左脳の血管が破裂、4時間かけて情報処理能力を失っていく

ジル・ボルト・テイラー博士:私が脳の研究をするようになったのは、統合失調症を持つ兄のためでした。妹として、そして後に科学者として、私は知りたかったのです。なぜ私は夢と現実を関連づけ、夢を実現させることもできるのに、兄はそれができないのかということを。兄は、夢を現実に関連付けることができず、すべては妄想となってしまうのです。

その後私は、精神疾患の研究に取り組むことになりました。故郷のインディアナ州からボストンへと移り住み、ハーバード大学精神科にあるフランシーン・ベネス研究室に入りました。研究室で私たちは、正常と診断される人の脳と、統合失調症や統合失調性感情障害、双極性障害と診断される人の脳には、生物学的にどんな違いがあるのかを研究していました。

私たちは、脳の回路のマッピングを行い、どの細胞とどの細胞が通信しているのか、その時どんな化学物質をどれだけ使っているのかを研究しました。その頃の私の生活はとても充実していました。日中は研究を行い、夜や週末には精神障害同盟会(NAMI:national alliance of mental illness)の活動に参加していました。

ところが、1996年12月10日の朝、私は脳卒中を起こしたのです。私の左脳の血管は破裂し、私は4時間かけて自分の脳が情報処理能力を失っていくのを体感しました。

出血を起こした後、私は歩くこと、話すこと、読み書きをする能力を失い、自分が誰かも分からない状態でした。私は、大人の体をした赤ん坊になってしまったのです。

皆さんは人間の脳を見たことがありますか。脳には、2つの脳半球があり、それらは完全に分離されています。ここに本物の人間の脳を持ってきました。

こちらです。こちらが脳の正面、そして後ろには脊髄がぶら下がっています。2つの脳半球が完全に分離しているのが分かりますね。

右脳と左脳は完全に独立した別人格である

もしコンピューターに詳しい方がいらっしゃるのならば、例えるなら右脳は並列プロセッサ、左脳は単一プロセッサの機能を持っている、という説明がわかりやすいかもしれません。2つの脳半球は3億の神経線維からなる脳梁を通して通信し合っていますが、それを除けばそれらは完全に分かれているのです。2つの脳半球は別々に情報を処理します。そのためそれぞれの脳半球ではいわば考えることが違うのです。言葉を変えていうと、2つの脳半球はそれぞれ別人格であると言えるでしょう。

(助手に脳を手渡す)

ありがとう、とても楽しかったわ

(会場笑)

右脳にとっては現在ここにあることがすべてです。今この場所にいること、この瞬間を生きていることがすべてなのです。右脳は映像を通して考え、体の動きから得られる感覚で学びます。右脳に伝わる情報はエネルギーの形をとっています。感覚システムからそれらの情報が一気に流れ込むのです。そしてこの瞬間、何が見え、臭い、味がして、どのような感触がして、何が聞こえるかという情報を寄り集め、それらを総合体として認識します。

例えるのなら、右脳の意識を通して世界を見ると、私という存在は自分を取り巻くすべてのエネルギーと繋がっている存在なのです、まるで1つの家族のように。この場所や瞬間に、私たちはこの世界をより良くしようとしている兄弟姉妹となります。私たちはとても完璧な美しい共同体の一員として存在するのです。

さて、左脳はまったく異なった存在です。私たちの左脳は物事を直線的・系統別に考えます。左脳は、過去と未来の経験に基づいて、現在の瞬間を表すたくさんの総合的な情報から詳細を拾い出します。そしさらにその詳細の中からその詳細、そしてその詳細の中の詳細……というように。拾い出したそれらの詳細を分類し、情報を整理し、過去の経験と結びつけて、それを将来の行動へと反映します。

また左脳は言語で考えます。言うならば、脳内の「声」が内面の世界と外の世界とを繋ぐ役割を果たしているのです。例えば、左脳は私にこんなふうに言葉を発します。「帰る途中でバナナを買うのを忘れないでね、明日の朝食べるから」「今日は洗濯をしなければいけない」それはまさに、計算された知能が私にするべきことを思い出させるようなものなのです。

そして左脳で最も重要なのは、その「声」が、私が私であること、という事実を思い起こさせることなのです。左脳の存在があるからこそ、私たちは右脳のエネルギーに満ちた共同体から個々の存在へと切り離されます。私たちは1人の個人となり、周りとのエネルギーの共有状態から離れて、分離します。その左脳の働きが、脳卒中の朝に私の失いかけたものでした。

では、私が脳卒中を起こした朝についてお話します。

自分と周囲の境界線がなくなることの快感

その朝、私は左目の裏にひどい痛みを感じ目が覚めました。たとえるのならばその痛みはアイスクリームなどの冷たいものを食べた時に感じるような鋭い痛みです。その痛みは、いったん生じては消え、また生じては消え、というふうに継続的に発生しました。私はこのような痛みを体験することは初めてでしたが、そのうち消えるだろうと思い起き上がって、いつも通り運動用ローリングマシンに乗りエクササイズを始めました。

少しすると、私はマシンを握っている自分の手が原始的な獣か何かの鉤爪のように見えることに気がつきました。変だと思った私は、その後自分の体を見下ろし、そして自分がなんて奇妙な姿をしているのだろう、と思ったのです。その時私は、私が私自身をマシンの上から見下ろしているような感覚にとらわれました。

とても奇妙な感覚にとらわれ、頭痛がひどくなったので私はマシンを降りてシャワーをに向かおうとしました。しかし、私の体の機能のすべてがとても遅くなり、ぎこちなくなっていることに気がつきました。身体機能も認識能力も制限されているようなその状況の中、なんとか動けるように体に意識を集中して歩きました。浴室に向かう途中、私は実際私の頭の中の「声」が聞こえるような気がしました、それは「筋肉、縮め」「筋肉、緩め」という指令を出しているのです。

