各社が乗り出す、短時間配送サービス

小野:ちょうどいい流れで、アスクルさんの話も出てきたので。コマースを変えていくためには物流という話を、ちょうど半年前のIVSでした時に、当時まだニュースが出たばっかりで、まだこれちゃんと実現化されてないですが。

Amazonのプライムエアーという、アメリカだから出来ると思うんですが、注文して30分以内に庭にポイっと注文した荷物を置いて逃げてくと。

いろんな航空法とかの問題でまだ日本では実現してはいないんですが、未来の絵の1つかもしれないって話をして、その時に小澤さんが「ヤフーもこういう実験をしてるんですよ、チャリを買ってみて」みたいな話をされてましたよね。どんな実験だったんですか、当時は。

小澤:こういうの見せられたから、こっちもやってるって言わなきゃならないみたいな気持ちになっちゃって、つい。

小野:この無人ドローンに対してヤフーは?

小澤:結局ですね、プラットフォームビジネスと全然関係ない話になりますよ。eコマースってのはどんどんどんどん配送時間が短くなってるんですよ。最初は3日くらいでよかったのが、次の日になって、今当日になってって。

こういうドローンとか出たり、Amazonさんに至っては、発注前に届けるみたいな特許まで取られているっていうように、情報ってのがどんどんリッチになっているように、配送時間ってのはどんどん短くなってます。その不可逆の流れに対して何か取り組めないかなと思って、その場で、自転車3台買って、私1台で届けてますって嘘付いたんですよ。

プラットフォームビジネスとは、"砂時計の真ん中"を握ること

小野:あれ嘘だったんですね。なんですけども、さすがの爆速ヤフーさん、こんなリリースをされて、思わず半笑いになって、驚きと感動と半笑いになったんですけども。これちょっと説明していただけますか。

小澤:いやまあ、不可逆の流れに対してヤフーとしてはどうやって展開しようかなと思っていて。これって、買い物代行なんですよ。

小野:大事なメッセージとして、なぜこの話を今日しているかというと、PCっていう非常に大きなビジネスをインターネット化していくにおいて、物流ってのはやはり、コアになるプラットフォームであるという発想からこの話が出てきたわけですよね。

小澤:物流の配送期間を短くしようとすると、配達先に出来るだけ近いところに配達拠点を持つっていう発想になるわけです。それは例えば、全国に8カ所でかい物流拠点を持って、そこからトラックで運ばせてたら、必ず2時間とかじゃ無理なわけで。

ひょっとして、10分、30分ってなったら、明日も多分Bento.jpとか出てきますけど、配達先に出来るだけ近いところに、デポといわれる配送拠点を作らなきゃならないってことになるわけですよ。

あとはもう、逆転の発想で、だったらトラックだけ走らせておいて、注文があったら近所で買って届けるっていう風に、なんだか一周帰ってきてわけわかんないことになったのがこのサービスでして。でも、要するに、近所で売ってるわけですから、届けるってだけが問題だろ? って話で。

じゃ、何でそんなことをやってるのかと、大赤字だと、山本一郎さんにも言われましたよ。ハッキリ言いましょう、大赤字ですよこれ。じゃ、何でやってるのかといったら、やっぱりね、商流の中に一枚入るってのはすごく重要なんですよ。どこの誰が、何をいくらで買ってるっていうのがわかれば、広告配信に使えるんですよ。

やっぱり地元のスーパーってのは、チラシを打ってるわけですよね。その間に僕らが入るわけですから、ひょっとしたらそういう広告の、チラシのビジネスが僕ら取れるかもしれない。とにかくここも、ビジネスの商流に入ると。ビジネスってのは、プラットフォームってのは、砂時計の真ん中を作り出して、そこを取るサービスです。それが極端に配送先に寄ってるのがこのサービスだと思ってください。

販売っていうのがここでしょ、検索ってのは更に上ですよね。欲しい人がいて、検索をして、一回ここでピュっとやって、そこでもう一回分散して、購入して、今クロネコヤマトさんとか佐川急便さんとかって、極端な話、2本にまとめられて最終的に配送先に行っているわけですよ。

我々は、さらに購入者に寄って、購入の直前、家のラストワンマイルをいかに取るかっていう。これ、喋りたくなかったなー。

リアルの購入に食い込むチャンス

小野:あはは。そうなんですね。これでも、やってることはまさに、今クロネコヤマトさんとか出てきましたけど、今でいうと非常に伸びてるネットスーパーとか、誰がどこでどういう物を欲しがっているって情報って、ヤフーに流れて来なかった、そこに一枚噛むことで、トランザクションに入れると。

小澤:どんな赤字でもこの情報が欲しい。どこの誰が、何をいくらで買ってるか。

小野:ヤフーとして広告ビジネスってのが一番、もともとから得意な分野。

小澤:おっしゃる通り。広告配信のためのネタになりますから。あらゆる観点で、やっぱり今までスーパーさんしか取れてなかったものが、リアルでの購入に対していかに踏み込んで行くかって時に、リアルの購入に完全に食い込んでいるんですよ。そういうことをやろうとしているってことは、言うつもりなかったんですけどね……。

小野:でも一方で、アメリカのほうを見れば当然、Amazonもそうですし、Googleもそうですし、e-bayもそうですし、2時間ほどではないですけど、数時間配送ってのはかなり増えてきて。

まさにちょっと話でましたけど、bento.jpって、20分以内に渋谷区で弁当を届けるってサービスもありますけども、アメリカのほうでもスプーンロケットみたいに、これ10分でランチを届けるっていう、8ドルですね、こういった動きってのがかなり増えてきている。主流というわけではないと思うんですけど、今後伸びそうな分野。

