花火に来たきっかけは?

――年齢と職業を教えてください。

男性:20歳で学生です。

女性:19で学生です。

――ものすいごい浴衣が似合いますね。

男性:かわいいですよね。

女性:(笑)。

男性:俺がやりました、髪の毛。

――どんな感じで彼氏さんがやったんですか?

男性:どんな感じでっていうよりかは、ここ編み込んで、こっちちょっとクルッとまとめて巻いたのこっちに流してるだけなんで。

――編み方知ってたんですか?

男性:美容学生なんで。ちゃんとその技術をここで発揮しました(笑)。

――彼女さんも美容学生さん?

女性:いや、私は服飾。洋服です。

――ちなみに、花火に行こうと思ったきっかけになったことはありますか?

男性:なんだろ? あ、俺が急に誘ったんだよね。 

女性:うん。

男性:花火大会行きたくなったんで。

女性:私も今年行ってないので、ちょうどいいなって。

男性:どっちも最近、彼女彼氏と別れたので。ここはもともとずっと友達なので、5年くらい?

女性:そう。5年、6年くらい?

男性:仲良い友達なので、別に傷心でっていう目的で誘ったわけじゃないですけど、「花火行きましょう」っ言って、花火行ってって感じですね。

――これ、気になりますよね。5、6年間は普通の友達?

男性:うん。ぜんぜん映画とか観に行くだけ。映画行って、ご飯行くくらいですね。

――映画とご飯行くくらいって、何年前ぐらいだったんですか?

女性:高1?

男性:俺は高2か、そしたら。

――てことは、もともと出会ったのは?

男性&女性:高校生の時。

――なんで付き合わないの?

男性:なんでだろうね?

女性:なんか「付き合ったら、アレだよね」っていう話には1回なってて。

男性:わりと大切なポジションじゃない? 彼女じゃなくて、ポジションって言ったらちょっとやらしいけど、話相手になってくれてる人と付き合って、万が一別れてってなったら。元に戻れるかもわからないので。

――お姉さんの、「こういうところを自慢できますよ」ってのをプレゼンしてほしいんですけど。

男性&女性:(笑)。

男性:まず、見た目めちゃめちゃかわいいじゃないですか。すごいかわいい。話聞くのも上手。自分が話をしてて聞いてもらって、癒されてるの部分も大きいので「月1で会えたらいいね」って言ってるんですけど。とてもありがたいです。

男性&女性:パーツ?

男性:目。めっちゃ好き。

――自分のチャームポイントはありますか?

女性:え、チャームポイント?

男性:さっき話してたじゃん、「童顔なんだよね」って(笑)。

女性:あんまり思ったことない。

――けっこう、お若く見られるじゃないですか?

女性:あー、見られます。

男性:そういう言い方もあるんですね。「年齢より若く見られる」って言い方いいね。

――お兄さんを照れさせてください。

女性:カッコよくて、オシャレで、話やすいのと、ちゃんと話聞いてくれるとこ。

――恋愛に発展しそうになったことある?

男性:俺が専門学校入って、東京来て、まだ長野にいたんで、その時はぜんぜん会ってない。

女性:まったく会ってなかったよね。

男性:会えても半年に1回くらいは会ってたよね、観たい映画たくさんあったしね。

女性:そうそう。

――当時、付き合ってる人はいたの?

女性:彼氏いたと思う。

男性:俺も彼女いたんで。

――お互い連絡取り続けて?

男性:いや、LINE返さないんですよ。

女性:(笑)。

男性:LINE返さない子なんで、俺は来て見たらバッて返すんですけど、別にそんな続かなくてもいいよね。

何フェチですか?

――何フェチですか?

男性:俺どこ好きなんだろう? オーソドックスなところを言うと夏はやっぱりうなじが見えるといいですよね。

女性:あー、いいねー。

――好きなのに、なんで今日(お姉さんの髪型では)隠しちゃったの?

男性:こういう髪型のほうがかわいいって思ったんで、今回は。今の気分は。

女性:(笑)。

――地味に褒めていきますね。

男性:褒めたの?

女性:ありがとう。え、語りだしたら、止まんないんだけど。

男性:いいよ。時間いっぱいあるしね。

――ちょっと語ってください。

女性:首筋のここのラインと。

男性:これ?

女性:そう、ここと、喉仏と、あと手の血管と、匂いとか。柑橘系。

男性:俺も匂い好きだわ。俺は柑橘系嫌いなんだ。

女性:あー、ごめん。

男性:残念だったね。

――嗅いでもらっていいですか、彼女に。

女性:いやだよー。

――どう?

男性:そうでもなかった?

女性:ワックスの匂い。え、なんだろ。お腹のここの線。わかる?

男性:わかんない(笑)。それは出せない。

女性:あと、細い脚が好き。

――脚ならいけるんじゃない? ちょっと見せてもらっていいですか?

男性:嫌ですよ(笑)。

女性:細い脚が好き。

――え、臭い足?

女性:(笑)。細い脚! 

――あ、細い脚。匂いって言ってたからそういうあれかなって。ごめんなさい。

男性:そういう匂いもね。

――恋人気分で花火を見ているところを再現してください!

――見上げたところから、彼氏さんがそーっと寄ってもらってね。

男性:花火どうやってあげるんですか?

――花火は僕がぴゅーって。

男性&女性:(笑)。

男性:あー、きれい。きれいだね?

女性:きれいだね。 

男性&女性:(笑)。

男性:恥ずかしいわ!

――いかがでしたか?

女性:恥ずかしい。

――東京ときめきチャンネル―。

男性&女性:また、見てねー。