なぜ子供たちに教育をするのか?

大手智之氏:教育とは……。僕たちはなんで、子供たちに教育するんですかね。例えば、こう言い換えることもできます。僕たちは何のために教育を受けてきたのか。僕はこう考えています。教育は、未来を生きる力を養うためにあると。例えば将来、どういう風な社会が起こり得るのか、どんな能力が世の中に出た時に必要になるのか、そんなことを考えながら教育をしていくのが教育の基本的な考えだと思います。

ほんの半世紀程前は、子供たちが小さいころから大きくなるまでの間に世の中が必要とする能力にはそんなに大きな変化はありませんでした。農家の子は農家になったり、商人の子は商人になったり、子供たちの目の前にいる大人たちの暮らしがそのまま自分たちの将来として未来に広がっていました。

しかし現在、テクノロジーの進化はめまぐるしいものがあります。一節には、僕らの子供たち、2011年に小学校に入学した子供たちが大人になるころまでには、65%以上の仕事が今はない仕事にとって変わるという研究発表もある程です。そんな中で、今、教育のことを考えた時に、50年間教育の内容というのはほとんど変わっていません。

テクノロジーの進化がもたらしたもの

なぜなんでしょうか? このままでいいのでしょうか? 未来と教育。今日はこの二つのキーワードを使ってこれから必要な教育についてみなさんと一緒に考えたいと思います。未来と聞いて皆さんはどのような世界をイメージしますかね? 僕が真っ先に思い描くのはこの人です。シルエットクイズです。というのは冗談で、実は著作権の関係で(笑)。

さぁ、誰でしょう。アルクマくんではないですよ。ふなっしーでもないですよ。そう、ドラえもんです。彼が生まれたのは今からちょうど100年くらい後の2112年ですね。4次元ポケットから秘密道具を次から次へと出してわくわくした子供時代っていうのがあって皆さんたぶんそうだったと思うんですけど。今日はですね、実は、4次元ポケットを持ってきました。

子どもと一緒に作ったんですけど、どんなものが入っているか、ちゃんと秘密道具も入っているんですよ。じゃん! ぱぱぱぱっぱぱーん。

(会場笑)

これ、糸なし糸電話っていう秘密道具です。

なんとですね、糸がないのに遠く離れた人と電話することが出来るっていう……。これ、携帯電話ですよね。こんなのがあったんですね、ドラえもんの中に。もう一つ。トレースバッチ。これはですね、体に付けたり、モノにつけるとそれが世界中のどこにいても専用レーダーで場所がわかるという優れた秘密道具なんですよ。これ、GPSですよね。今、こうやって僕らの目の前に当時夢見ていた秘密道具というのがどんどん完成し始めているんですよ。

もちろんまだまだできていないものもたくさんありますけどね。そうやってテクノロジーの進化が僕らにもたらしているものは、暮らしの変化だったり仕事のあり方の変化という風なことが起きています。

テクノロジーが世の中を刷新する

例えばわかりやすい例で言うと、駅の改札口。それから銀行のATM。僕が小さい頃と言えば、駅の改札口に行ったらおじさんがパチパチやっていたんですけど、今はよっぽど田舎に行かないと見れないですよね。ATMは、僕が銀行口座を持つようになってからは大体ATMだったんですけど、昔はお姉さんとかがやってたと思います。

あと最近研究が続けられている自動車の自動運転技術。これがもし完成すれば、たぶんバスやタクシードライバーの運転っていうのはほとんどいらなくなるんじゃないかなというふうに言われています。こうやってテクノロジーの進化が新しく仕事を変えていくということは実は過去にもたくさんあったんです。

今からちょうど200年前の18世紀に起きた産業革命の時代。蒸気機関というのが開発されたんですよ。蒸気機関の発達で人々の仕事のあり方というのが大きく変わってですね、例えば馬がいらなくなって、重労働もいらなくなって、もっともっと効率的にいろんなことが開発できるようになってきました。

そして私たちが今、生きている現在は情報革命の時代と言われています。情報革命も産業革命と同じでコンピュータテクノロジーを使うことを覚えた人たちが、今までとは考えられないスピードで世の中を刷新するサービスを作り続けています。

例えばGoogleとか、Facebook、twitter、YouTube。最近出てきたこういうサービスは今まで10年かかっていたようなことを、たったの1年でやっちゃうくらいのインパクトがあって、ものすごい進化を遂げています。

たぶん、ここにいる若い人たちとか、多くの若い人がこれらのサービスを一つも使ったことがないという人はいないんではないでしょうかね。こういうテクノロジーの進化が仕事を変えていくっていうことのわかりやすい例が一つあるのでみなさんにご紹介します。

