小島英揮氏、自己紹介

モデレータ:それでは皆さん、大変お待たせいたしました。登壇者はアマゾンデータサービスジャパン株式会社マーケティング本部長でいらっしゃいます小島英揮さんです。タイトルは「デジタル時代だからこそのコミュニティマーケティングのススメ - JAWS-UGにおける実践例」。それでは小島さん、よろしくお願いします!

小島英揮氏(以下、小島):はい、皆さんこんにちは。今ご紹介頂きましたアマゾンでクラウドのマーケティングを担当しています小島と申します。今日は、イベントをもっと活用しようという趣旨の集まりだと思いますが、私のお題は「コミュニティ」。ちょっとイベントとは関係なさそうに見えるのですが、このコミュニティがいかにマーケティング活動に役に立つか、コミュニティを育成する時にイベントがどんなスパイスを持っているのか、このようなポイントを私の実践例・体験からお話したいと思います。

この通りやれば必ず成功するかはわかりませんが、いくつか皆さんのヒントになるような情報があるのでは、と思っています。まずは自己紹介。小島と申します。なかなかオジマと呼ばれません。コジマさんと呼ばれることが多いです。なので、コジマと呼ばれても普通に反応しますので大丈夫です。

(会場笑)

出身は最近某ブロガーが移住して最近話題でございますが、高知県です。「そんなにいいところだったかなぁ?」と思いながら私も時々読んでいるのですが、

(会場笑)

いいところです。高知出身なので四国遍路八十八か所結願者です。全部回りました。最後に高野山まで行っています。巡りたい方は「予算どれくらい?」とか「日数どれくらい?」とか聞いて頂ければお教えします。年がバレてしまいますが、バブル真っ只中の世代です。この銀座界隈、新卒のころ紙切れをタクシーに見せて札束に見せかけてタクシーを止めていた時代を思い出します。今、笑った人は大体年代が一緒ですね。

(会場笑)

時代による「コミュニティ」の意味の変遷

信じられないかもしれないですが、タクシーがつかまらない時代がありました。二時間くらいつかまらない。新卒の仕事は、先輩のためにタクシーを止めて、乗せて、見送る。こういう生産性のない仕事をしていた時代もございました。新卒で入ってからずっとIT業界でマーケティングをやっています。大体20年くらいです。

今の仕事、アマゾンデータサービスジャパンというところで、AWSというクラウドのサービスのマーケティングを担当しています。この会社の採用第一号ということで入りました。これは2009年12月なので、もうすぐ丸5年になります。ちなみに、このアマゾン知っている方どれくらいいらっしゃいますか? じゃあもう説明不要ということで、クラウドをやっています。

これを見せると時々、本屋のアマゾンとはロゴがちょっと違うので、バッタもんじゃないかと言われるのですが、ちゃんと同じシアトルに本社があります。たくさんのお客様にお使いいただいております。会社の話はここまででございまして、今日はコミュニティの話です。皆さんの中で、コミュニティに参加したり、もしくは総指揮したり、そういった経験がある方はどれくらいいらっしゃいますか?

結構いますね。コミュニティ、元々は地域に根差した、という言葉だったと思います。今はネット等の通信手段が優れてきているので、地域にとらわれず、趣味や目的、理念を元に集まるオンライン・オフラインの場をコミュニティという風になってきていると思います。私自身がコミュニティとどう関わってきたか、歴史を紐解きます。

コミュニティなるものに触れたのは1990年くらいです。Linuxコミュニティというものがありまして、当時相当の衝撃を受けました。なぜかというと、みんなすごくコミットしていたんです。色んな情報を出したり、答えたり、相当な時間を費やしているのですが、お金をもらっている素振りが見えないんです。どうやってこの人達は駆動されているんだ? 何で動いているのか非常に不思議でした。

