逃げたかったら、逃げていい︎

司会者:今回は芦名さんのプロフィールなど、私が聞きたいことを聞かせていただいていたんですが、みなさんもきっと質問したいことがたんまりできている頃だと思うので、質問を受け付けさせていただきたいと思います。挙手でお願いします。なにか質問がある方?

(会場挙手)

質問者1:お話ありがとうございます。お会いできて嬉しいです。職業柄、うつ病の患者さんなど、いろんな方と向き合うことが多いのですが、不器用であることから、社会的な成功をしているけれども、心の中はすごく苦しい人もいらっしゃいます。ボトムの人もトップの人も、そういった意味では心の中の構造は同じだと感じています。

逃げる人というのは確かにいると思うんですよね。先ほどのお話に僕もすごく同意していて、勇気が持てなくて逃げてしまう方、自分と向き合うことはもちろん周りや世界と向き合うことから逃げてしまう方がいると思うんです。それを解決する方法としては、カウンセラー、友達や家族、または芦名さんのような方が愛する勇気を与えるということも1つだと思います。

芦名さんは、勇気が出なくて逃げたくなるような、本当に苦しくつらい時でも、すごく自分と向き合って来られた方なんじゃないかなと、あらためて聞いていて感じました。そんな時に、どうやって自分で自分に勇気を与えるのか。何かやられていらっしゃることがあるんじゃないかなと思いまして。もし何か実践されていることや、その時のエピソードなどを教えてもらえたら嬉しいなと思いました。

芦名佑介氏(以下、芦名):ありがとうございます。

1つだけですね。諦めることです。逃げちゃいけないと思うと、すごく苦しくなるじゃないですか。「逃げちゃいけない」とか「うわ~これ嫌だなぁ、諦めたいなぁ」と思ったら、僕は、すぐ諦めます。

諦めてから考えればいいんですよ。その時に、「やっぱりやらなきゃダメだな」と思うかもしれないし、「諦めてよかったな」と思うかもしれないし。誰かが決めた幸せよりも、自分で何が幸せかに気がつくことがすごく大事なんです。

あと、カウンセリングは、その人の現状をしっかりと認識させてあげるだけです。例えば「あなたは今、行動していません。でも行動していなくてもいいんじゃないですか? それは問題ではないんじゃないですか?」と。

「逃げちゃダメだ」と思っている人ほど、なぜ逃げちゃダメかをわかっていないんですよ。もしかしたら逃げたほうがいいのかもしれない。何がダメかわからないまま解決をしようとしているので、どんどん解決できなくなる。だから、しっかりと相手を受け止めてあげて、それでもいいんじゃないですかということを言ってあげたら、彼自身が自分で解決方法を見つけるのではないかなと思います。

質問者1:ありがとうございます。

好きなことを仕事にする方法

司会者:では、前の方。

質問者2:こんにちは。最後の話で、芦名表参道を作られた時に、やりたいことをやるということをおっしゃっていましたが、僕は自分の人生でやりたいことを見つけるのが苦手です。まだやりたいことが……まぁ多少はあるのですが、もっともっと欲しいと思っているので、具体的にやりたいことの見つけ方のコツがあったら教えていただきたいです。

芦名:今回のテーマはそれでしたね(笑)。今、毎月、収入はどれくらいありますか? 

質問者2:毎月……いやぁ、そんなにないです。

芦名:そんなにない。でも収入はあります?

質問者2:あります。

芦名:その収入で、貯金はけっこうありますか?

質問者2:貯金は……そんなにないです(笑)。

芦名:ということは、その入ってきた収入は使っているわけですよね。そのお金が何に使われているのかということを、ちゃんと明確に分析してください。それがやりたいことです。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。