少年期に読んだマンガは、必ず仕事に影響を及ぼしている

セブ山:こんちは。今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組は株式会社バーグハンバーグバーグのことをもっとよく知ってもらう番組になります。ナビゲーターは私、セブ山です。どうぞよろしくお願いいたします。そしてお相手は社長のシモダさんです。

シモダ:ういっす。(つらそうに会釈)

セブ山:元気ないです。ティッシュ置いていいですから、どんどん使ってください。

シモダ:すんません。風邪気味なんで申し訳ないです。

セブ山:今回は社員ゲストの方多いですね。まずは、原宿さんです。

原宿:どうも原宿です。よろしくお願いします。

セブ山:そして永田くんです。

永田:永田です! よろしくお願いします。

セブ山:そして加藤(亮)さんです。

加藤:よろしくお願いします。

セブ山:いつもはいろんな案件をお聞きしているんですが、みんなが語りたいことがあるということなんで、今回お話を伺うテーマは「影響を受けたマンガ」です。

セブ山:というわけで、どういうことなんですかね? 影響を受けたマンガって? 僕はあんまり漫画を読まないんですけど、今回は皆さん、語りたいと。

シモダ:うちの会社にはマンガ好きな人が多くて、けっこうガキの頃からみんな読んでたりするから、絶対影響を受けて今の仕事につながってるなって。

セブ山:仕事につながってる?

シモダ:表現の細かいところとかニュアンスとか世界観とか含めて、いろいろ散りばめられたりする。

セブ山:はあ~なるほどなるほど。

シモダ:表現の感覚みたいなものは、マンガからってところが大きいかな。

シモダ氏だけ引っかかっていた『モートゥル・コマンドーGUY』

セブ山:マンガ好きが集まっているところで、何のマンガで? マンガにもいろいろあると思うんですけど。

シモダ:やっぱ『モートゥル・コマンドーGUY』がいいですね。

セブ山:はい?

永田:なにそれ?

加藤:我々? われわれの?

セブ山:もう仲間割れしてるし。

シモダ:知らん? 『モートゥル・コマンドーGUY』っていうのは、昔「週刊少年ジャンプ」でやってたんですけど。コマンドーが得意でもともとジャングルにいたようなガイっていう奴がいて、そいつが教えてくれるんすよ、我々ジャンプ読者に。

シモダ:「歯の犬歯の裏のところをぺろぺろ舐めると唾液がよく出るぞ」。

セブ山:え?

シモダ:その巻、その号のマンガを読んだ当時小4、小5の僕らは、ずーっとペロペロぺろぺろ……よだれがダーって……。

セブ山:(笑)。

シモダ:ク●ニの時のべちゃべちゃ感。ほんと、コマンドーGUY。

永田:どんなマンガの話なんだ?

セブ山:皆さんそれに影響を……。

加藤:いやいやいや。影響受けてないっす。

永田:知らないっす。

セブ山:ネタを合わせてくてくださいよ。普通、こういうのって合わせてくるんじゃないですか?

実際にビジネスに役立った『幽遊白書』

セブ山:仕事につながってるマンガとかないんですか?

永田:つながったかはわかんないけど、よく出るのは『幽遊白書』。

原宿:ああ~。

セブ山:これは、僕もなんか……。

シモダ:あのときのこういうシーンがあったじゃないかって言うと、「ああ、あった」って肉付けできる。パッと出てくるから話が早いんですよ、みんなが同じマンガを見てると。

セブ山:それがどう仕事に繋がるんですか?

原宿:例えば、何かが0%の商品がでましたと。バーグさんだったらどういうアイデアを出しますか? って言われた時に、「あ、戸愚呂0%だ」ってすぐ出るんですよ。

セブ山:すぐ出るんすか……。

原宿:はい。知らない? 戸愚呂。

セブ山:なんか、ムキムキの人ですよね。

原宿:筋肉をパーセンテージごとに変化させることができる。戸愚呂弟。

永田:ちょっとセブ山に似てる。今日、意識してます?

