キンコン西野がひな壇バラエティに出演しない理由「コスパの悪い仕事はしない」

会議を見せるテレビ 第31回 #2/6

キングコング西野亮廣氏と絵本作家のぶみ氏によるニコ生チャンネル「会議を見せるテレビ第31回」。今回は、キンコン西野が出演した『めちゃイケ』のドッキリの裏側を語りました。

キンコン西野、『めちゃイケ』でドッキリにあう

のぶみ:あれ見ましたよ。『めちゃイケ』。

西野:なんでしたっけ?

のぶみ:鶴丸たけしさんでしょ。

西野:ああ、ドッキリの。すごいです。あれ。

トンボ:すごかった。本当に。

西野:ドッキリのやつも、実は僕も同じホテルみたいなところでドッキリがあったんですけど、ざっくり内容を言っちゃうと、たけしさんが選ぶ次世代のアーティスト10組みたいな。それで、僕が選ばれて、緊張のなか、たけしさんの対談の場を。まあ、たけしさんが入られるのを待ってたら……。

のぶみ:すごいよね(笑)。

西野:鶴丸たけしさんというぜんぜん違う。ビートたけしさんだと思っていたけど、鶴丸たけしさんが入ってこられて。

トンボ:たけしには違いないけれど(笑)。

西野:たけしには違いないけれど。まあ、これは秋山竜次さんがやっているクリエイターの、あれなんだっけ?

トンボ:えーとね、まあ、演出家の人の。

西野:ディレクターのパロディで、そのなかに出てくる鶴丸たけしさんという架空の人物ですよね。その方がドッキリに遭うみたいなことがあったんですよ。『めちゃイケ』で。それで、同じホテルで僕とか、その日にたかみなもそうだった。

トンボ:はいはい。そうですね。

西野:僕はその自分のドッキリが終わったあと、そのホテルでずっと打ち合わせだったので、部屋出たらたかみなが帰ってきたんですよ。「終わったん?」って聞いて、「いや、終わりました」みたいな、「最悪です。恥ずかしい」みたいなことを言ってて。

「どうやった」って聞いたら、たかみなはやっぱいい子だから、むちゃくちゃ。本当にいい子だから、まず次世代のアーティスト・クリエイター10人に私が選ばれるのがもう信んじれなかったんやって。「なんで私だったんだろう?」という不安のなか、ドッキリに臨んでた。

のぶみ:そんなこと思うんだ。

西野:本人はドッキリとも思ってないけど、「そういうのだったんですよ」とかって。謙虚だから。

のぶみ:うわ、すげえな。それ。

西野:僕はイタイから、「やっぱそうか」みたいな。

トンボ:選ぶか。

西野:「そうだよな。並び見ても、そっか、水曜日のカンパネラ、キングコング……まあまあまあ」。

のぶみ:(笑)。

トンボ:でも、並びが絶妙でしたもんね。またね。リアリティのあるね。

西野:そうやねん。リアリティあって、俺……。

のぶみ:本番にはもっと書いてあったんだ?

西野:10人ぐらいいるんですけど。

のぶみ:そうなんだ。

西野:まあ、入ってもおかしくないよねという。僕はシュッと入れちゃったから、これホンマにヤバイなと思って。たかみなとかはそのへんで「私なわけがない」という、だから愛されるたかみなと、シュンと染み込ませてしまう自分のやっぱ、人の違いって見ましたよね。

ドッキリだとは思わなかった

トンボ:でも、いい顔してましたよね。

西野:してた?

トンボ:いい顔してた(笑)。

西野:違う。むずかったんですよ。なんか鶴丸たけしさんという方が入って来られて、「えっ、この人誰だ?」と思って。

トンボ:そうですよね。

西野:それで、その瞬間はドッキリとも思ってないんですよ。

のぶみ:あ、思わないのか。えー、思わないんだ!?

