「玉置浩二には人間としての圧倒的魅力がある」青田典子×吉田豪が語る、“お騒がせ男”の真の姿

ゲスト:吉田豪 #3/3

vol.1
に開催

“ガールズトーク”をコンセプトに、元C.C.ガールズの青田典子氏が今会いたい・話したい人をゲストに迎えてトークを行うイベント「Girl’s Talk LOVE&LIVE」を開催しました。第1回目のゲストは、書評家でインタビュアーの吉田豪氏。本パートでは、青田氏と吉田氏それぞれが感じている玉置浩二氏の魅力を紹介。“お騒がせ男”とも称される玉置氏の本当の姿とは?

吉田の最も忘れられないアイドルは「岡田有希子」

吉田豪氏(以下、吉田):基本インタビューの現場は盛り上がっているし、相手からも指名されるぐらいにはなっているのですが。

青田典子氏(以下、青田):そうですね。信頼感が強いということですね。

話していて、急に「この人、思ったよりすてきな人でほの字になった」とか、そういった人はいましたか?

吉田:ほの字……。

青田:画面やイメージよりぜんぜん「あ、こんなにいい人だったんだ」とか。

吉田:基本そういう人ばかりですよ。興味があって会いに行って、だいたい「うわ、すげえ。もっと好きになった」という方ばかりですが。

青田:ああ、そうなんですね。

吉田:女性だと、でもやっぱりあれですね、元アイドル系の取材、一時期すごくやっていた時は何人か感じましたね。「うわー」という。「惚れるー」ぐらいはいましたが。

青田:ああ、そうなんですか。一番好きなアイドルさんはどなたでいらっしゃるのですか?

吉田:えーと、ちょっと……僕、難しいんですが。実はずっと引きずってるのは……ちょっと引くかもしれませんが、岡田有希子さんなんですよ。

青田:えー、そうなんだ。

吉田:ずっと一番思い出が強くて。むしろああいうことがあったので、それを引きずって活動し続けている感じなんですよ。

青田:自分の中になにかこう、トラウマじゃないですが、想いがあってインタビュアーをずっと続けていらっしゃるんですね。

吉田:はい、いろいろ芸能界は病みやすいじゃないですか。だから、病んだ人がどうやって抜けられたのか、といったことを裏テーマにしています。ふざけた仕事をしながらも、そういったものがあるからちゃんと説得力が出るというか。ベースはちゃんとしとこうというような話です。

『ふぞろいの林檎たち』の共演者はギリギリNG?

青田:そういうことなんですね。なるほどね。そうした出会いがたくさんある中で、Girl’s Talkですから今回の吉田さんは特別男性でいらっしゃるわけですが。この後に続く女性のゲストの中で、こんな方がおもしろいんじゃないかとか、私と話したら楽しいのではないかという方がいらっしゃったりします?

吉田:というか、今のところ決まっているのは、3回目ぐらいまででしたっけ?

青田:そうなんですよ。

吉田:くらたま(倉田真由美)さんと。

青田:くらたまさんと、C.C.ガールズと、シェイプアップガールズのメンバーだったりするのですが。

吉田:僕にそういうことを聞くと、本当に余計なことしか思い浮かばなくなるので。

青田:そうですか。

吉田:そうなんですよ。だから、やめたほうがいいかもしれない(笑)。

青田:地雷を踏んじゃいますね。なるほど。

吉田:昔、青田さんのインタビューで「好きなドラマは『ふぞろいの林檎たち』と答えていたな」とか。

青田:ああ、うまいですね(笑)。

吉田:そういった余計なことを言いたくなっちゃうので。我慢できずに。

青田:でも、すてきなノリですね。うまいですね。

(会場笑)

吉田:ギリギリ地雷を踏まないぐらいの感じが好きなんです。

青田:なるほど。うまい。ギリギリな感じ。はい、ということで、あとはなにか、えー……(笑)。

吉田:ちょっと困ってますね。

青田:そうですね。ちょっと別の汗が出てきましたね(笑)。

バブル時代に無職だった吉田

青田:この後ですね、ベッド・インさんというゲストの方も来るのですが、彼女たちにこんなことを聞いたらどうかといったアドバイスはありますか?

吉田:ナタリーさんでやっていた対談、おもしろかったですね。

青田:覗いてくれたのですか。

吉田:もちろん、もちろん。

青田:ありがとうございます。

吉田:本当にあの2人は、異常な探究心でそのへんのことを調べていますからね。

青田:そうなんですよね。バブルという言葉に対して。バブル時代はご経験でいらっしゃいますよね?

吉田:まったく僕は接点なかったです。

青田:え、接点がない?

吉田:生きてはいましたけど、バブルの恩恵に与ったことは一切ないし。

青田:まったくですか?

吉田:当時、ディスコとかも一切行っていないし、なにも知らないに等しいぐらい。

青田:じゃあその当時はなにを?

