オフィスに水槽は必要か?

セブ山:こんにちは。今週も始まりましたバーグハンバーグバーグTV。司会は私、セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手は社長のシモダさんです。よろしくお願いします。

シモダ:よろしくお願いします。

セブ山:そして今回は(ゲストが)たくさんいます。社員の(徳谷)柿次郎さん、山口(むつお)さん、永田(智)さんです。よろしくお願いいたします。

柿次郎・山口・永田:お願いいたします。

セブ山:よろしくお願いいたします。今回は人数が多いんで、さっそくテーマの方を発表させていただきます。今回お話いただくテーマは「緊急特別討論 水槽の是非を問う」。

(ナレーション)今回のバーグハンバーグバーグTVは緊急特別企画。オフィスに癒やしを求めたシモダ、柿次郎が高額な水槽を勝手に購入。

(ナレーション)これに山口、永田の水槽反対派が大激怒。

(ナレーション)あんなに仲が良かったバーグハンバーグバーグの社員が、いまや真っ二つに分かれて激しい討論しています。

賛成派・シモダ氏の主張

セブ山:はい、というわけでして、今回は後ろにありますこの水槽。

セブ山:これがテーマなんですけども、この水槽のせいで今、バーグハンバーグバーグが真っ二つに割れている。まずはこれを買った賛成派の……皆さん一言も喋らないんですけど(笑)。ほんとにケンカしてるんですね。

シモダ:いやあ。

セブ山:水槽を買った賛成派は、シモダさんと柿次郎さん。

柿次郎:そうですね。

シモダ:賛成派というか、こちらに正義しかないと思ってますから。

柿次郎:そうでしょう。

シモダ:反対派は何を言ってるんか? 僕らにはさっぱり。

柿次郎:頭悪いんじゃないの?

山口・永田:……。

セブ山:まあ、まずは見てる方々に水槽をなんで買おうと思ったのか。

シモダ:僕の友人というか先輩にタナカカツキさんって、『バカドリル』とか、最近だと「コップのフチ子」とか。

山口:ああ、すごいっすね。

シモダ:彼が水草水槽に2,3年前からハマってらっしゃいまして。家に遊びに行かせてもらうと、おっきな水槽が何個もあるんですけど、すごいクオリティーなんですよ。

シモダ:それをずーっと見ているうちに、「ああ、いいなあ。うちにも欲しいなあ~こんなん」って欲望が大きくなってきまして。それで、まあ、会社にも置こうと……。

永田:家でやれよ!!

セブ山:いやいやいや。

永田:なに会社の金でやってるんだよ。家でやれよ。

シモダ:この喜びをみんなに分け与えたい。

柿次郎:そうですよ。

シモダ:ポケットの中にビスケット入ってたら分けるやろ!

永田:ビスケットじゃねえよ。

シモダ:分けるやろ!

永田:そんなことねえよ。

賛成派・柿次郎氏の主張に議論は紛糾

セブ山:まあまあまあ。そういう経緯で買おうと思ったってことですね。柿次郎さんもそういう魅力みたいなものがあるんですか? 水槽の。

柿次郎:そうですね。僕もそういうの癒やされるんですよ。日々仕事してて疲れた時に見てると、いいなって。何も考えなくていいんです。

シモダ:わかるわ、それは。

柿次郎:魚もまずね、かわいいんですよ。

セブ山:たくさんいますね。

柿次郎:水槽の苔を食べてくれるオトシンクルスアルノルディーってナマズの一種とか。

柿次郎:水槽の底に落ちたエサを食べてくれるコリドラスステルバイとか。

柿次郎:あと水草の上のプランクトンとか食べてるヤマトヌマエビとか。

柿次郎:アドニス・テトラとかカージナル・テトラとかいっぱいいるんですよ。しかもこんなに綺麗で……。

(山口氏、いきなり柿次郎氏を叩く)

山口:黙れぇ!!!

柿次郎:ちょっと! 

セブ山:手を出すのはやめてください。

シモダ:暴力はよくない。暴力反対!!

山口:うりゃ~!!!

セブ山:ちょっと待ってください。

シモダ:お前らは蛮族だよ。

セブ山:怒ってるんですよ。

柿次郎:普通にびっくりしたやろ。

セブ山:水槽の魅力はわかります。でも、反対派の……。

(シモダ氏も柿次郎氏を殴る)

セブ山:わあ! なんで!? 仲間、仲間!

シモダ:蛮族か! お前らは!!

山口:なんやねんおい!

シモダ:蛮族かお前ら!

山口:水槽買うなよ!

柿次郎:痛い痛い!!

セブ山:待ってください!

柿次郎:全然癒やしになってないよ……。

セブ山:待ってください。反対派はこれだけ怒ってるってことですね。

シモダ:そうよ!

セブ山:あなた賛成派ですから。

柿次郎:(頭を抑えながら)めっちゃ強いわ。こんな痛いことないわ! はじめてや。

シモダ:苛つくなーほんま。

「不必要」「スベってる」反対派の主張

セブ山:今度は逆に、反対派はなぜ反対なのかってのを聞いていきましょう。なぜなんですか?

永田:いらないんですよ。普通、会社に。なんで置くんですか? 場所もとるし、お金もかかるしメリットがないわ。

シモダ:あんな小さき生き物を前にしてよくそんなことが言えるよね。

柿次郎:そうよ。

シモダ:君、来月子供が生まれるそうですけどいいんですか? お前なんか生まれてこなければよかったって言うんですか?