セブ山:意識してないですよ。

シモダ:グラサンかけたら。

永田:メッチャ尖ったサングラスかけたら。

シモダ:そういった感じで、『幽遊白書』ってこの世に「中二病」という言葉を生み出した偉大なマンガなんですよ。

メンバー:そうそう。

セブ山:確かに、包帯してるのとか。

シモダ:そう、要するに右手を封じ込めるみたいな。暴走を止めるとか。

セブ山:中二病として。

加藤:設定とか、演出とか。

永田:「邪眼の力」とか。

セブ山:はあはあ。

シモダ:見てるひとが多いんで、共通言語として使えて、なんか言ったとき端折れるのがいいよね。身内ネタって端折るやん、究極に。それを端折れて会話ができるのすごく素敵。

セブ山:わかりました。本当に好きだってことなんですね。

永田:例えば、アクアクララで172兆8000億リットルって水をプレゼント、ってキャンペーンをやったんですけど。

セブ山:やりましたね。

永田:あれももしかしたら『幽遊白書』……。

シモダ:確かにね。

永田:左京がBBCの垂金権造との大博打で賭けた「66兆2000億円」って。

シモダ:当時の国家予算なんですよ。

セブ山:ほ~お。

シモダ:その時に、全国の少年は「国家予算って66兆2000億円なんや」って。

セブ山:勉強にもなる。

バーグメンバーが今注目するマンガは?

セブ山:なんか、こんなに語ってもらってるんで、今注目してるマンガも聞いてみたいなと思うんですけど。

シモダ:一番好きなというか、大事にしてるのは『うしおととら』

セブ山:あ、そう。

永田:全然今じゃない。

セブ山:これ読んどけってことでしょ?

シモダ:読んどけ読んどけ、ほんまに。槍持って、髪伸びる。で、突く。

加藤:日本語わかんない人が読んだ時の感想みたい。

シモダ:暴(ぼ)っていう妖怪がいて……ボッって……。

セブ山:ちょっと待って下さい。名前の面白さだけで逃げるのはよしてください。

永田:ロードムービー的な良さがある。

加藤:そうだね。飛行機乗ったりとかさ。

原宿:ずっと移動してるからね。

セブ山:そうなんですか?

原宿:ずっと移動して、ある時は時をさかのぼってね。獣の槍の作られた秘密を体験したり。

セブ山:へえ~。

原宿:そのときは、うしおの苗字が蒼月(あおつき)っていう。それを中国語読みしてTsang-Yue。

セブ山:名前言うんですか? ばれないように?

原宿:呼ばれるんです。蒼月じゃなくて、Tsang-Yue。

永田:そこで学びました。

一同:蒼月はTsang-Yue。

シモダ:そんな知識、なかなか持てないからね。

セブ山:まあそうですね。そうですけど、どこで使うんだって話。

マンガ好きが集まるとすぐに始まる「知識披露大会」

セブ山:これから社会人になる人とかも、もうみなさんだって上司になる年齢じゃないですか? 上司と話合わそうと思ったら、今出たようなマンガを読んどいたほうが仕事をうまく円滑にする?

永田:ネタ会議とかでマンガ系アイディアが出てくると、いかにもっと深いシーンを言えるかの争いになって終わり。

セブ山:(笑)。そこを言いたかったんですよ。マンガ好きな人ってそうじゃないですか? それやり出すじゃないですか?

永田:いや、だってそれが面白いのよ。そのときの商品を絡めて、そのシーンのことを言うのがめちゃくちゃ面白いんだよ。

セブ山:加藤さんそういうの好きですよね。

加藤:好きですね。

セブ山:加藤さん1番やりますから。

加藤:ビルが解体されかけていたら戸愚呂が下でメチャクチャこう……。

シモダ:60%のときやな。

加藤:ど真ん中で幽助が立っていている周りで、メチャクチャビルを壊してるんじゃないかな?

セブ山:ネタ出しとか関係ない。街を歩いててビルを壊してたら……。

加藤:今、ちょうどやってるのかな。

永田:僕もこの間、バーグでドライブネタ出しがあって小樽のほうに行ったんですけど、みんなで記念写真撮ろうっていったときに、こういうポーズして。

セブ山:それはなんですか?

永田『幽遊白書』の一番最後の写真がぺらっと落ちて、桑原がしてたポーズ。

セブ山:(笑)。

原宿:誰も気付かず……。

加藤:シモダが赤いジャケットを着てるからちょうどいい。

セブ山:だからさ。もう、今もなってるじゃないですか? 俺のほうがより知ってるぞ大会、に。こうなるんですよ。

一同:(笑)。

セブ山:もう、これ読んどきましょう、社会出る前に。大学生のうちに読んで、こういう大人たちと話ができるようになりましょう。

シモダ:マンガはコミュニケーションですから。

セブ山:マンガはコミュニケーションってとこ、学ばせていただきました。ということで、本日はどうもありがとうございました。

一同:ありがとうございました。