コミュニティと情報拡散の相性の良さ

2000年頃、ちょうど当時勤めていた会社がXML関連の製品をやっていたので、またXMLコミュニティに少し関わるようになりました。ここで色々自社製品のことや情報を出すと反応がありました。その時に、「もしかしたら、コミュニティとは情報拡散にすごくいいんじゃないか」と。反応があると嬉しいんです。嬉しくてまた情報を出してしまう。

Linuxの時は、技術的に自分が全然ついていけなかったので、単なる傍観者でしたが、XMLコミュニティになって自分が関わる製品になってくると当事者になっていきました。これは自分の力を拡張するだろう、という感じがしました。同じころ、電子申請推進コンソーシアムという、官公庁への届出を電子化しようという団体があり、この座長をやっていました。

これは100%ビジネスの集まりで、コミュニティではありませんでした。100%ビジネスだと、僕が今までやっていたコミュニティとはちょっと違いました。ビジネスビジネスしているのは、やはりちょっと違うのでは? と。そして2006年、アドビという会社にいまして、Flashのテクノロジーをシステムに展開するためのFlexというフレームワークを立ち上げることになり、その時にFlexのディベロッパーの方と一緒に一からコミュニティを立ち上げ、この頃に確信しました。コミュニティはすごくいいマーケティングツールだと。

「JAWS」のコミュニティ運営術

この確信をもとに、アマゾンに移り、作り上げてきたコミュニティ、Japan AWS User Group、略してJAWS-UGというコミュニティがあります。これをどのように作り上げ、どのように広げてきたかのお話をすることで、皆さんにコミュニティの使い方のヒントを差し上げられればと思っています。これがJAWSというコミュニティのロゴです。これを貼っていると、「あなたもJAWSに行っているんですか?」みたいな感じでお互いを認知することが出来ます。

今、このコミュニティは全国に広がって、色んなご当地JAWSのマークがあります。例えば、中央線。これなかなかいいですよね? コミュニティは地域性から最近は遠のいているという話をしましたが、実際に集まるとなると地域性すごく大事です。なので、東京で始まったのですが、東京だけにコミュニティがあってもうまく回りません。近くに集まる場所が欲しい、ということで色々なところが出来ていきます。

面白いのは静岡県。静岡県にはJAWSのコミュニティが二つあります。JAWS静岡とJAWS浜松。静岡県出身の方、いらっしゃいますか? 浜松は静岡ではない、というのが非常にあるみたいなんです。行政規格上、たまたま静岡になっているけど違うものです、と。江戸時代・戦国時代見てください、違うものです、とそこまで遡って、そうなんだと。コミュニティつくるのであれば、静岡だけではなく、浜松も必要ですよね、ということでJAWS静岡が出来る一日前に浜松が出来ています。そんな地域性、大事です。

ユーザーコミュニティからのフィードバックはとても参考になる

これなんでしょう? ピンクのJAWS。これは女性オンリーの会合でございます。今日はマーケティングのイベントなので結構女性の方もいらっしゃいますが、ディベロッパーの集まりになると女性は非常に稀有な存在なんです。女性が勉強会に来ると何が起こるか。男性からの視線がすごいんですよ。で、すごく嫌だと。ますます来ない、と。じゃあそのブロッカーを排除しようということで男性禁止。

女性しか行けない。これやると、女性が非常にたくさん集まる。潜在ユーザーを掘り起こすわけです。こういうこともやっています。ちなみにアマゾンの社員だとこれに参加できるという特典がございます。今絶賛採用中ですので、

(会場笑)

彼女いない、女子会に参加したいという方は後でこっそり。

(会場笑)

こんな感じで広がって大体日本全国で45支部。ちょっと北陸界隈は弱いかな、という感じですが、九州・四国は全県制覇しています。もし、皆さんのブランドとか商品で、これだけユーザーコミュニティがあったら結構良いと思いません? グラスルーツで、情報提供するとすぐ広がったり、色んなフィードバックが来る。これすごく良いです。