吉田:無職ですよ(笑)。

青田:無職ですか。へえ。

吉田:バブルといえば。

青田:そうなんですか。えっ、無職でいらっしゃる。それはものすごい……なんか斬新ですね。

吉田:89年が無職だったので、たぶん一番バブルな頃に無職ですよ。

青田:ああ、そうだったのですか。そこからね、好きなタレントさんができて、本も書かれたり、評論もですよね。書評家でいらっしゃいますものね。そういうことを経て、心を開くことが特技とされ、そして玉置浩二とドライブまで辿り着きインタビューをしたという。

そんなかたちでの吉田豪さんでした。本当に……。

(会場笑)

吉田:えっ? 進行、雑ですよね。すごい(笑)。

青田:すいません。これ以上深掘りするとなにが飛び出してくるかわからないと思いまして、ちょっと焦ってる私でございます(笑)。

新宿二丁目に住んでいた、でもノンケです

青田:じゃあ、そのほか告知とか今後のなにか活動とかはおありですか?

吉田:ここでまたいつもやっているイベントをやりますぐらいなもので、それぐらいですね。

青田:いつもここで講演会をされていらっしゃるのですね。

吉田:よくやってまして。

青田:ああ、そうだったのですか。なるほど。

吉田:数日前にもテレビの収録でここ来たぐらい、ここにはよく来ていますね。

青田:このピアスされているのはもう?

吉田:だいぶ細かいことイジリましたね(笑)。

青田:雑だと言われたので、このあたりを探っておこうかなと。

吉田:聞かれたことないですよ、そんなこと。ピアスがなにか?

青田:いや、ピアスされているなと思って。すてきだなと思って。

吉田:これ、高校生の時に空けて。

青田:そうなんですね。

吉田:犬に噛まれたって嘘をついて、ずっと絆創膏してましたね。

青田:その空けたきっかけは話して……。

吉田:ぜんぜん深い意味もなにもないですよ。

青田:なにもないの?

吉田:ぜんぜん。パンクにかぶれてこういうことをやっていこうと。でね、左に開けるとゲイだとか、いろいろあったじゃないですか。

青田:ですよね。

吉田:こっちなら大丈夫だと思ったら、鏡から見て左側とか、本人にとって左側とか、説が2つあって。どっちに開けても疑われはするという。しくじったなと思いながら(笑)。

青田:なるほど。その印ではない……?

吉田:ぜんぜん。新宿2丁目に住んでますけど、ノンケです。

青田:あ、そうですか。ああ、なんか聞けてよかったです。でも、本当は聞くかどうしようかと思ったのですが。

吉田:ぜんぜん。

青田:ありがとうございます。はい。そういうことで、もっと聞きたい……(笑)。

吉田:雑な進行(笑)。

青田:申し訳ございません(笑)。あとはなにか?

吉田:「あとはなにか」? なんでそう絞り出すようにさ(笑)。

青田:そうですねえ(笑)。

人間・玉置浩二の圧倒的な魅力

吉田:あとはなにか?(笑)。

青田:なにか私に聞きたいことはありますか?

吉田:いくらでもありますよ(笑)。

青田:そうですか。

吉田:いやなんかね、普通に旦那さんの話も聞きたい。僕、安全地帯のコンサートで武道館にも行ったんですよ。

青田:ありがとうございます。

吉田:友達を何人か呼んで、Kダブシャインというラッパーと、西寺郷太というジャニーズにも楽曲を提供しているミュージシャンと3人で、みんなで大騒ぎして行ってきましたよ。

青田:そうですか。玉置浩二の歌で好きなアルバムとか「この曲は好きだ」とか、ありますか?

吉田:当然、歌手の玉置浩二さんも大好きですが、人間としての玉置浩二さんの魅力が勝ります。

青田:ああ、なるほど。

吉田:うん。アーティストとしてもすばらしいけど、人間的魅力が圧倒的すぎる。相当いろんな人にインタビューしてきましたが、それはもう……うん。

青田:その魅力の一番を感じたというか、そういう、アップダウンはあるかもしれませんが、それを魅力と感じる……。

吉田:魅力ですよ。それをむき出しにできる人って、そんなにいないじゃないですか。

青田:そうですね。好きなものを好きだと言ってますしねえ。

玉置浩二の今は?

吉田:ワイドショーが一時期あれだけ追いかけまくったのもわかるんですよ。サービスしちゃうじゃないですか。本当に余計なことを平気で言うじゃないですか。あれはレポーターが大喜びですよ。

青田:ああ、なるほど。

吉田:お金も払ってないのに、こんなことまで話してくれる。当然、機嫌の上下はあるのだけど、上機嫌なときは「もうなんでもやりますよ!」という。いろんな人に聞いても、やっぱり仲良い人は本当に悪く言わないというか、「すごいよ」という。突然、歌の出前をしてくれたりといった話をよく聞きますね。

青田:ああ、そうなんだ。本当にどこでも、歌ってと言うと歌いに行くので。

吉田:言われなくても来るという。ギターを持って「歌いに来たよ!」ぐらいのすごいサービス精神。

青田:うーん、そうですね。そうなんですよ。だから最近はもうあまり外にも出なくなりましたし、それでなんか、ワイドショーに騒がれなくなりました。安定している証拠だと思いますが。ですから、とても充実はしているのですが。

吉田:お酒はやめられたんですか?

