絶不調のセブ山氏

セブ山:こんちは! 今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組では、バーグハンバーグバーグがサラった制作アンキャン……案件の裏側を……。もう一回いいっすか?

シモダ・原宿:……。

セブ山:すいません。

(TAKE2)

セブ山:こんちには! 今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組は、バーグハンバーグバーグが携わった制作案件の裏側を根堀り葉堀り聞く番組になります。司会は私、セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手は社長のシモダさんです。よろしくお願いします。

シモダ:よろしくお願いします。

セブ山:そして社員ゲストとして、今回は原宿さんに来ていただいております。

原宿:原宿です。よろしくお願いします!

セブ山:さあ、……。

原宿:へ? 何?

シモダ:疲れてる? もしかして疲れてる?

セブ山:……もう1回いいですか? すいません。

シモダ:いや、もう1回はいかない。もう1回いくわけない。そのまま進めてくれ。

セブ山:僕は…ええ~……ね。

原宿:(笑)。

シモダ:はぁあ?

セブ山:社員ゲストとして原宿さんを紹介しましたけど、今回は違うんですよ。「オモコロ」のサイトリニューアルについてのお話を聞いていくので、今回編集長として来ていただいているんです。いろいろリニューアルの話を聞いて行きたいと思います。

シモダ・原宿:はい!

セブ山:はい!

シモダ:はあ? 

原宿:どしたどした?

セブ山:違う違う違う。

シモダ:何が違う? どうすんねんこれ?

原宿:どうする?

シモダ:切らへんぞ。絶対切らへんぞ。このまま行くからな。このままいってオモコロの話なくなってもいいわ、もう。

セブ山:(笑)。

シモダ:何笑ってんねんお前。

セブ山:いやあ~!!!

オモコロにおけるモアイの重要度

(ナレーション)バーグハンバーグバーグが運営するサイト「オモコロ」がついに全面リニューアル。

(ナレーション)非生産的なことに取り組みつづけて9年目の「オモコロ」が一体どこが変わったのか? なぜ変えたのか? 原宿編集長にお話を伺います。

セブ山:はい、というわけで早速お話聞いていきたいんですが。原宿さん、今回のサイトリニューアル。どこが変わったんですか? 教えてください。

原宿:はい。

セブ山:早く教えてください!(笑)

シモダ:何笑ってんねん。

セブ山:笑う権利はあるでしょ僕にだって。

原宿「オモコロ」リニューアルしまして。見た目が変わりましたよ。前は「オモコロ」ってロゴだけがあって、シュパーン!! って光があったロゴだったんですけど。

原宿:今回のヘッダーはあのモアイが復活。

シモダ:待ちに待った。帰ってきた。

セブ山:いやいや、待ちに待ったって。

原宿:「オモコロ」と言えばモアイ。コロッセオの上にモアイがピュ! っと出てる。

セブ山:オモコロのロゴですよね。前回のにはなくなってた。

原宿:「オモコロ」ってタイトルだけだったから、「モアイ、いないじゃないか!」と。

セブ山:どこにそんな声がありました?

ヘブン感をグラデーションで表現

原宿:あとはヘブン感ってのを今回テーマにしまして。

セブ山:ヘブン感? リニューアルのテーマはヘブン感。

原宿:パソコンから「オモコロ」を開くとわかるんですけど、背景のグラデーションが綺麗に流れるように。

シモダ:ジワ~っと

原宿:脳内麻薬が。

シモダ:そうそうそう。

シモダ:セロトミンとかドーパミンとかアドレナリンがジワ~と出て、もうなんかすごい気持ちよくなる。

セブ山:う~ん。サイトリニューアルの話をしてる? クスリの話をしてる?

シモダ:いやいやいや。

原宿:脳内麻薬。オモコロ特集とかじゃなくて、それ(背景)を見に来てほしい。

セブ山:オモコロ特集見てって言って欲しい。

シモダ:読むドラッグ。

セブ山:読むドラッグ(笑)。そこだけですか? ただヘブン感を味わうだけですか? 違うでしょ!

原宿:スマホから読みやすくなった。

セブ山:そうそう。そういう話を聞きたかった。

原宿:ヘブン感と比べたらどうでもいい。

リニューアルと入籍の意外な関係

セブ山:いやいや。なぜ、今こういうタイミングだったのか? 編集長として、なんかこう……。

原宿:う~ん。私事ですけど、このたび入籍をしました。

セブ山:おめでとうございます。

原宿:ありがとうございます。そのタイミングで……。

セブ山:そのタイミングに合わせたんですか?

原宿:入籍記念。

セブ山:……え?

原宿:むしろ入籍を待ってた、ぐらいになっちゃった。

セブ山:なるほど。「リニューアルしろ! リニューアルしろ!」って僕らが言ってたのは、原宿さんにすれば「結婚してよ、結婚してよ」って言われてるみたいでうるさかったと。

原宿:ちょっとしつこいなと思ってましたけど。

オモコロ10周年特別企画のテーマは?

セブ山:それで言うと、ここ行き着くまでに2年ぐらいあったんで。苦労したこととかもあるんじゃないか?

原宿:これ、現在進行形の話なんですけど、「オモコロ」8年~9年やっているメディアなんで、過去ログが膨大に増えているんですよ。

セブ山:オモコロ特集とかもいっぱいありますもんね。

原宿:特集だけで2000記事近くあるんですけど、それを新サイト用の見せ方に変えていけない。移していかないといけないので、過去に使われた記事の中の写真とかも全部移し替えて。

セブ山:え~!!

原宿:なんでこんな記事を移さないといけないんだろ? 右腕がチャーシューに変わった話とかねぇ~。

セブ山:僕の1発目の記事ですね。あれはまさに、ここにいるお二人に相談してできたやつですから。

原宿:いやいやいや。

セブ山:思っきりしましたよ、相談を。

シモダ:なんで俺が編集長を辞めたかって、あの責任やで。

セブ山:え~! 俺が右腕をチャーシューにしたから辞めたんですか?

シモダ:そういう特集をあげたから、俺が責任を取って。もっとやりたかったのに……。編集長、もっとやりかったのに。譲るしかなくなった。

セブ山:そんな謝罪会見ありました? あれで辞任したんですか?

シモダ:あれで辞任です。でも、いよいよ来年で10年ですから。

原宿:そうですよ。10周年。

セブ山:メディアが10年ってなかなか続かないでしょ。ずーとアホなことばっかやってて。

セブ山:う~ん。そうでしょうね。やってることは勝手なんですけど。

シモダ:それで今ヘブン感が来る。10年に向けてグーーーって!!!

セブ山:来年楽しみですね。10年目の企画は何か考えてるんですかね? 編集長。

原宿:死刑とか。

セブ山:え?

原宿:死刑とかやってみたい。

シモダ:僕も一度、肩まで埋めて石をぶつけて殺してみたいって思う時あるんで。イスラム圏とかで有りますよね。

原宿:ありますあります。処刑の方法でね。あ、それをじゃあ……。

シモダ:「【特集】イスラム圏の人」って特集やって。

セブ山:その記事は次のリニューアルの時に闇を葬りますけど。

シモダ:いやいや。

セブ山:もうかなりヘブン感になってきたので、そろそろ締めたいと思いますけど。というわけでね、今回9年目のリニューアルということで、ますます目が離せない。今回は原宿さん、原宿編集長にお話を聞いてまいりました。どうもありがとうございました。

原宿:ありがとうございました。