『けいおん!』にキョンはいない

山田玲司氏(以下、山田):もう「こんなだったんだ」って思いました。だから、今回、角川春樹はともかくね、「まどマギはやるの?」みたいな感じになってるんじゃないですか。

久世孝臣氏(以下、久世):おおっと。

乙君氏(以下、乙君):まどマギはやるんですよね?

山田:ドキドキするよ。だから、何回も俺は観なきゃ。春樹さん(笑)。

久世:バランスをとるためにね。

乙君:バランスをとるために、角川春樹を見るの?(笑)。

久世:それは大事かも。

山田:本当さ、坂本龍一を見て、吉田拓郎を見て、「日本人のオスってこれだけカッコよかったんだよな」って。

久世:という、きちんと確固たる軸を持ってしながら……。

山田:0年代のアニメを見ないと、もたねえ。だから、90年代はついていけるんだよ。ヒデのやつも、押井(守)もついていけるんだよ。まだ。葛藤がリアルなんだよ。でも、俺はキョンから離れるのかわかんないけど、キョンはまだいるんだよ。教室に。でもさ、『けいおん!』にはキョンはいないのよ。もう。

乙君:そうなの?

山田:そう。キョンも居場所を失うんだなと思って。だから、どんどん男の居場所、……ライドする相手がいなくなっていくんだよ。という流れがずっと来てたんだなということが、最近やっとわかりました(笑)。「それで今、みんなカバンちゃんに乗ってるんだな」っていう。

久世:確かになんにもないですね。そういう意味では中性というか。

山田:カバンちゃんが、男だか女だかわかんないというのがすごく象徴的で。もう男ってなった時点で「もういいっすわ」みたいな。

久世:そこまでいっちゃってるんだ。

「見ている人にとって必要なものだけアニメ」の始まり

山田:うん。だから「俺のキョンに失礼な!」って思う人はあまりいないと思うんだよ。「キョンがヒーローだった」っていうやつもあまりいないんじゃないかなと思うんだよ。

乙君:どうなの?

山田:(コメントにて「人間すらいなくなった」)そう、人間すらいなくなって、ジャパリパークになったので。だから、「ライドできるキャラの喪失」ってまさにそのとおりで、なんかさみしいなあっていう。

本当に、例えばある時期まではね、『じゃりン子チエ』みたいなさ、近所のおっさんがアニメに出てたの。キャラクターの1人として。お母さんとか隣のおばさんみたいなのもいた時代があった。

久世:必ずいましたよね。昔は。

山田:のび太の頃には、お母さんもお父さんもいるし、(『サザエさん』の)伊佐坂先生みたいのもいるわけだよ。

久世:近所のおっさんね。

山田:それくらいさ、自分の。

乙君:ウキエさんがいてね。

山田:そう。自分の……。

久世:そこ広げるんや?(笑)。

山田:ええわ。

乙君:伊佐坂先家の闇があるから。

山田:伊佐坂家の闇はいいわ(笑)。

乙君:いいっすか(笑)。

山田:そんなふうにして、世界からおばさんが消えましたみたいな。おじさんも消えましたみたいな。そして、いろんなものが消えていって、先生も消えていって。『けいおん!』だとさ、女の先生だけ残ってるのね。

乙君:へえ。

山田:だから、そういうノイズカット、世界に必要じゃないものはアニメには出ませんということになっていって。「見ている人にとって必要なものだけアニメ」になっていく始まりを感じるんだよ。ハルヒにすごく。

乙君:なるほどねえ。そうか。そういうことか。

久世:おもしろいなぁ。

山田:ぎり男子がいるんだよ。なんかパラパラ。

涼宮ハルヒに見る、自意識ライジング

あれ、しみちゃん見てた?

しみちゃん氏(以下、しみちゃん):いえ、僕も見てないです(笑)。

山田:めっちゃ非属の才能の話なのね。だから、クラスにいて、完全に浮いてしまっている女の子の話。かわいいんだけど、「あいつに近寄るな」って、めっちゃチバレイに似てるんだよ。ハルヒって。うん。チバレイみたい。ハルヒって。

久世:そんな。へえ。

山田:だから、すごく自信にあふれてて、人の考えを曲げなくて、絶対的なんだけど、みんなからものすごく浮いててという。だから自意識ライジング?

久世:自意識ライジング(笑)。

しみちゃん:(笑)。

乙君:自意識ライジング?

山田:自意識ライジングだべ。おそ松さん第2期始めろっていう話の流れですよ。これ。

久世:これ、ちなみにあれですか。観たのは1話だけですか?

山田:なにが? まだ1話しかやっていないんだよ。

久世:すごいね。1話で。やっぱり。

乙君:1話でそんなにしゃべれるかねえ。おもしろいなあ。

山田:ええっ!?

乙君:このおじさま、おもしろいねえ。

久世:元事務所とか入ってはるんですか?

山田:うるせー!(笑)。

(一同笑)

乙君:職業なんですか?(笑)。

(一同笑)

久世:めっちゃおもしろいわ。

キョンの目線で入っていけば、あの世界にいられる

山田:いやいや本当に。だからね、「この番組やってると、なんかいろんなものに出会えるな」という。あと、近代史。超近代史。

久世:金田一?

山田:近代史。

久世:あ、近代史か。

乙君:近代史? ああ。

山田:近代文化史ってことなんだなって改めて。

乙君:あ、現代文化史。

山田:0年代にキョンの目線で入っていくんだったら、あの世界にいれるという人たちがいっぱいいたんだなと。その人たちが今フジイちゃんみたいになってるんだろうとか思うわけ。大変だなと思うね。

乙君:でも、ひっくり返るらしいですよ。みんなコメントでけっこう。

山田:ああ、そうなの?

乙君:その設定がひっくり返るから。

山田:あ、そういうことになるの。

久世:おもしろいと。

乙君:おもしろいってことなの。

山田:へえ……。えっ、ってことは監視しなきゃいけないの? 俺。

久世:さあ、どうでしょう(笑)。どう出る、どう出る? ここでどう出る? 玲司。

山田:ハルヒまで? ハルヒまで監視しなきゃいけないの?

乙君:そこはまあちょっとね。後半なにがね。ハルヒ以上にあるか。

久世:あるかってところですね。

涼宮ハルヒを「梅宮ハルヒ」と思っていた?

山田:まあ後半ちょっと。ハルヒのリクエストがどれぐらいあるかって話と。リクエストをもらってるからね。

乙君:果たしてランキングしているのか。涼宮……ハルヒ?

久世:うん。合ってると思う。

乙君:俺、ずっと梅宮ハルヒだと思ってたの。

久世:なんで?

乙君:いや、なんかわかんないけど。

(一同笑)

久世:お前、勇気あるよな。

山田:なにをおっしゃってる……。

乙君:だから、たっつぁんの。

久世:たっつぁんの。思ってもいいけど、それ言うのは勇気あるよな。

乙君:そういう……(笑)。

久世:全員に共有する必要ある? そのしょーもない……。

乙君:まったくないけど、そういえばという感じね(笑)。