「仲代達矢についていく」豪華な共演者たち

司会者:そのキャストにちょっと触れましょう。

黒木華さんをはじめ、阿部寛さん、原田美枝子さん。小林薫さんという超豪華キャストです。これはみなさん、「仲代達矢さんと仕事がしたい!」ということだと思うのですが。

仲代達矢氏(以下、仲代):いやね。阿部寛さん。あの人はそう若くはありませんが、日本で一番のイケメンだと思いますよ。いや、本当に日本人離れしているし、芝居したら、芸がうまいんですよね。こんなことを申しますと阿部さんに失礼ですが、イケメンだけじゃなく、強烈な演技者。役者なのだと思いました。

そうしたら阿部さんにですね、「私、もう少しやる元気が出てきました。84歳でこれだけセリフを言うのだから」と。こんなことを言っちゃいけないのかもしれませんが、「51歳でも60歳でも70歳でも、やる元気が出てきました」と仰っていただいて。「あ、そう思ってくださったのだな」「よかったな」と思ったのですが。

司会者:みんな「ついていく」という気持ちなのだと思います。ほかにも、原田美枝子さんとは『乱』でご一緒されていて、このパンフレットでも“仲代達矢映画この1本”というのでみなさんが作品を選ばれています。

その中で、原田さんはやはり『乱』を選ばれているのですね。原田さんもやはり、黒澤明監督に鍛えられた女優さんだと感じているのですが、それはよろしいですか?

仲代:原田美枝子さんはですね、私は『乱』という黒澤先生の映画で共演させていただきました。あの強烈な演技は……。あとから聞いた話ですが、黒澤さんが1ヶ月かけて特訓をしたのだそうです。それで、私は『乱』に主役で出ておりますが、いや、かなわないなと思いました。

ただ、とにかくすごくイジメるのですよね。こないだアメリカで賞をいただいた『果し合い』という時代劇でも、すごくイジメるのですね。今度もお父さんを1人だけイジメるでしょう? だから初めてロケ地で会った時に「あなたまたイジメるの?」と……。でも、本当に素晴らしい女優さんですよね。

共演者たちに感じた「鮮度」

それと、さっき黒木(華)さんのお話が出ましたが、私はもう60年間も役者をやっていて、一番欲しいのは新鮮さです。引き出しはいっぱいありますが、昔からのものでは本当は使い物にならない。やっぱり新鮮さがないといけない。

私は日本で一番小さい私塾「無名塾」というのをやっているのですが、彼らを見ていると新鮮ですよね。素人だって、始めはそうですが、その鮮度が欲しいのです。

今度の映画で共演者に一番感じたのは、その鮮度ですね。

司会者:なるほど。

仲代:我々が一番欲しいのは鮮度だと。そうした意味では、勉強になりました。

司会者:まだまだ鮮度のある引き出しを出していただければ。

その黒澤監督の娘さんである(黒澤)和子さんが今回、衣装を担当されています。パジャマとコートを用意されたのは、和子さんですか?

仲代:そうですね。長いコートでした。ちょっと洒落てるじゃない。しかし出来上がった作品を見たら、あぁ、なるほど。兆吉さんに似合った衣装だなと思いました。老人ホームからの束縛を逃れて、自由を求めて、認知症でありながら自由に徘徊する主人公。

司会者:そうですね。

仲代:それに似合った衣装でしたね。

司会者:さすがですね。

演劇人は“長回し”が苦にならない

司会:それで今回、先ほどから名前が出ている小林政広監督のワンシーンの長回しの演出がすごく特徴的です。引きの絵があり、長回しがあり。

そこの中で、この本にも仲代さんは「長回しが嫌いではない」「演技者の側からいうとカットを割られる方が逆に辛いのだ」と書いてあるのですが、それはそれでいいのですか?

仲代:先ほどセリフ覚えが悪いと言いましたが、ちゃんと準備期間さえいただいて、全部頭の中に叩き込めば、長回しは苦になりません。もともと私は演劇人で、昔、俳優座というところに27年間いて映像と芝居を二股かけてやってきました。だから、セリフさえ覚えられればいいのです。

例えば映画の場合は、こっちでワンカット。はい、カット。今度はこっちでカット。といったようにワンシーンが短い方がちょっとやりにくいのですよ。気持ちのつながりがね、分断されるようで。

だからまぁ、小林政広監督の映画では、前作の『日本の悲劇』で、みなさんご存知だと思いますが、フィルムはだいたい長回しで10分〜15分なのですよ。それが最近のデジタルだと、1時間でも回ってくれます。

『日本の悲劇』の時も、後ろにカメラがあって、なん十分もワンカットで回してくれました。だから、基本的に言うと、セリフさえ覚えてれば、長回しの方がいいですね。

初日にラストシーンを撮ることもある映画ならではの難しさ

司会者:例えば映画の演技と、舞台での演技そのものはやはり違うのですか? それとも違わないのですか?

仲代:そうですね。私は20代で演劇を始めまして、映画も出てやってきましたが、その頃しょっちゅうそれを聞かれました。映画演技と演劇演技とどう違うのだということを。

司会者:高峰秀子さんにはそれは違うと言われたそうですね。

仲代:だいたいね、演劇俳優は映画俳優をバカにしているのだと高峰さんがおっしゃたことがあるのですが。「バカにしていませんよ!」というのは、映画は書くものが短かいから。

我々演劇では、2時間あるものの主役をやりますと、2時間喋りっぱなしということがあるわけですよ。それだから、そうおっしゃるのだと思いましたが。

しかしね、映画の役者は時によっては初日にラストシーンから撮るのです。だから、それをずーっと分析しておかなければいけない難しさがあります。

それから、山田五十鈴大先生は、私が一度お相手役をさせていただいた時に「仲代さん。相手のセリフを覚えなさい」と。まず相手のセリフを覚えて、それから自分のセリフを覚えるのだとおっしゃいました。そういった大事なことを未だに、年寄りの頭ですが実行しております。

佇まいだけで役を演じていた小林薫

司会者:ありがとうございます。

今回の映画は、すごく私の好きなタイプなのですね。なぜかと言いますと今回、桑畑さんの人生をしっかりと描いている一方で、それぞれの登場人物のバックグラウンドもちゃんとあります。

映画が終わった後、その登場人物たちの次の運命、および人生はどうなるのだろうと想像させるのが、私の好きなタイプの映画なのですが、まさにそうなっていて。例えばラストシーンの向こう側、原田さんと小林(薫)さんによるあの2人が、その先どうなっていくのかということがすごく興味深いですよね。

仲代 :小林薫さんにね、セリフは少ないのですが、最後の大事な時にポツンと言うセリフがあるのですよ。「うらやましいなぁ」と小林監督に言ったのですけど、見事にそれを演じて、セリフ覚えの苦労もなしで。

(会場笑)

このね、幕を閉めるような。

司会者:ただ、立って佇まいが役を演じている中で素晴らしかったですねぇ。

仲代 :あの一言で、これからどうなるのだろうと思わせる。

司会者:本当にそうですね。