ランニングの「目的」を考えてみる

──青山さんがランニング指導されている市民ランナーにはどんな職業の方が多いのでしょうか。また、年齢層は?

青山剛氏(以下、青山):僕は2005年から一般の市民ランナーを指導していますが、職業は経営者や医師、OLさんや会社員、タレント、モデルさんと実に多種多様です。また、プロランナーとして活躍中の永尾薫選手もチームの仲間です。彼女は初マラソンで2時間26分という好記録を出したエリートランナーですよ。

年齢層は、40代半ばの方が一番多いですね。男性でいうと厄年を超えたあたりです。

──ということは、やはり健康のために走り始める?

青山:この年頃はいわゆる「若さ」の衰えを感じ始めるときです。仕事をしていてもお酒を飲んでいても疲れやすくなったり、子どもと遊ぶのがつらくなったりする時期。それに、おなかの出かたがそろそろ笑い事じゃなくなる年でもある(笑)。そういうことに危機感をおぼえて始める人が多いですね。

もっと単純に、ランニングでカラダを引き締めて、男性だったら女性にモテたいとか他人から一目置かれたいとか、女性なら「いつもきれいですね」といわれたいとか、そういう動機の人もいますよね。

でもそれでいいと思うんです。モチベーションがなんでも、そのあとに正しい方向に進むことができればいい。それをお助けするのが、コーチとしての僕の仕事だと思ってます。

──正しい方向とは?

青山:ランニングイベントやセミナー、企業での講演などで教えたりしながら、常時40人ほどの方にマンツーマン指導を行なっているんですが、まずは皆さんに、走る「目的」をはっきり考え直してもらいます。

誤解する人が多いのですが、「フルマラソンを完走したい」「トライアスロンに挑戦したい」というのは「目標」であって「目的」ではありません。ランニングを続けることよって自分がどうなりたいか、何を得たいのか、というのが「目的」です。そのうえで短期、長期の目標を書いてもらって、それに応じた指導をします。

そうした前提を考えないで、とにかくガンガン走ってランニングにのめり込んでしまう人は、ケガや忙しさを理由にすぐにやめてしまう確率が高いですね。

ランニングは「嗜むもの」

──多くのランナーが続かずに挫折するのは、準備不足とのめり込み過ぎが理由ですか。

青山:「ランニング命!」になってしまう人がもっとも危険ですね。何かを犠牲にしてしまうと、続けることが難しくなります。

長く続けられる人は、無理のないプランで「ランニングを嗜む人」です。そんな人は例外なく仕事もできますね。できる人は、仕事のスケジュールも、アクシデントが起こっても対処できるように余裕をもって組みますよね。トレーニングの計画にも同じことが言えます。

──なるほど。それでは「働くランナー」たちが「ランニング命!」に陥らないように、アドバイスをお願いします。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。