キンコン西野、次回作は「おっさんと歳が離れた若い女の子の恋物語」

会議を見せるテレビ 第32回 #5/5

キングコング西野亮廣氏と絵本作家のぶみ氏によるニコ生チャンネル「会議を見せるテレビ第32回」。絵コンテが終わりキャラクター開発中だという次回作について語り、実際のキャラクターデザインも披露しました。

キンコン西野氏の次回作は

西野亮廣氏(以下、西野):僕たぶん次も、『えんとつ町のプペル』が終わったら、次回作も似たような感じで。

のぶみ氏(以下、のぶみ):あれ、今どうなってるんですか?

西野:作ってます。次回作ですね。

のぶみ:アニメ絵コンテはどこまでいったんですか? 絵コンテはもう終わった?

西野:次回作ですか? 絵コンテはもう終わって、今やってるのは、キャラクター担当のキャラクターのスタッフチームとキャラクター開発です。

のぶみ:すげえな。

小谷真理氏(以下、小谷):進めてる。キャラクター開発してる(笑)。

のぶみ:ピクサーだよね。もうね。

小谷:いいですねえ。おもろいな(笑)。

のぶみ:そんなんやってるんだ。それで、映画のほうと、あともう1つ、時計台のやつあるじゃんか。

西野:今、言ってるキャラクター開発は、時計台です。映画のやつもやりつつ。

のぶみ:あ、今、言ってるのが時計台のほうなんだ。

西野:時計台。だから絵本のキャラクター開発会議です。

のぶみ:え、あの目の離れたかたちにならなくなったんですか。うさぎの。

西野:あれは絵コンテ用のやつです。

小谷:ラフです。

西野:絵コンテのラフ用のキャラクターで。

のぶみ:えー、どんなふうになったんだろう? すげえな。

小谷:すごいですよ。

西野:ぜんぜん違いますよ。

のぶみ:もうガンガン変わってるんだ?

小谷:だいぶ変わって。

西野:主人公の顔は、今、ぜんぜん違いますよ。

のぶみ:離すのやめようってことになったんだ?

西野:今、これですね。

のぶみ:あ、ぜんぜん違うじゃん!

小谷:確かに。

のぶみ:これちょっと見た……これ、公開してるの?

西野:してます。

小谷:してます、してます。前のやつ知ってる人からしたら、だいぶ。

のぶみ:いや、前のやつと別人、別うさぎ。

小谷:ぜんぜん違う。だいぶね、物騒というか。

ディテールに対するこだわり

のぶみ:まず機械を積んでるということと、前にヘルメットだよね。あと……あ、これ、大人になったほうのやつか。ちなみにBって書いてあるけど、Aはなんだったの?

西野:Aはなんだっけな。

小谷:何パターンかあるんですね。

西野:うん。Aがこっちで。

のぶみ:Aは?

西野:A、こっちです。

小谷:A、今、映ってるやつです。

のぶみ:どんな感じだ?

のぶみ:AとB、なにが変わったんだ。

西野:Aはこっち、Bはこっち。なにも変わってないように見えるんですけど。

小谷:ちょっと細かい点が。

西野:ぜんぜん違う、もう本当微妙なところなんですけど、鼻が違うんですよ。Aは鼻が鼻の穴みたいになってるんですけど。黒が2つあって。

Bは鼻がつながってるんですよ。

つまり、うさぎなので、こっち(B)のほうが動物っぽくて。

のぶみ:なるほど。

小谷:こっち(A)のほうが人間っぽいと。

西野:こっちのほうが人間っぽい。

のぶみ:黒い……いや、すごい細かいところだけど。

西野:「どっちする?」みたいな。これも会議で1個1個決めていくみたいな。体型も最初はこっちですね。

のぶみ:これだから、未来に……、後半のうさぎですよね。

西野:いや、これ前半からです。

のぶみ:あ、前半からおっさん?