小澤:そうですね、繰り返しになりますけど、物の売り買い、コミュニケーションのどこに入ってもいいんですよ、プラットフォームって。販売サイドのほうに行っても、購入サイドにいってもどっちでもいいですよね。どこに入るかで一回そこで集中的に情報を握れるかどうか。そこに人がすごく来ているかどうかっていうのが、とても重要な話であって。

握るポイントってのは、例えばeコマースでプラットフォームって考えると、何となく今ヤフーとか楽天ショッピングやってるところの販売店が、自由に使えるよってプラットフォームになりがちなんですけど。

私としては、先ほど舛田さんもおっしゃってた、楽天さんと同じ戦いをしても、なかなか難しいよねって。同じ戦いをしてもつまらないですから、いろんなところでのプラットフォームっていうよりは、何て言うか、砂時計の真ん中をギュッとみたいな使い方があるよねって、ご理解ください。

LINEでお弁当を買って、決済させる

小野:LINEさんとしては、砂時計でいうと、コミュニケーションという砂時計のパイプがあると思うんですが。ここをいかに太くしていくか、より多くのコミュニケーションを取り入れていくかってのが、プラットフォームとしては重要なので。

例えばビジネスコネクトみたいに、今までひょっとしたらLINEを全く使ってなかったかもしれないお店とユーザーの間にも、LINEを使わせましょう、パイプを通しましょう、って形に広げてると思うんですけど。今後プラットフォームとして、コミュニケーションをさらに捕まえていくためには、お話できる範囲でいいんですけども、どんなことを考えているか教えていただければ。

舛田:参加者をどうやって増やすかってところでいくと、先ほどLINEモールの話を少ししましたが、ああいった形でオンライン上に商品を上げてくるっていうのは、当たり前のこととしてどんどんやっていくんですが、それでも上げない人たちは、やっぱりたくさんいるんですよね。

たとえば、飲食などのオフラインとか。さっきの弁当もそうですけども、こういったものをどうするかっていうのは、まさに小澤さんもやられてますけど、「デリバリー」っていう世界は今後、今年、来年……今年だと思いますが、みんなワーッとなっていきますよね。 それは、LINEから言えば、LINEから弁当を呼べたほうがいいわけですよ。もうひとつ言うと、弁当を作って届けるっていう、新しく工場を作ってとか、新しく倉庫を作ってとかっていう世界は、もう既存の皆様にお任せすればいいと。

今後いろんな会社様が、多分ここにいらっしゃる方も同じことを考えていると思いますが、倉庫を持たずに、UBERじゃないですけど、さっきの小澤さんのアイデアと同じですが、グルグル回ったほうが効率的な場合があるわけですよ。トランザクションさえ多ければ収支も合うので。そういったものに、誰がチャレンジしていくのか。この部分は、まさに今のLINEには無い部分です。

あと、今までだったらお店と契約をして、例えば弁当を届けるとかだと思うんですけど、そうじゃなくて、契約してなくても買い物代行って出来るはずなんですよね。これ、日本だといろいろ言われちゃいそうですけど、他の国だと結構やられてるんですよね。

特に東南アジアとかだと、普通に買い物代行で、普通にバイク走ってってどっかのレストランで勝手に買って、勝手に持って行くっていう。で、何でかわかんないけど350円くらいプラスされてますっていうのが結構流行ってるので、こういったものが、今年結構いっぱい出てくるんじゃないかなと思います。

そのレイヤーまで入って行くと、今まで参加してなかった人たちがLINEプラットフォーム上にも参加してくるわけです。それはビジネスコネクトをどう使うかもそうですし、LINE@をどう使うかっていうのも含めて、皆さんがどう動いて行くのかなっていうのを見ながら考えているところです。

小野:ネタを仕込んでる。

舛田:はい。

デバイスは、OSをおさえているところには勝てない

小野:ありがとうございます。まだちょっと時間がありますが、一方でLINEさん3年間でこれだけの急成長という中で、先ほどガラケーの話からスタートして、スマートフォンに来たのもまだ10年も経ってない世界観なわけですけども。

今後のプラットフォーム、いま充分主戦場になっている一方で、この先これは非常に難しいんですけれども。今のAndroidだってもともとはデジカメのOSからスタートして、最初Googleが買った時こんなことになるなんて、ひょっとしたら誰も想像してなかったかもしれないですけども、デバイスという意味でのプラットフォームになっている。ここはどんな風に変わっていくんだろうみたいな、何か考え、個人の妄想でもいいですけども。

小澤:デバイス自体って話ですか。

小野:Google メガみたいなのも出てきてますし。

小澤:ウェラブルは、私、一貫してヘルメット派なんですよ(笑)。すみませんね、マニアックな話でね。それはさておきで、プラットフォームの変革期っていうのは、デバイスにものすごく依存すると。

やっぱり、スマートフォンとかタブレットの領域でappleとGoogleさんのプラットフォームの強さはね、OSDがおさえられちゃってるともう、正直、ここはもう盤石ですね。私はヤフーとして個人でOS作ってますけど、ちょっとダメですから。あ、嘘ですよ。

小野:びっくりしました、今。全員キョトンとしました(笑)。

小澤:いやいや、僕が社長だったらOS作るなって思ったの。ただ、OSまでおさえられると、さっきのVISA、MASTERの話じゃないですけど、根幹中の根幹なんで、どうやったってその上での勝負で。LINEさんがどんなに強くたってお金は払い続けるわけですよ。Facebookがどんなに強くたって払い続ける。Facebookはちょっと違うかもしれないですけども。

スマートフォンの中での話だと、これはね、次のところをいかに作るかっていうのは、本当に皆さん追っかけてると思いますし、正直ここで僕が「ウェラブル来ます」ってのは全然外れますからね。ヘルメットは来ます!