筋トレサプリの効果について科学的に解説

Why do workout drinks make my skin tingle?

健康のため、あるいは理想的な体を作るため、ジム通いや筋トレを日課にしている人も少なくないでしょう。なかには、効率的に筋肉をつけるためにサプリメントを摂取している人もいると思います。ある状況下でそのようなサプリメントを摂取することで筋肉を作る助けになるという根拠もある一方で、サプリは単に「自分は頑張ってトレーニングしているんだ」と感じさせるだけに過ぎないとする研究結果もあるのです。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、筋トレサプリの効果について解説します。

筋トレにおけるサプリの効能

ハンク・グリーン氏:ボディビルやフィットネスをする人たちは、筋肉をつけるために特別なダイエット法やエクササイズのアドバイスを受けるものです。

例えば、プレワークアウトサプリを飲んで汗をかく人もいます。こういったサプリにはカフェイン(Caffeine)やタウリン(Taurine)、βアラニン(β-Alanine)、クレアチン(Creatine)など、「ine」で終わる物質や、動きを機敏にして血液を循環させる化学物質が含まれています。

ある状況下で、ある物質を摂取すると筋肉を作る助けになるという根拠もあります。しかし、サプリは単に「自分は頑張ってトレーニングしているんだ」と感じさせるだけに過ぎないとする研究結果もあるのです。

言うまでもなく、気分の高揚は副作用として奇妙な神経システムが引き起こされます。それが肌のチクチク感です。このチクチクした感じは感覚異常と呼ばれ、これは『X-ファイル』を見続けながら腕や脚をおかしな方向に曲げた後に経験する感覚です。

また、長時間トイレに座っていて、立ち上がると「おっとっと」となります。これは中程度のかゆみ、焼ける感じ、「ピンや針で刺されたような」チクチク感です。嫌な感じですよね。犯人はβアラニンと呼ばれるプレワークアウトサプリに入っているアミノ酸であると思われます。このβアラニンは骨格筋に出入りするカルノシンと呼ばれる分子を作る際に使われます。

自分の筋肉を強く押すと、体はできる限り早くエネルギーを糖分を送りこもうとします。

その時に、周囲にある酸素が不十分であった場合、細胞は多くの乳酸を作り始め、焼かれているような感覚を作り、感じさせるのです。

研究者たちはカルノシンはそういった筋肉の中で作られた酸を中和する助けになると考えています。βアラニンがワークアウトに集中し、体に筋肉をつけられる助けになるように、プレワークアウトサプリに入っていてるというのは納得がいきます。

しかし、βアラニンは筋肉だけに影響を与えるわけではありません。神経にも作用があるのです。肌は神経終末(神経線維の末端)がたくさんあります。これにより、誰かのハイタッチが強過ぎた時に、温度や圧力、痛みなどを感じることができるのです。

研究者たちは、βアラニンはこういった神経にある受容体と結びつくことができ、受容体に刺激を与えて、嫌なかゆみを引き起こすと考えました。特定のどの分子メカニズムが感覚異常を引き起こすのかはわかっていません。

しかし、投与量依存反応があるようだと気づきました。別の言葉で言うなら、βアラニンを摂取するか、肌を通して注入すると、副作用のチクチク感が悪化するのです。

このせいでプレワークアウトサプリを飲むと、肌がチクチクする感じがする人がいたり、逆に何も感じない人もいるのでしょう。人によっては薬に対する耐性が強かったり弱かったりするのです。

ですから、サプリが「すぐにムキムキになれる」と言っているのに、自分には効かなかったからと言って怒らないでくださいね。そういったサプリは、肌の下で少しチクチクした感じがあることを気にしないのであれば、一般的には安全です。

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

Published at

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?