しかしすぐに私はバランスを崩し、壁にもたれかかりました。そして自分の腕を見た時、もはや自分の体とその周りの物の境界線がわからなくなっていることに気付いたのです。自分という存在がどこから始まりどこで終わるのかも見分けがつきません。まるで私の腕の分子が壁の分子と入り交ざって、一体になっているような感覚なのです。唯一認識できるのは、私の体の中のエネルギーです。

私は考えようと努力し、私に何が起きているのかを問いかけようとしました。しかしその瞬間、さっきまで聞こえていた左脳の「声」が完全に途絶えてしまったのです。まるで静寂です。誰かがいきなりテレビのリモコンのミュートボタンを押したかのように、私の中の「声」が消えたのです。

私はその状態にとてもショックを受けましたが、それと同時に私という存在が周囲の大きなエネルギーと共同体となっている状態に魅了されたのです。もはや体の境界さえわからない私は、自分という存在が周りのエネルギーと一体となり大きく、大きく広がる感覚を感じたのです。それはとても素晴らしいものでした。

脳卒中は重荷やしがらみのない素晴らしい世界

しかしそうしていると、突然左脳が復帰してまた「声」が聞こえるようになったのです。それら左脳からくる「声」は、「問題が起きた!」「助けを呼べ!」「大変な問題が起きた!」と繰り返し指令を出すのです。私は「これは問題なのだ」と認識し始めました。

しかしまたすぐに、その「声」は消え、私はさきほどのエネルギーの共同体となっている意識世界へと押し戻されました。私はこのすばらしい空間を ラ・ラ・ランド(陶酔世界)と呼んでいます。そこは本当に素晴らしい世界なのです。外の世界と自分をつなぐ一切のしがらみから完全に切り離されているのです。想像してみてください、仕事のストレスがすべて消え、体が軽くなることを。外の世界とのすべての関係、ストレスの原因がなくなるのです。平和に満ちあふれた世界です。37年間ものさまざまな感情の重荷から解放されるのです、どんなにそれは素晴らしいものでしょう、ああ!

(会場笑)

なんという至福の世界。

しかしまた次の瞬間、左脳が戻ってきたのです。「問題だ! 注意を払え! 助けを呼べ!」私はその指令に集中しなくてはと思い、シャワーから出て機械的に服を着て仕事に行かなければ、と考えていました。しかしこんな状態で運転などできるか、という不安がよぎるのです。右腕は完全に麻痺していました。

そしてその瞬間私は気付いたのです。私は脳卒中を起こしたんだと。

その時、私はこう思いました。「なんてすごい。自分の脳を内側から調べるチャンスに恵まれる脳科学者なんてそうはいないではないか」

(会場笑)

しかし、すぐに「私はとても忙しいし、脳卒中になっている暇はないのではないか」と考えました。

(会場笑)

とはいえ、脳卒中は止められません。1〜2週間で回復するかもしれない。ともかく今は職場に連絡することを優先しなければと考え、その行動に移ろうとしました。しかし職場の電話番号が思い出せないのです。困ったあげく、なんとか私の名刺に電話番号が書いてあるのを思い出し、書斎に行って名刺の束を見つけました。しかし一番上の名刺を見た時に次の問題が生じます、目ではその名刺がどのようなものか見えているのに、それが自分の名刺なのか他人のものなのかわからないのです。

見えるのは画素だけなのです。文字の画素が紙の画素や模様の画素と混じり合って見分けられませんでした。私は少し落ち着いて、意識が回復するのを待ってからもう一度番号探しを始めました。

自分の言葉が「ワンワン」と聞こえる

やっと自分の名刺と他人の名刺を振り分けられるようになったのですが、それでも45分かかりやっと3センチほどの名刺の山を振り分けられるという程度でした。しかもその45分の間に左脳の脳内出血はさらに広がっていきます。数字と電話を理解するのはとても大変なことでしたが、その時の私にはそのプランしか考えつくことができなかったのです。

ようやく自分の名刺を見つけましたが、また次の問題にあたります。数字が理解できないのです。そこで、私は名刺の数字と思われる形と、電話機の上の数字と思われる形のマッチしているものをひとつずつ選び、ダイアルしていったのです。その間も何回かラ・ラ・ランドへ舞い戻ってしまう瞬間があり、我に返るとどこまで番号を押したのかさえ覚えていないということが何回かありました。そこで、麻痺した手をすでにダイアルした数字の上に覆っていくことで、意識が飛んでしまっても、戻った時にどこの番号まで押したか覚えているようにしました。

やっとすべての番号を押し、電話をすることができました。しかし電話を取った同僚の言葉は私にはこう聞こえるのです。「ワンワン・ワンワン」。私はなぜ同僚がゴールデン・レトリバーみたいになっているのだろうと感じました。

(会場笑)

私も必死に助けが必要なことを話そうと思いましたが、口から出たのはやはり「ワンワン・ワンワン」なのです。私もゴールデン・レトリバーみたいに聞こえると思いましたが、その時私は話を聞く能力も話す能力も失いかけていたのでしょう。同僚は私が助けを求めているのを理解し、救急車を手配してくれました。

しばらくして私はマサチューセッツ総合病院へ向かう救急車に乗っていることに気がつきました。私は胎児のように丸まり、自分の体からエネルギーが抜けていき、魂が生きることを諦めかけているのを感じました。それは、風船から空気が抜けていくような感覚でした。

そして、私はもはや自分の人生を謳歌することができないこと、医者が私を救い生きる機会を与えてくれなかったら、おそらく私はこの世を去ることを認識しました。