記念すべき30回放送

西野亮廣氏(以下、西野):よろしくお願いします。

のぶみ氏(以下、のぶみ):おつかれさまです。よろしくお願いします。

山口トンボ氏(以下、トンボ):もう30回目でございます。

西野:もうそんなにやってるんや。

のぶみ:30回やってるんだ! すげ~!

西野:へへへ(笑)。

のぶみ:そっか~。ダラダラやってたな~!

トンボ:通常運転で。

西野:本当、ダラダラやってましたね。

のぶみ:ダラダラやってたな。あれですね。今日も「しるし書店」、やってたんでしょ?

西野:そうなんですよ。もう、もっぱらなんですよ。

トンボ:はい。

西野:朝起きてからもう、今の合間ずーっとそれで。えぇ、えぇ。

のぶみ:さぁ、もう1回しるし書店、まだ知らない人もいるだろうから、ちょっと1回説明しましょうか?

「しるし書店」をおさらい

西野:1回説明すると、本屋さんが1日に1軒つぶれているという話を聞いて。

のぶみ:すごいよねぇ。

西野:「出版不況」っていう言葉も聞くし。でも一方で、本当に出版不況なのか、それとも時代が変わってるのに本屋さんがそこに合わせるのをサボっているのか、どっちかよくわからないので、それをわかるためには1回本屋さんをやろうというところからスタートです。本屋さんをやることは決めたんです。

まぁロボットが管理する本屋さんはAmazonさんにお任せしたらいいと。それで、人にしかできない本屋さんのほうがいいなぁと思って。それで、何かなぁっていろいろ考えていった時に、「古本がおもしろい」ってなってですね。

古本って、例えば本って1回読まれると値段が下がっちゃうじゃないですか。ブックオフとかに売られるようになる。だけど、誰かよくわからない人が読んだAっていう本と、イチロー選手が読んだAっていう本だったら、「イチロー選手が読んだ本の値段って果たして下がるかな?」と思ったんです。

つまり、今のところはブックオフに売る時は、Aくんとイチロー選手がブックオフに持っていったら同じペースで値段が下がっていくけど、むしろイチロー選手が読んだ本っていうのは、価値が(上がるはず)。

のぶみ:気になるよなぁ。

西野:もっと言うと、イチロー選手が読んで、イチロー選手が気になったところに書き込み入れたりだとか、ふせん貼ったりだとか、線を引いたりだとか、つまりそういう「印」を入れた本っていうのは、定価よりも高く売れるはずだと。

のぶみ:価値がある。

西野:価値がある。要は、本自体というか、どっちかといったら、イチロー選手が何をおもしろがって、どこを見て、どんなことを感じたかっていう、その視点が付加価値として機能するから値段が上がるはずだと思って。それで、1回ちょっとやってみようと思って。

のぶみ:今けっこうやってるんですよね?

西野:いや、まだです。まだやってないです。

のぶみ:まだ発動してない?

西野:やってないです。ネットショップで1回「しるし書店」っていうのをテストで出してみたんですよ。僕が1,000円の本を読んで、気になったところのページを全部折って、それで5,000円で売ってみたんです。売り上げは全部熊本に支援するっていう。やっってみたら2秒ぐらいで本が売れて。

それは僕のファンの方が買われたと思うんですけど、僕、知名度はあんまり関係ないと思っていて。あるようで、あんまりないと思っていて。

というのは、名もなき男の子が読んで名もなき男の子が印を入れた本っていうのは、世間的なニーズはないけれど、その男の子に恋焦がれてる女の子だとか、その男の子の生き方に憧れている後輩さんだとか、ご両親だとかはやっぱりほしい1冊であると。

「あっ、これおもしろい」と思って、しるし書店っていうのを最初は自分のためだけにやろうと思ったんですけど、「これ、僕じゃなくてもこの本は売れるな」と思って。しるし書店を、全国誰でも出店できるようにみたいな。

のぶみ:YouTubeみたいにね。参加できるようにしてるんですね?

西野:出店できるようにするプラットフォームを今作ってるっていうことです。

のぶみ:「(値段が)いくらかは店主が決めていいんですよ」と、そこに今コメント出ましたけど。そうなんですか?

西野:そうそう、店主が値段を決めていい。つまり、自分の信用に自信があるのであれば、自分の視点に自信があれば、信用されてるっていう自信があるのであれば、1,000円の本を5,000円で売ったっていいし、「いやいや、私はまだまだ」っていうんだったら1,000円の本を500円で売ったらいいし、値段設定は自分で決めていい。

ただ、出すのは印が入ってる本だと。だから、ブックオフとかに売れないような本ですね。

トンボ:値段がつかないですもんね。

西野:そもそも値段つかないじゃないですか。つまり、世間的にはゴミとされるものですよ。それを売っちゃうっていう。

しるし書店、のぶみの場合

のぶみ:僕、昨日そのしるし書店を聞いて。これ絶対売れないと思うんですけど、あのねぇ、うちのお父さんが……。これ、僕の『暴走族、絵本作家になる』っていう本なんですよ。うちのお父さんって、こんなになるまで読んでるんですよ。

西野:うわ~!

トンボ:これ、メモしてるんですか?

