労働時間が長いと成功確率は上がる、けれど?

古川健介(以下、古川):古川と申します、よろしくお願いします。

今日はとくに次元(=株式会社じげん・平尾丈氏のセッションにかけている)を超えるような話はしません。

(会場笑)

今日は「遊び半分の起業のすすめ」がテーマです。

私、Supershipという会社でインターネット系の仕事をしているんですが、最近「遊びと仕事の境界線っていらないんじゃないかな」と思っています。なぜ境界線がいらないのかっていうのをお話ししたいなと思います。

とくに若手の人は「起業家はめちゃくちゃ働け」と、先輩とかに怒られたりすることもあると思うんですね。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。