ザッカーバーグが世界を変える「3つの方法」を熱弁
母校ハーバードで次世代へエールを贈る

Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ) 卒業式スピーチ

Facebook創業者のMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が母校であるハーバード大学の卒業式に登壇しました。貧困問題や教育格差に触れながら、社会が「目的意識を持つこと」の重要性を熱弁。今後の社会を担うミレニアル世代へ、熱いエールを贈りました。

ザッカーバーグ氏、母校でスピーチ

マーク・ザッカーバーグ氏:この場所、最高ですね。みなさん、雨の中お集まりいただいてありがとうございます。今に「雨の中でも来る価値があった」と思っていただけるかと思いますよ。

ファウスト学長、理事会のみなさま、教職員のみなさま、OBのみなさま、友人、誇らしげに座っているご両親、顧問委員会のみなさま、そして、世界で最も素晴らしい大学の卒業生のみなさん。

今日はみなさんをとても誇りに思います。認めるのは辛いのですが、みなさんは僕ができなかったことを成し遂げたのですから。もしこのスピーチを無事にやり遂げたら、これがきっと僕が最初にハーバードで何かを成し遂げたという実績になるでしょう。2017年度卒業生のみなさん、本当におめでとう!

僕は普通とは違ったスピーカーかもしれません。中退したからというだけではなくて、形式的には僕たちは同じ世代に生きていますから。10年もたたないくらいに、同じこの道を歩いて、同じ思想を学んで、同じEC10(経済学の講義)で居眠りをしたのですから。ここに来るまでには、それぞれ違う道のりを歩んできたことかと思います。

もしもあなたが、はるばるクワッド(ハーバード大学のあるエリアの総称。メインキャンパスから、かなり離れた位置にある)から足を運んでくれているなら、とくに。本日は、僕たちの世代について学んだこと、そして一緒に創り上げていくこれからの世界について思いを共有できたらと思います。

お話の前に、少しだけ。実はここ数日間で、昔の素敵な思い出をたくさん思い出しました。ハーバードから合格通知をもらったとき、どこでなにをしていたか正確に覚えている人はいますか?

僕は『Civilization』というテレビゲームをしていました。階段を駆け下りて、父を見つけると、なにを思ったのでしょう……彼の最初のリアクションは私がメールを開ける瞬間をビデオで撮影することでした。もしかしたら、ものすごく悲しいビデオになるかもしれなかったのに。

でも、これだけは確信しています。ハーバード大学に入学したことは、両親が僕について一番誇りに思っていることなんです。ほら、母もうなづいていますね。君たちならわかるでしょう、ここにいるのがどんなに大変なことか。ここを出た後も、それを実感できますよ。

ハーバードで最愛の人と盟友に出会う

ハーバードでの最初の講義を覚えている人はいますか? 私は、コンピューター・サイエンス121でした。素晴らしい、ハリー・ルイス教授の。ハリー?

(教授を見つけて、拍手)

私は講義に遅刻しそうだったので、慌ててTシャツを着ていました。そのせいで、Tシャツの前後ろを反対に着ていて、背中のタグが前に来ていたのですが、ずっとそれに気がつかなかったのです。「どうしてクラスの誰も話しかけてくれないのかな?」と思っていました。

ただ1人、KX・ジンを除いてはね。彼は僕に話しかけてくれて、この問題を解決してくれました。今、彼は「Facebook」の中核を担う仕事をしてくれています。この話からわかるように、2017年度卒業生のみなさん、人には優しくしておくべきですよ。

でも、ハーバードでの一番の思い出は何よりもプリシラに出会えたことです。ちょうど僕はそのとき、いたずら心から作った「Facemash」というWebサイトを公開していて、顧問委員会の方からぜひ僕に「会いたい」とお声かけがあったのです。

誰もが僕が大学を辞めさせられると思ったのでしょうね。両親はわざわざ車で、荷物をまとめるのを手伝いに来てくれました。友人たちは送別会を開いてくれましたよ。

いったい誰のアイデアなんだか……。でも幸運なことに、そのパーティーにプリシラが友人と一緒に参加していたのです。僕たちはベルタワーのトイレの列で出会い、そこで僕は振り返って最高にロマンチックな台詞を彼女に言いました。

「たぶん3日以内には退学させられるから、できるだけ早目にデートしない?」って。今日ここにいる卒業生のみなさん、誰でもこの台詞を使っていいですよ。「今日退学させられるから、早くデートに行こう」って。

結局、退学は免れましたが、自主的に大学を辞めました。プリシラとは2人で会うようになりました。映画では、FacemashがFacebookを立ち上げるためには重要な役割を果たしたかのように描かれていますが、実際は違います。

けれど、Facemashがなければプリシラには出会えなかったでしょう。プリシラは、僕の人生の中で最も大切な人です。だからFacemashが、僕がここで作ったものの中で一番大切なものだと思っていただいてもかまいません。

僕たちは、ここで生涯の友を得て、また何人かは家族を得るかもしれません。だから僕はこの場所に心から感謝しています。ありがとう、ハーバード。

「目的を持つ世界」を創造しよう

本日は、目的についてお話をしたいと思います。けれど、「あなたの目的を見つけなさい」というような一般的なスピーチをするためにここにいるのではありません。僕たちは、ミレニアル世代です。直感的に、目的を見つけようと努力しているはずです。

その代わり「あなた自身が目的を持つだけでは不十分である」と伝えるためにここに来ました。私たちの世代は、世界中すべての人が確かな目的を持てるような世界を創造することです。

お気に入りの話をしましょう。ジョン・F・ケネディ大統領がNASAを訪れた時、ホウキを持った管理人に歩みより、なにをしているのかと尋ねました。彼はこう答えました。「大統領、私は人類を月に送り届ける手助けをしているのです」

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?