あなたは知ってる?
絶対に失敗しないデニムの選び方

メンズの失敗しないデニムの選び方を解説

カジュアルなファッションの代名詞として、幅広い年代に愛されているデニムパンツ。街を歩けば見ない日はないほど、多くの人がファッションに取り入れています。ですが、たまに、「なんかこの人のデニムはダサいな」と思うことはありませんか? 実は、デニムパンツって、「あること」に気をつけて選ばないと、とたんにカッコ悪くなってしまうんです! 今日はそんなデニムコーデのコツをYouYubeのファッション系動画チャンネル「オシャレ予備校」が解説! ずっと使えるオシャレの必須知識を身に着けましょう。

スピーカー

デニムパンツを選ぶポイント

ユウキ氏:どうも、Dcollectionです。今日はデニムパンツについてお話したいと思います。

デニムパンツは市場にも多く出回っているので、町で見かけることも多いアイテムです。しかし、このデニムパンツは、かなりカジュアルな印象を与えるアイテムです。なにも考えずに履いていると、カジュアルすぎる子供っぽいコーディネートになってしまいます。

そこで今日は、カジュアルになりすぎないデニムパンツを選ぶ時のポイントを、2つお話したいと思います。

ポイントその1は「シルエット」です。こちらをご覧ください。

左のデニムと右のデニムでは、どちらのほうがカジュアルで子供っぽい印象を受けるでしょうか? 左のゆったりしたデニムのほうが、カジュアルな印象が強いと思う方が多いのではないでしょうか。一方で、右の細いデニムには、大人っぽい印象を持つ方が多いはずです。

「オシャレの教科書」では、「オシャレが苦手な人はカジュアルなコーディネートになりすぎる傾向がある」と話していますが、デニムパンツを使ってオシャレなコーディネートを簡単に作ることを考えるならば、細身のデニムを選ぶべきです。

また、細身のデニムを選ぶべき理由がもう1つあります。細身のデニムならば、オシャレの3大シルエットであるIラインとYラインが作れますが、中途半端に太いデニムではどのシルエットを作ることもできません。デニムを選ぶ際には、まずシルエットに注目してみてください。

ポイントその2は「色」です。

濃い色のデニムと薄い色のデニムでは、どちらのほうがキレイめで大人っぽい印象があるでしょうか? 濃い色のデニムのほうが、大人っぽくてキレイめな印象が強いはずです。薄い色のデニムは、どうしてもカジュアルで子供っぽい印象になりがちです。

上手くコーディネートするならば、キレイめアイテムをどのぐらい取り入れてコーディネートするか考えなければいけないので、濃い色のデニムに対して、少しコーディネートのハードルが上がります。

例えば、濃い色のデニムであれば、カジュアルアイテムの代表格であるパーカーと合わせても、大人っぽくコーディネートすることができます。もしデニムを選ぶときに色で迷ったら、濃い色のほうを選ぶのをおすすめします。

じゃあ、薄い色のデニムはオシャレに着こなすことができないのかというと、決してそんなことはありません。次回の動画では、濃い色のデニムと薄い色のデニムを使ってコーディネートするやり方を、解説していきたいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

こんな感じで、毎日オシャレの役に立つ動画をアップしています。以上、Dcollection、2016年最後の動画でした。みなさま、良いお年を。ありがとうございました。

オシャレ予備校
info予備校「コーディネートが分からない」「何を買えばいいか分からない」そんな悩みをもった方も、毎日UPされるオシャレ予備校の動画を見ているだけで自然と「オシャレの法則」が学べます。私達は「オシャレの教育事業」を行っています。
 
Published at

オシャレ予備校

オシャレ予備校に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、オシャレ予備校に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?