西野:なにかトラブルがあって、あれ、もしかして違う人が来てしまったのかな。

のぶみ:なにか、カメリハ的な? 代わりに。

トンボ:いろいろなパターンを考える。

西野:ほんで、ここで「お前、誰やねん?」とは言えないですよね。本当の方かもしれないから。

トンボ:確かにね。

西野:「やっば。なに聞こう?」と思って、インタビュアーの人のほうに顔を振ったけど、ぜんぜん助けてくれなくて。なんかその、もう第一発目の質問が「休みの日なにされてるんですか?」みたいな。当たり障りのない、どういっても大丈夫なやつ。

トンボ:お見合いだ(笑)。

西野:そういうことをしてたら、秋山竜ちゃんが出てくるんですけれども、その時は別に「ドッキリです」みたいな感じじゃないんですよ。コントみたいなのが乗っかってるんですよ。それが「うわ、むずっ」と思ったの。

のぶみ:いや、難しかった。

西野:複雑だった。なんか2個乗っかってたから、「うわ、むずっ」と思って。

トンボ:確かに。確かに。

実は頭をフル回転させていた

西野:あれ、どうしてたんだろう。俺、自分のところしか知らない。たかみなとかもちゃんと。

トンボ:でも、けっこうみんな、秋山さん来て「うわっ」っとなるパターンもありましたけど、西野さんみたいにちょっとまだわかんない感じのリアルさが乗っかってる人が多かったですね。

のぶみ:そうそう。益若つばささんも出たんだけど、その前に、西野さんが終わったあとに、ナイナイの矢部さんが1回挟んだんだよね。「西野だからできたけど、ちょっと他の人だとこれ難しいんじゃない。わかんないんじゃない?」って。

西野:ああ、そういうのがあったんですかね。

のぶみ:そのくだりを入れたんだよね。そしたらやっぱり西野さんがうまかったですね。

西野:へえ。

トンボ:それ含めおもろかったんですね。やっぱり。

のぶみ:あの不利な状況。でも、なんかちょっとほかのドッキリと違ってちょっと。

トンボ:おもしろかったですね。

のぶみ:リアルな感じなんだよ。

トンボ:そう、なんかその感じも伝わってきたので。

西野:むずっというのが。

トンボ:いきなり会って「誰やねん?」って言えない(笑)。

西野:言えない、言えない。言えないっすよ。

のぶみ:あそこで「おいおいおい」って言わない……言えないんですね。

西野:ホンマもんの、そういうクリエイターさんかもしれないから。

のぶみ:俺ちょっと、わざとやったのかと思ったんですよ。

西野:いやいや、本当に。

のぶみ:「いや、絶対おかしいじゃん」って思ったから(笑)。

西野:頭がぜんぜん回らなくて、「やっば」と思って。どうしようかと。

のぶみ:なんだったら、たけしさん今からここに座るから、カメラの流れをこうやってやるために、この人座らすかもしれないじゃないですか。だけど、そんなこともありえないから。

西野:「誰なんですか?」とは言えなくて。

のぶみ:もう「来ました」みたいな、緊張感高まる感じ出てるから。ほんで、ほかの人たちも笑ってないわけですよね。きっと。

西野:笑っていないですよね。

のぶみ:ああ、それ「マジかな」って思うのか。

西野:ドッキリとは思わなかったです。

トンボ:コメントでも「知らなかったら、和田勉とか志茂田景樹って同ジャンル」みたいな。

西野:ああ。

トンボ:たけしという西野さんの知らない、「こういう人がいるのかな」ってやっぱり最初ちょっと思っちゃいますもんね。

西野:そうそう。

のぶみ:でもさ、気がついてからどう処理するかってやばくないですか?

西野:いや、そのだから秋山竜ちゃんが出てきてからは、もう頭フル回転ですよ。「やっば」と思って。これ、コントが始まってしまっているし、だけど、これドッキリだったという説明は、たぶん竜ちゃんはコントをやっているから、竜ちゃんはできないから、こっちがたぶんしなきゃいけないんだなと思って、そこからはもう音鳴ってた。フル回転です。はい。

のぶみ:うわー、そんなふうに考えるんだ。すげえ。

トンボ:もう、うーって。

西野:うーって鳴ってました。

リハーサルから本番まで待たされるのぶみ

のぶみ:来週、超怖えな。俺、来週の土曜日ですよ。収録が。

トンボ:ああ、その……えっ?