青田:お酒はほぼ飲んでいないですね。今はクラシックス・オーケストラという、とても重圧のかかるお仕事をしているので、そこに向けての喉のコントロールがけっこうプレッシャーになっていると思うのですが。

吉田:それは一緒にいる人としてもプレッシャーを同時に感じるものなんですか?

青田:それはありますね。歌う前日などは、私は家の壁になっています。

吉田:「いませんよ」という(笑)。

青田:「私はここにいません」という感じになったりもしますが。そのぐらいやっぱりピリピリ感はありますよね。

夫婦は桃栗三年柿八年

吉田:でもね、テレビで本当に一番離婚しそうな人ランキングで1位になっていたじゃないですか。

青田:そう。「いつ別れるの?」という感じの。

吉田:すごくがんばっていますよね。本当にね。

(会場笑)

青田:そうですか? まあ、桃栗三年柿八年と言いますが、やっぱり3年超えるとね、単純と言ったらあれですけど、「ここをつかなければ大丈夫」とか。コンスタントな生き方が好きな人なので、そういう意味では本当に簡単なんです。

吉田:なるほど。大変な人ではあるけれども、ポイントはわかりやすいという。

青田:ポイントをつかめば。なので、そういう意味ではとても楽しく暮らしております。

吉田:だって1回、家庭にカメラ入った時にリアルで夫婦喧嘩が起きてみたいなのが、そのままテレビで放送されたのを見たことがあります。

青田:ああ。そうだ。あのお鍋を食べた時ね。

吉田:そうです、そうです。

青田:そうそう。あの時ね。そうなんですよ。コンサートのチケットがどうのこうのということで。

吉田:カメラが回ってて喧嘩をするのってすごいですね(笑)。「カメラの前だからやめておこう」がないという。

青田:まあそう……あれも、渡す期限が決められていて、ギリギリだったんですよ。でも、あれしかなくて。あとから玉置側のスタッフに「ちょっとあれでよかったのか?」と言われて、ちょっとすねられましたけど、私も(笑)。そうなんです。まあ、あれも彼の良さなので。

吉田:そうですよね。

青田:はい(笑)。なので……こんなかたちでよろしいでしょうかね。

吉田:そういう話が聞きたかったんです(笑)。

青田:ああ、そうですか。ふだんのプライベートな感じで。

もう今は3人で、まあチェリー(愛犬)は1人とは言わないかもしれませんが、みなさんの想像以上に本当に穏やかな日々ですので。ある種「こんなに静かで大丈夫かな?」というぐらい安定していますし、音楽に向かっていますし。

それでまあ、オーケストラとの出会いが大きかったかなとも思いますが、あとは私をすごく信じてくれるようになったことですよね。それも大きかったと思います。

「もう来なくていいから来てください!」FNSからのラブコール

吉田:玉置さんに一度取材した時に、「あのさ、いつでもうち遊びに来てよ!」とみんなに言ってて。「えっ、来れるわけないじゃないですか」という(笑)。

青田:言うんですよ。なんか、FNSとかでお会いするミュージシャンの方に出会った時に、わーっと盛り上がって、「いや、うちにこのままおいでよ」とか言うんだけど、「ちょっと待って。そ、そんな……今、来られても」という感じなんだけど。

そのあと楽屋に来られて「あの、連絡先がわからないんです」と。「どのように」と言われて「いや、そのときのノリで申し訳ございません」て。

吉田:FNSの伝説、いっぱい作りましたもんね。

青田:伝説ですか?

吉田:伝説ですよ。

青田:ああ、そうですか。それも伝説ですか?

吉田:伝説ですよ。来ないとかも(笑)。

青田:ああ、ねえ。そんな時もありましたね。今、私はもうあれですよ、手綱引くのがうまくなりましてですね。

吉田:そういうことが起きないように、うまくできているような。

青田:はい。

吉田:本当にね。未だにTOKIOの長瀬(智也)くんとかね。「玉置さーん、待ってます!」みたいな(笑)。

青田:確かに、ありました。

吉田:テレビを通じてメッセージを(笑)。

青田:そうですね、だからFNSとかのプロデューサーが「もう来なくていいので、来てください」と言うんです。

吉田:なんですか、それ(笑)。

青田:来てくださいっていう。

吉田:「来なくてもいいので、オファーします」と?

青田:はい。そこも、謳い文句で、「もう来なくてもいいですから、来てください」。

吉田:普通はないけど、それが通用するというか。

青田:そこに反応していくみたいな。

吉田:なるほど。「だったら行くよ!」と。

青田:「行くよ」というね。そう。

吉田:最高ですよ。本当に。

そしてフィナーレへ

青田:ありがとうございます。こんな感じで話が盛り上がりましたが、このあたりで満足していただけたでしょうか?

(会場笑)

吉田:はいはい。満足できました(笑)。ありがとうございます。

(会場拍手)

青田:ありがとうございます。それでは次のゲストの方のパフォーマンスの時間がありますので、心苦しいですが、このあたりで終わりということで。

吉田:心、込もってないですよね(笑)。

(会場笑)

青田:本当にありがとうございました。

(会場拍手)

Occurred on , Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?