白い画面を見つめると現れる“浮遊物”の正体

Can You Look Inside Your Eye?

私たちはふだん、眼を通ってきた光によって、自分のまわりにあるものを見ることができています。では、自分の“眼の中”にあるものは見ることができるのでしょうか? 試しに、白い画面を数秒間見つめてみてください。視界に浮かぶ小さな浮遊物が見えてくると思います。実はこれが、私たちの眼の中にあるものなのです。目の奥にある網膜から出血した血球が、水状の層の中を流れていくなかで、血球の粘着性により鎖状になったり塊を形成するのです。さらに、背中を下にして、仰向けの状態で同じように白い画面を見つめてみてください。浮遊物の見え方が先ほどとは違ってくるはずです。今回の「Little Art Talks」では、視界を漂う浮遊物の不思議について解説します。

眼の中にある浮遊物

カリン・ユエン氏:眼の中のものはどのようにして見えるか不思議に思ったことはありませんか? 実際にみなさんは見て確かめることができます。もっとも簡単な方法は、白い均一な光の画面を注視することです。そのまま数秒動かさないでください。その画面を出しましょう。

(真っ白な画面が映る)

しばらく眺めた後、雲のような、小川のような様相の、小さな浮遊物があたりを漂っているのが見え始めるでしょう。みなさんが見ているのは、目の奥にある網膜から出血した血球です。それは、水状の層の中を流れていきますが、この層は網膜と、硝子体と呼ばれる眼球を覆っている透明なゼリーとの間で潤滑油のような働きを担っています。血球はしばしば粘着性を持っているため、お互いに繋がり鎖状になったり塊を形成します。

もし、みなさんがこれらの浮遊物を近くで見てみれば、小さなボール状からなっているのがわかるでしょう。もう一度、背中を下にして横たわって、同じことをしてみましょう。この微細な浮遊物が、やや少々鮮明に、そしてやや小さく見えるのに気づくでしょう。

眼の奥の、中心窩と呼ばれる網膜の中心には微細な凹みがあります。そこには厚い水の層があります。基本的に、微細な浮遊物はこの窪みに降下しているので、より鮮明に見えます。というのは、それらは網膜の近くにあり、小さな影を落としているからです。その影が近いと、つまり壁に手が届いたような状態で、より小さくくっきりした影が現れるのです。

このような浮遊物は、みなさんの身体の中でそれぞれ独自のものです。数個のものが見える場合もありますし、大きな塊や一筋の列として見える人もいます。遠くからではあまりに小さいものですが、メガネ無しの裸眼で見ることができます。

しかし、なぜ虹のような色彩豊かな輪をその周囲に見ることができるのでしょうか? これらは、光が網膜に届くまでの間その周囲を回るため、回折してできた模様です(回折:媒質中を伝わる波動に対し障害物が存在する時、波がその障害物の背後などに回り込んで伝わっていく現象)。どうですか、クールでしょう?

この動画をご視聴いただきありがとうございました。楽しんでいただけたのなら、いいね!を押したり友達とシェアしてみたり、あるいは他の動画などもチャンネル登録ください。次回またお会いしましょう。

Little Art Talkslittlearttalks

Karin Yuen(カリン・ユエン)がアートの世界をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。古今東西のアートにまつわる豆知識をお送りします。

・公式チャンネル

Published at

Little Art Talks

Little Art Talksに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、Little Art Talksに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?