西野:おっさんです。

のぶみ:そうなんだ。

西野:どんどん変わっていくんですよ。最初、少年だったんですけど、スタートからもうおっさんです。

のぶみ:ふーん。

キャラクター担当は全員外国人

西野:えーとですね、あの『レオン』。

小谷:はいはい。

西野:『レオン』のあのジャン・レノと少女みたいな、あの関係いいな、みたいになって。

のぶみ:ああ、なるほどね。

西野:おっさんと歳が離れた若い女の子の恋物語にしてやろうという。

のぶみ:おっさんか。

西野:スタート、おっさんなんですよ。

のぶみ:けっこうあれですね。もう足の長さ、ものすごいですね。

西野:もうぜんぜん違います。はい。

のぶみ:ぜんぜん違うよね。足の長さ。

小谷:だいぶ変わった。すごっ(笑)。

のぶみ:ファッションも違うし。

西野:そうです、そうです。キャラクター担当のチーフがおるんですよ。

小谷:むっちゃおる(笑)。

のぶみ:チーフ、それも?

西野:はい。全員が外人なんですけど。

のぶみ:えっ、外人?

西野:今のところスタッフ全員外人です。もう日本人1人もいないです。

小谷:えっ、知らんかった(笑)。

のぶみ:だってさ、ピクサーのちょっと粗いコンテみたいなやつに出てくる絵みたいだもん。外人がああいうふうな描き方するもんね。

西野:ティボさんです。

小谷:ティボさん、外人や(笑)。

のぶみ:ティボさん何人なんだ?

西野:ティボさん、たしかフランス人かなにかです。

小谷:フランス人と仕事してるんですか。すごいな。

西野:ティボさん。

小谷:チーフが。

西野:ティボさんがもともと得意としていたキャラクターというのがあるじゃないですか。これをベースに組み立てていくみたいな。

のぶみ:ティボさんは作家歴みたいなやつあるんですか?

西野:あります。だから、ティボさんも……。

のぶみ:なにかやったことある?

西野:いや、だから、ティボさんは主に、例えば、アニメ映画で同じようにキャラクターを。

のぶみ:担当だったの?

西野:ただ、『君の名は。』も別に新海さんがあのキャラクターを作ったわけじゃないじゃないですか。あれはキャラクターを描く担当の人がいて。

のぶみ:キャラクターデザインって描いてありますもんね。

西野:そうですね。誰だっけな。有名な人なんですよね。たぶん『あの日見た花の名前を~』とかも同じ人じゃないかな。

のぶみ:あれおもしろかったなあ。

西野:有名なキャラクター担当の。

小谷:そうなんや。へえ。

西野:ティボさんも同じように、ぜんぜん若いですけど、ティボさんは。たぶん20前半のほうで。

のぶみ:20前半なんだ? もう頭の中でぜんぜんわからないね。イメージがね。20前半なんだ。

西野:超優秀ですね。

のぶみ:そうなんだ。

西野:ティボさんはもう超優秀。

外国人の画力とセンスはやばい

のぶみ:もうティボさん的には、もうアニメといったら日本だから、日本へ行こうみたいに思って?

西野:いや、ティボさんは映画の人やったんですけど、だから引っ張ったってことです。もう口説いて、俺はこういうの作りたいから、絵本を分業で作るんだよという話を偉そうにして。上からいってですね。

(一同笑)