仕事のあり方は変わるのに、教育のあり方が変わらない

これは、新聞の記事を自動的に作成する人工知能プログラムです。ナラティブ・サイエンスという名前です。アメリカの大手の経済誌のForbesは、今から数年前からこの人工知能プログラムを使って経済ニュースを自動的にWebサイトにアップロードするようなことを始めています。コンピュータのすごいところは、人間だったら不可能と言われる膨大なデータを24時間365日、常に監視することが得意なんですよね。

例えば株価。株価の情報といえば高値が更新した。こういったことが起きた時に、コンピュータだったら瞬時にそれをニュース記事にしてWebサイトにアップロードすることが出来ます。面白いのは、このテクノロジーで一番喜んでいるのは実は記者なんですよね。何でかと言うと、今までつまらないと思っていた仕事を全部人工知能がやってくれるわけですよ。その代わり自分たちはよりクリエイティブな面白い仕事だけに没入できる。

これが、一つの例にしか過ぎないですけど、僕は、テクノロジーの理想的なあり方じゃないかなと考えています。未来はそうやって次から次へとテクノロジーが生まれて仕事や暮らしのあり方が変わってきます。なのに、教育のあり方は変わっていかない。じゃあこれから未来の教育ってものをどうしたらいいかということをみなさんと一緒に考えたいと思います。

未来をより良くするためには「教育」が一番大切

ところで、僕、ゲームクリエイターなんですけど、ゲームクリエイターが教育の話をするっておかしな話ですよね。しかも顔がこんなに真っ黒なんで、ゲームクリエイターっぽくない感じもするんですけど。実は僕はゲーム業界に20年くらいいるんですけど、ゲーム業界に入った時から教育にはずっと興味がありました。

最初に僕が作ったゲームは『免許を取ろう』というゲームなんですけど、教習所に通って勉強している時にものすごくつまらなくて、眠くなっちゃって、これをもっとゲームっぽく楽しくできないもんかなぁ、と思ったところから作ったのが、その『免許を取ろう』なんですよ。その後、楽しくダイエットをするゲームとか、楽しく受験勉強をするゲームとか、とにかくゲームというのはものすごくたくさんノウハウがあるので、それをなんとか夜の中に役立てられないかずっと考えてきました。

で、今から6年前に娘ができました。その時に、気づいたんですよね。世の中をゲームで良くするっていうのをもちろんやりたいんですけど、今あるものを良くするだけじゃなくて、これから未来のことを考えた時に確かなことが一つあるとすれば、子供たちがいずれ大人になるということなんですね。

であれば、教育がもしかしたら未来をより良くするためには一番大切なんじゃないかと思ったんですね。よし、じゃあ教育で何かやろう。と考えたのがきっかけですね。もう一回ちょっと、話を戻します。ここで一つ、おもしろい絵を見せたいと思うんですけど、今、普通教育で一般的にはテストって言うものが導入されていますよね。

皆さんも受験勉強とかされた方いると思うんですけど。何でテストするかって言うと、テストでその人がどれだけの能力を持っているかっていうのを計るのが一番簡単でわかりやすいからですよね。でも、考えてください。膨大なデータの中から正しい答えを導き出すのってコンピュータが最も得意とするところなんですよ。

これからの時代に社会から求められるスキル

例えばこれは、IBM社が開発したワトソンという人工知能プログラムなんですけど、アメリカの人気クイズ番組にJeopardy!っていうのがあるんですけど、それで、過去最高の連勝記録を持っているチャンピオンを負かしちゃったんですよ。例えばこんな問題です。

パッと見てすぐに瞬間的に判断するのが難しいような抽象的な問題がでるようなクイズ番組なんですよね。それをですね、ものすごい文章解析アルゴリズムを使って瞬時に把握するわけですよ。膨大なデータベースの中から正しい答えをチャンピオンよりも次から次へと早く答えを出して圧倒的な点数差で勝っちゃったんですよ。

この例からもわかるようにコンピュータって言うのは学習アルゴリズムが進化すれば人間よりもデータを覚えて答えを示すというのが得意なところなんですよね。ちなみにこれの答えはわかりますかね? TEDxです。

チェスの世界、頭脳戦の世界でも1997年にディープブルーという人工知能プログラムが人間のチャンピオンを負かしちゃったんですよ。もうチェスの世界では今チャンピオンは人間ではないんです。コンピュータです。そして、これからたぶん、テストというものの価値がどんどん下がっていくと思います。テストで良い点をとるということが人間の評価ではなくなっていくと思います。

その例が一つあります。今Googleでは、学歴、成績問わず。と打ち出しています。採用に関して。そして人事採用者も学校の成績、テストの点数は、その人の潜在能力を計る上では何の参考にもならないと言っています。これが今、実際の社会が求めているスキルなんです。

じゃあこれからどうしたら良いのか。僕たちはどういう風に子供たちを教育していけばいいのか。それは人間にしか出来ないことを伸ばせば良いんです。得意を活かす。例えば芸術的なセンスや人を感動させるような力に代表される想像力ですよね。