西野:あ、まだやってない?

のぶみ:まだなんですよ。

西野:まだなんですね。

のぶみ:くりぃむしちゅーさんなんですよ。くりぃむしちゅーさんは一緒にやりました?

西野:いやー、過去に何回かぐらいあるかもしれない。

のぶみ:うわー、超怖い。

西野:まあ、なるようになるんじゃないですか。くりぃむしちゅーさんだったら、もう別に。

のぶみ:すごいよな。

西野:コケても拾ってくださるし、もうなにしても大丈夫じゃないですか。

トンボ:ぜんぜん、ぜんぜん。うん。

のぶみ:あと俺、俺はペえペえみたいなものだから、テレビでいうと。バラエティに呼ばれるんですよ。そしたら、朝の11時ぐらいにカメリハを撮らないといけないって言われるんですよ。ほんで、1本収録するんですよ。ほんで、2本目の中間なんですよ。僕が入るの。それで、夜の8時からなんですよ。朝11時から行って、「そのあと空きます」って言われて、8時まで待たされるんですよ。

西野:えー。

トンボ:リハが先にあるってことですか? 本人で?

のぶみ:うん。これね、僕よくあるんですよ。

西野:バラエティ番組のリハがあるんですか?

トンボ:本人でやるんですか?

のぶみ:なんかカメラのこれで、こうやってカメラ位置とかやって、「ここでこういうふうなの出します」みたいなやつをリハーサルされるんですよ。

西野:へえ。なんの番組だろう?

のぶみ:本人で(笑)。

トンボ:のぶみさんがやるんですか?

のぶみ:え?

トンボ:のぶみさんがリハもがっちりやるってことですか?

のぶみ:そうです。

西野:へえ。珍しいですね。なんか。

のぶみ:それ、『ニノさん』でもやられたし、今回のでもやられましたね。「えっ、これなんで必要なんだろう?」って思うとき……だって芸能人の人はそのまま入りますよね。すぐね。

トンボ:まあ、別の方がね、カメリハはやられることが多いですけどね。

のぶみ:ねえ。「俺なんでやるんだろう?」と思って。

西野:言っていいんじゃないですか。「そんなんやりたくない」って。「やだ」つって。「のぶみだぞ」って。

(一同笑)

西野:作品出して、「俺はのぶみだ」って。

のぶみ:怖えー(笑)。

トンボ:「俺ですけど」つって。

西野:「俺ですけど」。

のぶみ:もう怖いんだよね。テレビの人。

西野:テレビはいろいろありますけれども。

のぶみ:すげえよな。

トンボ:うん。

西野:テレビね。

のぶみ:「のぶみだぞ」って言えたら、すげえよな(笑)。

のぶみ:「誰なんだ?」って言われるかもしれない。怖えよなあ。

トンボ:いやでもね、だって、絵本作家でもう一流のというのですからね。

西野:そうですよ。

のぶみ:すっごいよなあ。(コメントにて)「のぶみさんだぞって言わないの?」言わない、言わない(笑)。

西野:そんなの言っていいと思いますよ。

のぶみ:ほんで、「え、ここに僕ボケろって書いてあるけど、えっ、俺、その前に先生みたいな立ち位置で来てるのにここでボケるんだ?」と思って。「そんなことありえるん?」と思った。急に。「うわー、怖わー」と思いますけどね。

西野:なるほど。

のぶみ:久しぶりだから怖いや。

西野:まあね。台本通りやるのは怖いですよね。そもそもその台本が本当に正解なのかどうかわからないから。

トンボ:合ってるかどうかわからないですからね。

西野:合ってるかどうかわからないから、そっちの怖さがありますよね。

コスパが悪い仕事はしない

のぶみ:あのVTRもすごいいっぱいの番組もあるじゃないですか?