小谷:オラオラ交渉。出ました(笑)。

西野:スカウトしたみたいな。で、ティボさんの話で「こうだね、こうだね」。

小谷:すごっ。

西野:あとは僕とティボさんの間に、あとペランさんという方がいて。

のぶみ:誰なんだ(笑)。

西野:キャラクターはだいたいこの3人で、あーだね、こーだね、みたいな。

小谷:すごいですね。

のぶみ:すげえな。出てくる人たちがもうどういうふうな感じになってるのかぜんぜんわからない。

西野:ペランさんがいわば、なんだろうなあ、プロデューサーというか、全体を……。

小谷:統括。

西野:統括する人です。

のぶみ:何人なんだ? ペランさんって。

西野:ペランさんはたしかフランス人だったと思う。

のぶみ:フランス人多いな(笑)。ぜんぜんわかんないね。

西野:僕のわがままを伝えるときに、ペランさんがだいたい間に入って。「こんなんどうですか」。

のぶみ:すげえな。

西野:ペランさんはやっぱり情報量すごいんですよ。世界中のアニメとかの情報量がすごいので。

小谷:ペランさんの情報量すごいんや。知らんかった。

のぶみ:もうギャグにしか聞こえないよね。もはやね(笑)。ぜんぜんわかんない。ペランペランの人みたいな感じがするけど。

小谷:(笑)。

のぶみ:そうなんだ。へえ。

小谷:すごい作り方してるな。マジで。

のぶみ:フランスけっこう熱いんですね。アニメというか、絵を描くのとか。芸術の都なのか。

西野:やっぱフランスもそうですけど、タイだとか、すげえっすよ。画力。

小谷:あ、そうなんですか。

西野:すげえっすよ。やっぱり。やばい。やっぱレベルがすげえ高いっすね。

のぶみ:そうなんだ。

西野:まあ、好みだと思います。つまり萌え系のやつとかは、たぶん日本が強いと思いますけど、僕そっちはあんまり得意じゃないので。萌え系のやつだいたい。

のぶみ:描けなそう。

西野:それはたぶん絶対に日本のほうが勝ってると思うんでけど、なんかああいう気持ち悪いかたちだけど愛くるしいみたいな絵を描かせたときの向こうの人のセンスってやっぱりすごいですよね。

僕よりおもろいのを描ける人がいたら「どうぞ」

のぶみ:でも、原案とまるで違うところまでいってますね。

西野:ぜんぜんいいです。

のぶみ:「なにがあったんだ。この間?」というぐらい違くない?

小谷:すごい。ね。

西野:だから、もちろんキャラクター作ってる途中で、今、お見せしましたけど、おじさんになるわけじゃないですか。

のぶみ:ぜんぜん違ったよ。

西野:おじさんになったら、もう1回文章書き直さなきゃいけないんですよ。

小谷:そっか。

西野:そうそう。

のぶみ:えー、文章……。

西野:おじさん用の物語をもう1回書き直すの。

のぶみ:当て書きになるから。

西野:だから、その繰り返しでずっと。キャラクター作って、「ああー、また物語書き直し」ってバーっていってるうちに。

のぶみ:映画監督じゃん。

西野:もうずっとその繰り返しです。

のぶみ:それやってるんだ。

西野:その微調整でむちゃくちゃ時間がかかるってことですね。

のぶみ:なんでそれ以外のことをバンバン手出すんだろうね。しかもね。なのに、「しるし(書店)」やったり、ほかの。

小谷:すごいな。

西野:いや、しるし書店も誰かにもう。

小谷:できあがったらね。

西野:できあがったら、天才万博が小谷やってるみたいにやって、誰かしるし書店のアイコン作って、「お前ここ行ってくれ」みたいな。自分はそんなあんまりやりたくないので。僕、忙しいの本当嫌いなので。

小谷:きっかけを作るという。

のぶみ:集中できないもんな。だって、脚本はでも西野さんが一番うまいということになるんでしょ?

西野:はい。でもそれも、僕よりうまいやつができたらもうすぐ渡します。「お前がやれ」っていう。おもしろいほうがいいと思います。なんか。

小谷:なるほど。

西野:「僕がやりたい」「世界を作りたい」とかあんまり。僕よりおもろいのを描ける人がいたらもう「どうぞ」っていう、そういうやつです。

のぶみ氏の1日のスケジュール

のぶみ:僕も今、練馬区の絵本。練馬区から頼まれてるんですよ。

西野:えっ? すげえっすね。

のぶみ:池袋に、西武池袋線という僕がいつも乗ってるやつがあるんですけど、そこのところになんか流れて。柱のところに流れるんですよ。池袋の。

西野:へえ。

のぶみ:それを来週やらないといけないのと、あと『あくまちゃんとてんしちゃん』というやつの色塗りやって。ほんで、アニメ案やって。

あと今、胎内記憶をすごい調べてるんですよ。胎内記憶のことを、胎内、お腹のなかにいる記憶がある子というのがものすごくいるんですって。その子の映像を見せてもらって、「あ、本当に言ってんだ。これ」と思って。

全世界共通で言ってるのは、お腹のなかに入る前に、雲の上からお母さんを選ぶらしいんですよ。これはものすごい人数が言ってるんですよ。なぜか雲らしいんですよ。

雲の上には赤ちゃんがいっぱいいるらしいんですね。神様がいたりして。それで選んで、「あの人だ」って言って選ぶと、お腹のなかに入って、お腹のなかのことも全部覚えてるんですって。