のぶみ:ほんで、俺これ、ぜんぜん読めなくって。「何書いてんだろう?」と思って。

西野:うわ~。

のぶみ:うちのお母さんからなんか写メが届いて、うちのお父さんが僕の出た「情熱大陸」とか「嵐にしやがれ」とか、もう毎晩見て、毎晩繰り返し繰り返し見て、ほんでこの本を抱いて寝るんですって。

西野:へぇ~。

のぶみ:それで、うちのお父さん、こんなボロボロになるまで読んでるんです。ちなみにこれは3冊目らしくって。

トンボ:へぇ~。

のぶみ:これが4冊目なんですよ。4冊目をもらってきたんですけど。(すでに多くの書き込みが加えられている)

トンボ:あれ、ちょっと……(笑)。

のぶみ:ほんでね、これなんなんだろう、むちゃくちゃにこういうふうに落書きしてる人じゃないのかなと思って、さっきよーく見てみたんですよ。そしたら、はじめのほうにはそんなに書いてないんですよ。ほんで、後半になるとすごい書いてあって。ほんで、よーく見てると、「俺はもう70代か」とか書かれてるんですよ。「のぶみはこの文章の時に……」、これ僕の自伝の本なので。

トンボ:なるほど。

のぶみ:「昭和何年だったのか。ということは、俺はこういうことやってたな」って書き込んであるんですよ。

西野:へぇ~。おもしろ~。

のぶみ:へぇ~! と思って。

トンボ:へぇ~。

のぶみ:「そんなことする?」と思って。本当俺、今日インタビューで「家族について」っていうインタビューだったんですけど、家族についてあんまりなんにも思ってなかったんだけど、これ見て、「俺、ひょっとしたら愛されてるな」って……。

トンボ:ははは(笑)。

西野:そうですよ。そらそうですよ。

トンボ:すごいですよ。こんな本は初めて見ました。

のぶみ:こんなのおかしくないですか? これすげぇよ。

トンボ:すごい。これはもう立派な印が刻まれて……。

西野:そうですよね。

本ではなく、視点が染み込んだ本を売る

のぶみ:もはや芸術になってるよね(笑)。こうなってるからね(ページが取れている)。ちょっと感動したんですよね。だから、それがどうのっていうことじゃないけど、ちょっと感動はするなと思ったんですよね。

西野:はいはい。

のぶみ:それ聞いて。いや、「しるし書店って何なんだろうな?」って。もともと俺ってあんまり印つけない人だからどうしようかなと思ったけど、これ見たらちょっと、「うわ、いいじゃん」って。うれしかった。これ、取っといていつか番組に出る時に(笑)。

西野:世間的なニーズはないと思うんですけど、この本がほしいっていう方はいらっしゃると思うんですよ。お父さんに憧れてる方だとか。というと、やっぱその本ってたぶんほしいと思うんですよね。

のぶみ:いや、これ僕がほしかったですね。

西野:だから、のぶみさんがほしいと思う、そういう感じで。

のぶみ:だって、こんなに俺の本読んでくれる人って、たぶん地球に1人だと思うよ(笑)。

トンボ:ブックオフではもちろん売れないですもんね。

のぶみ:売れない売れない! こんなの売れないよね? 「これ、なんだ?」って。「ゴミじゃないか」って言われるけど、俺には宝なんだよなぁ。そういうことだよね?

西野:はいはい。本を売るのではなくて、まぁ売ってるのは本なんですけど、店主の視点が染み込んだ本を売るっていう、そっちですね。

しるし書店が目指すのはSNS

のぶみ:でも、企画自体がまだ嫌われてないっていう。炎上してないっていうのがちょっと嫌だって言ってたよね?

西野:まぁ、めずらしくアンチの人が出てきてないっていうので。

のぶみ:どうやったらけなされるかね?(笑)

西野:会議で上がってたのは、もうずっとそっちです。「どうやったらアンチができるか?」という。アンチがいたほうがやっぱり盛り上がるから。

のぶみ:最低なことがあるんだろうなぁ、なにか(笑)。

トンボ:今はちなみにどれぐらいなんですか? サービスの完成度というか、届けられるまでにどれぐらいの……。

西野:たぶん7月ぐらい、6月ぐらいには完成して、そこから2ヶ月ぐらいは自分のオンラインサロンのメンバーだけにリリースして、テスト運転してみて、どっか穴がないかみたいなことをやるんだけれど。

まぁ今はね、方向性が大きく決まったのは、まずしるし書店って言ってるんですけど、スタッフに言ったのは、なんだろう……。本を出すでしょ? 本を出すじゃないですか。要は、古本販売サイトにするのはもう興味がないんですよ。そっちにはもう全然興味がなくて。

古本販売サイトじゃなくて、僕たちが作らなきゃいけないのは、「古本コミュニケーションサービス」だと。つまり、古本をきっかけに人との会話が生まれたらすげぇおもしろいねって。だから、SNSなんですよ。

のぶみ:よくそれ話すよね。それを絡めるよね。

トンボ:オークションサイトとかそういう、メルカリみたいなこととはぜんぜん違うと。

西野:じゃなくて、SNSを作っちゃおうと。TwitterとかFacebookとかああいうもの、SNSを作っちゃう。きっかけとして本があれば、同じ趣味……。つまり、図書館とかで本を取る時に手と手がふれあってハッ、みたいなことを、これをインターネット上でやってしまおうという、そっちですね。

のぶみ:だから毎回言ってる、自分を主役にするっていうのをけっこうメインにしてくるもんね。「一人ひとりが主役なんだよ」っていうふうにしたい人だもんな。