と不思議発言を繰り出す彼女に、面接のプロがバッサリ切り捨てる。その理由は?

就活は「やりたいことがある人」優先で席が埋まっていく

ナレーション:前回要領を得ない回答を繰り返し、「自分らしさを生かしたい」と強く主張した彼女。その「自分らしさ」についてこの男が切り込む。

並木裕太氏(以下、並木):星野さんが自分を見た時の「自分らしさ」ってどんなところにあると思っていますか?

星野氏(以下、星野):今までの1つの段階に限らず、すべてで共通しているのは、わかりやすく言うと「うるさいおばさん」ですかね。みんなで意見交換する時だとか、会議でみんなでズラッと机とボードを前にして並んでいると、けっこうみんな自分の意見を言わなかったりするんですね。

ナレーション:やはり質問から離れ、とりとめもなく話しだす彼女。一見コミュニケーション能力が高く見える分、その要領の得なさに並木は思わず言葉をさえぎった。

並木:返答が長いから、面接の時はもっと短く「自分らしさはこれです」って言えるといいと思うんですね。今の会話のお話しの中で……。

ナレーション:彼女の話を的確にまとめだす並木。普段は相手の反応を確認しながら追い詰めていく並木には珍しい光景だ。

並木:就職活動って、やりたいことがある人優先で席が埋まっていく競技なので、たぶんより「自分がやりたいことはこれ!」「あなたの会社でこれしたい」「この会社であれやってみたい」って言えるといいサイクルになると思うんですね。

ナレーション:どうも会話がかみ合わない。アドバイザーと彼女の間に膠着した空気がながれる。

気にしているのは就職ではなく、人生設計?

水谷健彦氏(以下、水谷):星野さんね、今並木さんから、やりたいことを言えたほうがいいって話があったんだけど、さっきリクルートへ行きたいって言っていたよね。

ナレーション:見かねた水谷がここで助け船を出す。

鈴木康弘氏(以下、鈴木):せっかくOBなので、聞いてみたいことありますか? ぶっちゃけこういうことしりたいとか、つつみ隠さずできる範囲でお答えしますが。

星野:えっと、やる気さえあれば出産とか育児休暇を最低限……。私も結婚して、子どもを欲しいなと思っているんですね。

ナレーション:またもや仕事そのものの話ではなく、結婚出産の質問を持ち出す彼女。どうやら現在の意識は目の前の就職ではなく、その先の人生設計にあるのだろうか。

鈴木:みんなの倍くらい売ってる人であればお母さんになって働いて……。

ナレーション:彼女の質問に丁寧に答える鈴木。しかしその表情には少し残念な色が浮かんでいた。

まだ見えていない産業をどう考える?

曽山哲人氏(以下、曽山):もう少しくわしく教えてほしい点があります。たとえばITという産業であるとか、ファッション。

ナレーション:なんとか仕事そのものに対する興味や希望を聞き出そうと、曽山が再び質問する。

曽山:ここに共通しているものってなんですか?

星野:そうですね、正直今までの大学に入ってからの学生生活での活動で関わったことのある業界ですかね。

曽山:なるほど、自分の生活であるとか、学生としての立場で触れたところですね。なるほど。そうすると、自分がある意味大学に入ってから視野は広がったという話をされてましたけど。

ナレーション:ようやく質問と回答がかみ合ってきたようだ。曽山が引き続き質問を重ねる。

曽山:それ以外にまだ見えていない産業がおそらくありますよね。例えば企業対企業の仕事、とかだとおそらくほとんど接点がないはずなので、そういったところはこれからどういうふうに見よう、もしくは見ない、なにか考え方ってありますか?

星野:私も就職活動について考えたばかりなので、今までの活動の中でかかわってきたかたがたの影響で興味がある、っていうのは今これだけなんです。でも、もちろんこれから興味があるところはとにかく見て、研究して、いろんな方の話を聞いて勉強して決めていきたいなと思っているところです。

その中でもやっぱり思ってみると、私が今まで小さい時からやっぱりインターネットってすごく自分の中でいくらでも可能性があるなって感覚がまだあるので。

ナレーション:突然インターネットに対する思いを語りだす彼女。

曽山:インターネットっていう産業でいろんな会社を見てみるのも1つありだと思いますね。

「ミスいい人が損する人」グランプリ受賞

水谷:星野さん、今だいぶいろいろしゃべって理解が深まっていると思いますけど。

ナレーション:水谷は彼女の印象を再度、並木に尋ねた。

並木:残念ながら変わってなくて、「明るくて元気でいいやつ」印象が残っているだけにとどまっているんですね。今グランプリあげるとしたら「ミスいい人が損する人」グランプリ受賞。

ナレーション:発言の真意を並木が語る。学生の問題点とは。

<続きは近日公開>

就活ファール!
就活ファール!は、人事のプロによる面接指南や内定者からのアドバイス、企業研究など就職活動に役立つ情報が満載の就活バラエティ番組です。
【就活ファール!本サイトで全動画公開中!】
Published at

就活ファール!

就活ファール!に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、就活ファール!に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 就活は「やりたいことがある人優先」の席取りゲーム--面接のプロが語る採用の本質
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?