小谷:へえ。

のぶみ:その子どもたちに話をすごい聞いてる人がいて。「じゃあなんのために生まれてきたの?」という質問をしてたんですって。もうすごい量を(質問した)。

そしたら、子どもたちが間違いなくいうのが「ママを喜ばせるためだ」って言ってて。僕、それ聞いて「なるほど」と思って。

まず、ママを喜ばせるという成功体験があるじゃないですか。そしたら、「みんなを喜ばそう」って思う人になるんですよ。でも、ママは逆に、自分の子供に生まれてくれたから、「この子をちゃんと育てよう」って思うんですよ。だから、あんまりママが喜ばないんですよ。喜ばないで、この子にこうやってしつけるんですよ。すごい。だから、その時点でけっこう間違ってるんですよ。

だから、ママを喜ばすためにただ来たんだというのを、胎児目線で絵本を描いていこうと思ってて。最後、産道から出るときも、こうやってる絵が描けないのかなと思って。それを今、手出しちゃったから、すごいえらいことになっていますね。

西野:のぶみさんの1日のスケジュールってどういうふうに分かれてるんですか?

のぶみ:もう朝8時に起きて、そんでとりあえず12時までやって、12時に1回ご飯食べて。そんで1時から6時までやって、6時からうちの子供たちと遊ぶというのをやりますね。

西野:もう6時以降はやらないんですね。

のぶみ:もうね、僕、絵本がやりたくてしょうがない人なんですよ。だから、途中で止まらないと、体を壊す人になっちゃうから。ちょっとやめようと思って。もうこれ、ここらへんでやめます。

しかも、途中でやめるんですよ。最後は。全部完成したら終わらせるんじゃなくて、途中でやめると明日の楽しみが増えるからと思ってる(笑)。

小谷:描くの好きなんですね。

のぶみ:そうです。描くの好きなんですよ。もうずっと描いてるから、絵本が好きだというのはもう負けないですね。そういうのやってますけどね。

西野:へえ。

小谷:めっちゃやってんな。すごいな。

のぶみ:さあ2分前ですよ。どうします? なにかありますか?

小谷:もうちょっとしたら有料に。

西野:僕、むっちゃありますよ。新しい。

小谷:いよいよ。

のぶみ:あ、なんか武井壮さんからも言われてるんだよね。

西野:そうです、そうです。この間、小谷と3人と飲み行って。

のぶみ:あれもなんかちょっと動いてるんですよね。

西野:僕、けっこうおもしろい話があります。

小谷:それをちょっとね。

のぶみ:あ、マジですか? 何系ですか? ちなみに。タイトルだけ言うとすると。

西野:なんだろう? なんか新しい仕事です。次の。

のぶみ:マジで?

西野:新しい仕事というか……そうですね、新しい仕事です。次、僕が時間かけてやる仕事の話が転がってきたので。

小谷:スケールのでかい。

のぶみ:また、この前話してた話とは違う話?

西野:また違う話です。

のぶみ:えー、あれがすごい時間かかるんじゃない?(笑)。

西野:けっこう身近というか、みなさんがもうすでに知ってる、「あ、西野、次、あれ手出すんだ」みたいな、そういうやつです。

のぶみ:えー、みんなが知ってるんだ。なにそれ?

西野:みんなが知ってます。絶対みんな知ってる。完全に新しい概念とかそういうことじゃなくて、お茶の間でみんなが知ってるものに次、手出すってことです。それ有料でしゃべります。

のぶみ:なにそれ。すげえ(笑)。

小谷:有料をそれは楽しみに。

のぶみ:なんでそういうふうにやるんだろうな。いろいろ。すげえな。おもしろ。

小谷:すごいな。楽しみやな。それは。

のぶみ:じゃあ、まあ次はいつでしょうか?

小谷:次の放送は?

のぶみ:5月5日。子供の日にやるんだ。子供の日に8時からやります。ほんで、僕は来週の土曜、名古屋で講演会やってきます。それとあとは?

小谷:大丈夫ですか。

西野:僕は大丈夫です。

のぶみ:大丈夫ですか。はい。じゃあ、有料のほうに切り替えます。ありがとうございました。

西野:あれ、俺、5月5日行けたっけな?

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ 会議を見せるテレビkaigi

仲間と呑み屋でしている、「次あんな事しようや!」という話をそのまま見せちゃおうという番組です。企画や仕事が出来上がっていく過程をそのまま放送します。旬な2人のライブ感を存分にお楽しみ下さい。

・公式チャンネル

Published at

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?