西野:はい。出ないですけど。僕。絶対に。

トンボ:(笑)。

西野:絶対に出ない。

のぶみ:はじめはどうしてたんですか? それ出てた時は。

トンボ:出ねえな。本当に。本当に出ねえな。

西野:いや、もうコスパが悪い仕事はしないという。

のぶみ:ここにこうやって?

西野:はい。もう絶対出ないです。

トンボ:ワイプの?

西野:もうそれだったら、なにか家で作業したい。そっちのほうがいい。

のぶみ:そうなんだ。それは、前にはやったことあるんですね? もちろんね。

西野:あります、あります。VTRをずっと見るような番組ですよね。あります、あります。

のぶみ:赤いポンってついたら、「あっ」ってちょっとリアクションしてみたいな(笑)。

西野:それは出ないというのは、その才能ももうないし、できる人は、いや、ウッチャンだとか、もう天才がいるわけじゃないですか。そういう方々におまかせして、僕はそんな才能ないから、そらもう『ゴッドタン』で殴られるとか。だから、ああいうときは呼んでくださいというほうですね。

のぶみ:そうなんだ。

西野:あっちは無理です。「わ~」とか「おいしそう!」とか。

のぶみ:「おいしそう!」っていうやつ(笑)。

西野:いやいや、そんな、無理です、無理です。僕は。そらもう、その筋の天才におまかせしてという。

のぶみ:深夜のやつで、深夜の別の番組にも呼ばれたんですけど、ごはんを食べて、夜というのと食事というのをエピソードトークしてくださいって言われてるんですよ。それを。「えー、そんな絵本関係ないところまで来てる?」と思って。

トンボ:ああ、なるほどね。

西野:えっ、でも、それは絵本の告知で出られるんですか?

のぶみ:いや、だから一応絵本は告知は出ると思うんですけど、「それ以外になにか食べてリアクションしないといけないんだ?」って。そういうのとかもやらないですよね。

西野:やらないです、やらないです。

のぶみ:もうやめたんですよね?

西野:もうとにかくなるべく現場に行かないって決めたんです。

トンボ:(コメントにて)「毎日そばだけ食ってる人間にグルメとか無理」。

のぶみ:(笑)。

西野:そう。確かに。

のぶみ:書いてある(笑)。

西野:そうなんですよ。確かに。あと、まずいときもあるから。テレビの飯ってまずいときもあるから。

のぶみ:まずいときあるんですか?

西野:はい。でも、「まずい」って言ったら怒られるわけじゃないですか。

トンボ:いや、そりゃそうですよ。

西野:だから、もうやだなと思って。だから、グルメ番組は絶対やらないみたいな。

のぶみ:へえ、まずいときあるんだ。

西野:グルメコメントしなきゃいけない仕事はもうしないという。嘘はつかないということですね。

トンボ:向き不向きって……あるよね。

西野:そう。向き不向きがあって、僕は不向きだから、向いてる方におまかせするという。

のぶみ:本当だよなあ。

トンボ:いや、本当ですよね。得意なことだけやったほうがいいという。

西野:そうそう。それでいいです。そういうことでいいですよね。そういうことでいいですよ。別に。

のぶみ:ふーん。堂々とやろう(笑)。

トンボ:(笑)。

西野:いいっすよ。別に。のぶみさん別にいいんですよ。そんな芸人みたいなこと求められてるわけじゃないですから。

のぶみ:そうですよね。もうそれで。ずっとそれ、でもなんか、社会科見学だと思っていくんだけどね。おもしろいなと思って。

トンボ:いや、いいっすよ。ぜんぜんいいじゃないですか。

西野:拾ってくれますよ。別に。

トンボ:本業があるわけですから。

西野:無茶振りとかされないでしょ。別にそんな。

のぶみ:そうですね(笑)。

西野:いい。いいっすよ。別に。

のぶみ:そうっすね。

西野:それはそうですよ。

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ 会議を見せるテレビkaigi

仲間と呑み屋でしている、「次あんな事しようや!」という話をそのまま見せちゃおうという番組です。企画や仕事が出来上がっていく過程をそのまま放送します。旬な2人のライブ感を存分にお楽しみ下さい。

・公式チャンネル

Published at

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?