永田:そんなことはない。

山口:命の置き場所を間違えている。

永田:死んだ魚はすぐトイレに流してるだろ。

柿次郎:そんなことないよ。ちゃんと墓、作ってたよ。帰ってからいつも墓を作って泣いてるよ。

山口:墓の写メール出せや。

柿次郎:墓の写真なんて撮るか!

セブ山:山口さんはなんでいらないと思われるんですか?

山口:(永田氏の意見と)同じように邪魔だし、別に面白くもない。

永田:ああ、確かに。スベってる。

山口:今までバーグハンバーグバーグって、僕、シマウマを贈られたことがあってね。

セブ山:ありましたね。

山口:そういうのってネタになって、ウェブコンテンツで発表したじゃないですか。

セブ山:それだけでページが出来上がってましたもんね。

山口:今回の水槽……大人しくね?

永田:歯医者かっつーの。

アクアリウムの構築に20万円

セブ山:そんなお怒りになられている反対派ですけど、今はここにこうして水槽があるってことは、何かしら説得されたとか、条件があったとして……。

山口:されてないですよ。

セブ山:え?

永田:ドッキリとして置こうと思ってたらしいですけど。

セブ山:説得みたいな話がなかったって、これ、どういうことなんですか?

シモダ:水槽を見に行きたくてどうしょうもなかったんですよ。柿次郎と二人で行きまして、いろんな水槽を見ていると、これいいなあ~と。で、水槽内のデザインなんかも1からやると大変なんで、もう、プロに任せちゃおう。女性の中でもトップレベルの……。

柿次郎:世界ランクですよ。

シモダ:馬場さんって方がいらして、その方にお願いして。そこで、バレんようにしよう、いきなり水槽がバーンって現れたら、みんながキラキラキラキラしだすなって。ルビー・サファイヤみたいにこう、キラキラした瞳でね。みんなが水槽に張り付く。それを想像しているだけで我々、幸せになれたんですよ。

柿次郎:ほんとに。

セブ山:喜ぶと思われてた。

シモダ:サンタさんが……。

永田:話なげぇわ!!

山口:ドッキリって言えばいいだろ。

セブ山:今の話に出てましたけど、世界ランクの方に作ってもらったなら、結構なお値段したんじゃないですか?

永田:そうでしょう。

シモダ:いや、でも普通よりかはずいぶん安いよね。あり得ないくらい。

セブ山:普通がわかんないんですけど、いくらぐらいなんですか?

柿次郎:世界ランクの人に頼んでるし……。

セブ山:そればっかりやがな。さっきから。

シモダ:僕はね。こう……。

山口:はよ言えや。これ、また(編集)つまんでつまんでやるの? 東京倉庫さんは。

シモダ:20万円以内で作ってください、20万円以内だとありがたい。って言ったら、トップレベルの方が……。

柿次郎:世界ランクですね。

シモダ:その世界ランクがですね、気合が入りすぎて28万円の水槽を作っちゃったんですよ。

セブ山:それはけっこう予算オーバーですね。

シモダ:でも頑張りすぎてるだけあって(作品が)いい。8万円オーバーしてしまって、すいません。6万円ディスカウントしますと。28万円のものが22万円で買えたんですよ。

柿次郎:安っ!

永田:結局オーバーしてんじゃん。

セブ山:それ、詐欺にあったんじゃないですか。

永田:そういうやり口じゃん。騙されてる。ありえへん。人のお金でなに28万も使ってるんだ。

シモダ:いいお買い物。

シモダ:それがいきなり届いたらみんなビックリするなと思ってたら、カツキさんとスカイプで話してたときに「あ、そういえばシモダくん水槽買ったんやな~」って。みんなのスピーカーに聞こえてるわけやから、その瞬間に……。

山口:え? ってなって……。

永田:でも正確に言うと、「買うんだ」ってね言われた瞬間にシモダさんが「もおおおおおおおお!」って

永田:牛みたいになるから。

シモダ:いや、そんなことは言ってない。「あのトップランカーに頼んだよ」って話した。

永田:いやそんなこと言ってない。

シモダ:じゃあカメラ持ってこいよ! そのシーンの。

山口:ないからそんな強気なんでしょ。

柿次郎氏の不安

セブ山:でもどうですか。反対派がこれだけ怒ってる状態で無理やり押し切ったと。今の気持ち、どうなんですか? 柿次郎さんどうですか? 無理矢理押し切って買って。

柿次郎:まあまあ、いいっすよ。良いものなんですけど、ちょっと怖いことが1個ある。

セブ山:怖い?

柿次郎:現状もそうなんですけど、こんだけテンションをあげて作ったこの水槽。もう飽きてんじゃないかな。

セブ山:あ~シモダさんが。

シモダ:飽きてません。

柿次郎:これ、手間がすごくかかるんですよ。今んとこ僕がほぼ(世話を)やってるんです。

セブ山:はあはあ。

柿次郎:このまま僕がずっとやるんじゃないかなって、怖いんですけど。

シモダ:いや、でも、だって。1回しかチャンスが回ってこなかった。

永田:昨日もう、「めんどくさい」って言ってましたよ。

セブ山:え!?